こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ネットユーザーもnhk受信料払うのか

現在はアンテナを受信してないとnhlの受信料は払えとは言われませんが将来的にネットだけのユーザーも払うべきとなるのでしょうか?

投稿日時 - 2017-07-01 22:29:02

QNo.9347358

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

そうしたいみたいですね。たぶんテレビを持たない若年層を警戒しているんでしょうね

投稿日時 - 2017-07-03 15:07:52

お礼

ここまでくるとひどいですね

投稿日時 - 2017-07-03 15:52:01

ANo.8

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.7

将来的にネットだけのユーザーも払うべきとなるのでしょうか?
>>自宅の契約無くスマフォなど端末のみの人はその様な事に
成る様な予定だそうですよ  現状の検討は

投稿日時 - 2017-07-02 17:48:02

お礼

スマホのみの人がほとんどになりますからね
でもその原因のひとつはnhk受信料

投稿日時 - 2017-07-03 15:53:01

ANo.6

受信料を徴収する本来の目的ってなんでしたっけ?

放送の普及と技術開発のため、って大名目があったはずですよね。

では、インターネットに関してその名目は成り立つのですか?

普及も技術開発もNHKだけじゃないでしょ。
むしろNHKは勝ち馬に乗る形で漁夫の利を得ようとしているようにしか見えない。

有料にしたいんだったら、民間ネット配信企業がやっているみたいに会費を徴収して専用サイトを立ち上げればいいのになぜしない?
ネットユーザーから受信料を徴収するようになったら有料サイトのNHKオンデマンドは無料にするの?

このハナシは何年も前からありますが、今回の話には専用アプリをインストールしたユーザーという括りがあったような気がします。

投稿日時 - 2017-07-02 05:44:08

ANo.5

そもそもNHKの受信料とは何ぞや?

あくまでもNHKが配信する番組を受信して視聴することにより発生する料金の筈でありながら、いつの間にか受信設備の設置をもって徴収の対象とし、さらには今回のようにネットユーザーをもターゲットにする。

しかし、NHKの受信料の基本は、あくまでも契約によるものであり、本来、契約が個人の意思より交わされるものであるならば、契約しないことに何ら問題はない。

公共料金などのように一方的な性格の契約もあるが、料金の支払いがなされない時には電気は止められ、水道も使えなくなる。
また、生活に絶対に必要なものであるという意味で、その使用率は、ほぼ100%と言えるからこそ、誰一人として文句を言う者はいない。

ところが、NHKはどうだろうか?

公共放送という名目があるものの、テレビのチャンネルを選択する自由は視聴者側にあり、当然、NHKを見ないという選択肢もあるなかで、受信料だけは徴収すると言う。

しかし、蓋を開けてみれば受信料の納付率は県によって違いがあるものの、全国平均で72%前後であるという。

つまり、税金でもなければ、公共料金のように選択の余地がない性格のものでもないばかりか、NHK受信料という不透明極まりないものに対する不信感が納付率の足枷になっていることは明らかなこと。

契約した人は払わなければならないが、契約していない人は払う必要がない。

こんないい加減がシステムだからこそ、NHK自体が、いったい何処からどうすれば出てくるのかと言いたくなるような狂った発想を持ち掛けてくる。

つまりは、NHKに関連する法律自体が不備だらけで説得力の欠片もないということになる。

問題なのは、こうした片手落ちの法整備の上に立つNHK受信料というものを、法律だからといって納付し続ける多くの国民が、何の違和感も疑問も持たないことにある。

NHKの制作する優良な番組や存在が果たす役割は別として、NHKを取り巻く環境や時代を考えるとき、現状の欠陥だらけの徴収方法には限界が来ていることは明らかなこと。

受信設備に対する税金としての徴収となると民放との関連で成り立つことがない以上、もはやNHKが公共放送であり続け、無理矢理受信料を徴収することなどできる訳がない。

契約の自由や不透明な法整備、さらに納付率の矛盾など、NHKの受信料にまつわる不自然な点を多くの国民が直視するならば、NHKも自然なかたちで消滅し民放へ移行できるかもしれない。

要は法律が必ずしも正しいとは限らないということでしょう。

そんな不透明で不自然な受信料を払うこと自体が問題だと思いますよ。

投稿日時 - 2017-07-02 00:03:02

ANo.4

パソコンでの視聴にも受信料を払うようにすることが検討されてますね。

しかしあそこの受信料ですが、全て500円以下にすれば皆払うと思うのですけどねぇ。
金額設定が高すぎるんですよ。

こんなのされたら、テレにがあってパソコンもあるとどれだけボッタくるの?って話ですしね。
どうもあの放送局のシステムには納得できませんね。

パソコンユーザーへの徴収がどうなるかは未だ分かりませんね。

投稿日時 - 2017-07-01 23:03:32

ANo.3

企業や業界団体に偏らないために、スポンサーを付けない公共放送としては、
必要経費は企業や業界団体以外のどこかから調達する必要があります。
企業や業界団体からのスポンサー収入は見込めないので、
視聴者から取ることは誰もが考えることです。
でも?視聴者となれば人気のない番組は淘汰される運命ですよね。
数字(視聴率)の取れる番組ばかりの放送でいいですか?

例えばバラエティーは数字が取れるから放送する。
ニュースは数字が取れないから放送しないなんていうことでいいですか?
地震が起きて情報が必要な時、ニュースに切り替わらない放送でいいですか?

じゃぁ、誰から集めるのが公平なんでしょうね。
NHKをみている人だけ?それなら数字の取れない放送は消えますよ。
国会中継や地震のニュースなどです。
日本にいる全員?それならあなたの言う「ネットだけのユーザー」も含みますよ。
どうなるかではなくてどうしたら良い?の視点で考えてみませんか?

投稿日時 - 2017-07-01 22:48:16

ANo.2

末尾に記事を貼ります。

まだ不透明な部分があるようです(正式答申はまだのようです)が、「テレビを持たず、常時同時配信のみを利用する視聴者へも費用負担を求める」との案がでているとのことです。

現在の案では、「NHKがテレビで放送する番組すべてを同時にネットでも配信する(常時同時配信)を利用するための何らかのアクションもしくは手続きをとり視聴可能な環境を作った者」や「常時同時配信を利用する契約を結んだ者」を対象とするとの案になっているようです。
配信を受けるために何らかの契約(手続き)のような行為が必要になるのではないですか。

まだ、正式決定には時間がかかるようですね。
ネットをするから一律に徴収するとは思えないですね。
(どうなる?NHKのネット受信料負担 「PC所持だけでは費用負担求めない」方針、パブリックコメントも募集開始)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2850955

投稿日時 - 2017-07-01 22:46:05

ANo.1

テレビを持たないネットだけ視聴世帯にもNHK受信料? 検討委が答申案を発表
http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/27/nhk-jushinryo_n_17313016.html
今のところ上記などにも書かれているように「ネットで番組を見るアプリのダウンロードやIDの取得をした世帯を想定」としているので今のところ大丈夫そうな気はしますが将来的にはわかりません。
今のように受信設備を設置している世帯からはその気になれば強制的に契約可能で受信料を徴収可能ですがそれらの解釈を拡大又は放送法の条文を改正したりすればネットに接続できる環境=NHKのネット配信の受信が可能と解釈して強制的に契約できて受信料を徴収なんて事もあるかも知れませんね。
又はISPや携帯電話会社等インターネットに接続するサービスを提供している会社の方から強制的に徴収できるようにして利用者には接続料や通信料にそれらの費用が上乗せされるとかって言うのも考えられますね。

投稿日時 - 2017-07-01 22:39:29

あなたにオススメの質問