こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

I'd like for you to tell

NHK実践ビジネス英語2017年4月号Lesson 2(1)のLidia Graceさんの台詞に、等位接続詞andで結ばれた2つの不定詞句を持つ文が出てきますが、このandは何と何を接続しているのでしょうか?
I'd like you to get to know each other and for you to tell him about any unwritten rules he should know.
「お互いのことを知って、彼が知っておくべきあらゆる暗黙のルールについて、あなたから教えてあげて欲しいのです。」
前者で不定詞to getの意味上の主語は、主節の動詞I'd likeの目的語you (=Shota and Chuck) が兼務していますが、後者の不定詞句to tellは意味上の主語を表すfor you (= Shota) が使われています。前者を省くと、I'd like for you to tell him …という文になりますが、なんとなく変な感じですね。それともI'd like you to get for you to tell him …でしょうか?それでも変ですよね。
どこが間違っているのでしょうか?教えてください。

Lidia Grace: Shota, I'd like you to meet Bill Nissen's replacement, Chuck Salmans. Chuck will start working at A&A formally next month. He's here this morning to get the lay of the land. Chuck is about the same age as you, so I'd like you to get to know each other and for you to tell him about any unwritten rules he should know. I'll take care of the written ones. @ 2017年4月L2(1)

※OKWAVEより補足:テーマ「実践ビジネス英語」から投稿された質問です。

投稿日時 - 2017-07-30 08:38:23

QNo.9357430

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

以下のとおり、箇条書き風にお答えします。

(1)問題の部分の、so以下の省略を補うと次のようになると思います。
I'd like you (Shota and Chuck) to get to know each other and, for you (Shota, ) (I'd like you) to tell him (Chuck) about any unwritten rules he should know「あなた方(ショータとチャック)がお互いのことを知って、あなた(ショータ)としては、彼(チャック)が知っておくべきあらゆる暗黙のルールについて、あなた(ショータ)から彼(チャック)に教えてあげて欲しいのです。」

(2)固有名詞部分は問題ないのですが、(I'd like you) のところにyou も含めているところに注目してください。(Shota, )とカンマを使ったのも誤植ではありません。分かりやすくするためにカッコをはずしてみましょう。
I'd like you Shota and Chuck to get to know each other and, for you Shota, I'd like you to tell him Chuck about any unwritten rules he should know

(3)for youは、いわゆる「for ~ to不定詞」の相関語句ではなく、単に「前置詞for+you」(あなたについては、あなたに対しては)だと思います。それで、I'd like youのところにyouを含めて補充したわけです。そしてまた、混乱を防ぐためにfor you ShotaをI'd like you toの前に出しました。

(4)結局この部分は、「I'd like you Shota and Chuck to get to know each otherという単文」と、「for you Shota, I'd like you to tell him Chuck about any unwritten rules he should knowという単文」とをandでつないだ「重文」である、ということになるでしょう。省略を補ってみてはじめてこのことが明確に把握できたわけです。

(5)外国語文を解釈するときの2大作業は、語義と構文を調べることですが、その際注意を要することがそれぞれにありますね。つまり、語義のレベルでは「熟語」(例えば、I'd like ~ to…「~に…してほしい」)であり、構文のレベルでは上に見てきたような「省略」です。「熟語と省略は、ネイティブはほとんど無意識ですが、外国語学習者としては特に意識化して考えなければならない部分である」と言えるでしょう。

投稿日時 - 2017-07-30 14:57:18

お礼

高校生が言語学の講義を分かりやすく解説していただいた気分です。文の構造と省略、そして接続詞andの働きについてはよく理解できました。ありがとうございます。
ついでながらお聞きしたいのは、他のWebサイトを検索してみると、”I’d like for you to do something”という言い方はあるという人もいれば、誤用とまでは言えなくても、本来的な用法ではないという「説」を述べている方もいました。
ついでにしては、図々し過ぎるかもしれませんが、宜しければ教えていただきたく。

投稿日時 - 2017-07-30 15:40:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

「お礼コメント」を拝見しました。

>ついでながらお聞きしたいのは、他のWebサイトを検索してみると、”I’d like for you to do something”という言い方はあるという人もいれば、誤用とまでは言えなくても、本来的な用法ではないという「説」を述べている方もいました。
⇒どちらの所説も、それなりに正しいと思います。
というのも、これは比較的最近使われるようになった表現法だからです。訳半世紀前の辞書には(語彙数12万という程度のものでも)この用法は出ていません。

ではどのようにしてこれが桧舞台に登場したのでしょう。Iwant to do somethingとI’d like to do somethingという表現がありました。前者は「単刀直入に」、後者は「やや婉曲に」願望を表現するのに用いられました。
さて、この願望を他人に向けて「~に何々してほしい」と言いたいときは、単刀直入に言う場合はI want ~ to do somethingという表現がありましたが、これを婉曲に表現するがありませんでした。それで、「I want ~ to do something + I’d like to do something + 他人に対する願望の婉曲的表現」という組み合わせからの「類推」(Analogy) で、I’d like ~ to do somethingという用語法ができてきた、と見られます。(この言い方が、婉曲表現を好む女性に多用されるのはこのことと関係があるのかも知れませんね。)

ところで、上で単純化のために、「他人に対する願望の婉曲的表現はなかった」と言いましたが、実は、そんなことはありません。May I ask you ?、Would you please~?、Would you mind ...ing? のように、疑問文などの形式を借りて依頼や願望を婉曲に表現する方法はありました。
正確に言えば、Iwant to do something : I’d like to do something ― I want ~ to do something :(     )という、「相関の束の一角」(カッコ内を埋める要素)がなかったのです。ですから、このカッコに入るI’d like ~ to do somethingは、「登場すべくして登場した」とも言えるわけですね。「言語地理学」はこういう現象を称して、「言語はみずからを治療する」などと言ったそうです。

この表現法は今後ますます広まるだろう、と私は見ています。

投稿日時 - 2017-07-30 23:05:00

お礼

面白いですね。「言語地理学」というのですか。これからも頑張って勉強していきます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-07-31 05:56:03

ANo.4

ごたごた言っても始まりません。

http://ejje.weblio.jp/content/like

辞書にも書いている通り、アメリカ英語では
want for A to do
would like for A to do
が用いられることがあるということです。

投稿日時 - 2017-07-30 18:30:55

お礼

紹介いただいたWeblioサイトhttp://ejje.weblio.jp/content/likeを見ると次の説明を見つけました。

c《would [should] like A to do》A(人)に…してもらいたい
I'd like you to be more careful when you drive.
私はあなたに運転中はもっと注意深くなって欲しい
Would they really like you to cut the lawn for them?
彼らは本当にあなたに芝刈りをして欲しいと思っているのですか

そのWeblioサイトで、試しに”I’d like you”で検索すると
I'd like you to do it for me.
私の代わりにそれをやってほしい. - 研究社 新英和中辞典
I'd like for you to go.
あなたに会ってほしいのですが。 - Tanaka Corpus

“I want for you”を入力すると、次を見つけました。
I want you to follow me for the rest of my life.
一生俺について来てほしい。
I want for you to come at once.
私は君にすぐ来てほしい。 - Tanaka Corpus「例文の一覧を見る」の中

また、Webioは後半にWiktionary英語版もあり、likeが使われてきた歴史的変遷が示されていて面白いのですが、まだまだ英文を日本語並みに一見で読み取るレベルには達していません。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-07-31 05:35:36

ANo.2

日本人的には(イギリス人的にも?)理解しにくいのですが、
like O to do
want O to do
で、アメリカ英語では
like/want for A to do
となることがあります。

like/want to do
のパターンに for ~で意味上の主語をつけたということなんでしょうが。

なることがある、と言ったように、アメリカ英語では併用も可能。

you が2人か1人か違うこともあり、
あえて使い分けたのかもしれません。
別に you が相手一人だと for ~が好まれるとかということではないですが。

投稿日時 - 2017-07-30 09:18:05

お礼

Yahoo知恵袋のサイトで次のような回答を見つけました。
私の気持ちを代弁していただいています。ありがとうございます。

(回答)うーん、自分の知る限りI would like for you toというのは聞きませんね・・・。そういう用法がアルでしたら、私の勉強不足ですね・・・。

投稿日時 - 2017-07-30 11:02:07

ANo.1

1。このandは何と何を接続しているのでしょうか?

 I'd like you to get to know each other

 (I'd like) for you to tell him about any unwritten rules he should know.

の二つが and でつながっています。

2。
(い)あなた方にお互いのことを知ってほしい、
(ろ)彼が知っておくべきあらゆる暗黙のルールについて、あなたから教えてあげて欲しい
   のです。
 で(い)と(ろ)が等位で接続され、重複部分 I'd like が省略されています。

投稿日時 - 2017-07-30 09:04:28

お礼

Web検索したらYahoo知恵袋で下記のような質問と回答が見つかりました。
自分が知らないから、最初からI’d like for you to doが間違いかなという先入観だったようです。まだまだですね。ありがとうございます。

(質問) I would like for you to do~とI would like you to do~はだいたい同じ意味ですか?違うならご指導よろしくお願いします。
(回答) 意味は同じです。
ただ私がこれまでに聞いた「I'd like for 人 to do..」の形式を使った人は全員女性でした。
(全員、英語を母国語とする人たちで、英米ともに含まれています)
そのせいか、なんとなくこの言い回しに女性的な響きを感じます。

投稿日時 - 2017-07-30 11:01:49