こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

紅茶とハーブティーの違いがわからないのですが

どちらも葉っぱからできてますよね?
茶色い葉っぱが紅茶になるのでしょうか?

投稿日時 - 2017-07-31 22:16:14

QNo.9358073

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして♪

紅茶は、「お茶の木」の葉っぱを発酵乾燥させた「お茶の一種」です。
ハーブティーは、ハーブに属する植物を乾燥させたり発酵させたりした物を用いた「お茶の一種」です。

ハーブティーにも、ベースとして大半が紅茶を用いた物も在りますし、紅茶やウーロン茶や緑茶(茶葉)を用いない物もあります。

ハーブは、基本的に香り等が強い「香草」です、このため紅茶をベースとしてマイルドな、ほんのチョット違う風味や香りを演出するハーブティーから、何種ものハーブをそれぞれ最適加工し、ハーブだ素材けのハーブティーも在ります。

緑茶も紅茶もウーロン茶も、「お茶の木から取れた葉」で間違いないのですが、それぞれの加工に最適な品種があります。

大根でも、大根おろしに適した品種や、おでん等の煮物に適した品種、タクアン等の漬け物に適した品種が在るのと同じなのですよ。

日本で昔から馴染み深い「香草」と言えば、紫蘇やネギやワサビや、あれやコレや。。。でも、日本の食文化では「薬味」等に用いる事が一般的で、収穫時期に多量に収穫して乾燥させてから用いるという、西洋文化の食習慣とは違うので、主に日本に在来していない香草(植物)を総称して「ハーブ」と呼びます。

日本では薬味として使われる植物も、アル意味では「日本のハーブ」と言えなくもないのですが、一般的には理解してもらえないでしょうねぇ。
この意味で、紅茶に少し紫蘇を加えたら、和製ハーブティー。ダレもが否定的に判断すると思う(笑)

香りや味の特徴が強い「香草」「ハーブ」ですので、適度に薄めた状態で美味しく楽しめたりします。
(逆に、強い刺激を求め、更には変な化学物質まで加えたのが、ダッポウハーブ、違法ハーブと言うものです。化学物質を加えないでも違法になるのが、大麻やヘロイン、もちろん「お茶(ティー)」という形で摂取はしませんが、、、)

ハーブティーは、単なる紅茶と少し違う、香りや風味を楽しみながら、それぞれの素材、植物の特徴により栄養バランスが違ったり、香りや風合いで気持ち的な変化(リラックスしたり、活動的になったり。)などを楽しむようにしましょう。

余談のついでに、私自身はハーブティーって、さほど好みません。ビール(呑み仲間では、泡の出る麦茶って言います)の方が好きですよ(爆笑)

投稿日時 - 2017-08-01 21:05:33

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-08-10 23:29:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

最初の回答が本来の正解です。

でもこの頃は 紅茶の安い葉を仕入れて 

ハーブを混ぜたり 香りをつけたものを 

ハーブーティーと名付けて販売しているものもあります。

パワーストーンのビジネスと同じようなもの。

売り物にならない屑石にパストーンと言う名前をつけて

なんらかの効能があるように装って高く売る。

それと似ていますね。

投稿日時 - 2017-08-01 14:42:24

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-08-10 23:29:53

紅茶とハーブでは、その葉っぱの種類が異なるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紅茶、緑茶、ウーロン茶は 全て
お茶の木(カメリア・シネンシス /ツバキ科)の葉っぱが原料です。

カメリア・シネンシスの葉っぱを
完全に発酵させたのが紅茶。
半分だけ発酵させたの(発酵を途中で止めたもの)がウーロン茶。
ほとんど発酵させないのが  緑茶 となります。

お茶(紅茶・緑茶・ウーロン茶)は
必ずカメリア・シネンシスの葉っぱであることが必須条件です。

なので、葉っぱが茶色ければ
どんな植物の葉っぱでも紅茶になる という訳ではありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一方で。
ハーブティーの原料であるハーブは、無数にあります。
(=お茶のように、特定の植物から作られるわけではありません。)

西洋では 
ローズマリー・ラベンダー・セージ・タイム・ミントなどの香草(生薬)が多く
日本では 山椒や紫蘇・生姜・ワサビなどの薬味(生薬)が多いですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なので… 
紅茶はハーブの1つ ということは言えるかもしれません。
(ハーブの中に、カメリア・シネンシスという お茶の木が含まれる可能性。)

しかし、ご質問のように紅茶を主体に考える場合は
ハーブとは全く異なるものと言えます。

紅茶は必ず、カメリア・シネンシスの葉っぱが原料であるから
紅茶の中にハーブ(ミントやラベンダーなど)が含まれるわけではない。

従って。
赤い葉っぱだからといって、紅茶になれるわけではないのですw
(あの赤色は、発酵によって作られる色ですし。)
紅茶とは、カメリア・シネンシスの葉っぱであることが第一条件なのです。

参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8E%E3%82%AD

投稿日時 - 2017-07-31 22:51:18

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-08-10 23:29:56

あなたにオススメの質問