こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ダイドーブレンドコーヒーのロングセラーの秘訣は「香

ダイドーブレンドコーヒーのロングセラーの秘訣は「香料を使わず多種多様な豆を多く使用して、いかに本物の味わいを再現するかにこだわった」って社長の高松富也が言っていましたが、ダイドーブレンドコーヒーってコーヒー豆以外にどんな豆を入れてるんですか?

全部コーヒー豆から作られていると思っていたのでビックリしました。

あと他社のサントリーbossとかコーヒー味の香料でコーヒー味にしてるんですか?

これまたビックリしましたけど、あの茶色はコーヒー豆の色じゃなくてコーヒー風味の香料とコーヒー色の着色料ってこと?

本物の風味を再現したってどういうこと?

投稿日時 - 2017-06-27 12:41:50

QNo.9345741

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

多種多様なコーヒー豆って事でしょう。
大前提として「コーヒー」ってのが有るんだと思います。

香料を使ってる缶コーヒーは多いですよ。
原材料みれば「香料」って書いてあります。
着色剤を使ってるってのは聞いた事が無いですね。

投稿日時 - 2017-06-27 12:47:02

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-06-27 15:45:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

コーヒーって言うのは、挽き立てが一番で、時間が経てばドンドン劣化する。
本物の味わいというのは、いかに挽き立てに近づけるか?って事だと思う。
豆の種類も産地や銘柄で味わいが違うから、コーヒー豆の種類を色々変えて混ぜて作っているのです。
ただ、やはり挽き立ての香りの再現は、非常に難しいので香料を入れるのは普通にあります。
色に関しては、着色料を使うのは、よほど激安のコーヒー飲料でしょう。
普通の缶コーヒーではほとんど聞きませんね。

いずれにしろ、豆を挽いて入れるコーヒーには遠く及ばないけどね。

投稿日時 - 2017-06-27 13:04:32

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-06-27 15:44:47

あなたにオススメの質問