こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

個人事業から法人成りを検討しています

個人事業から法人成りを検討しています。

現在の収入は、民間会社給与と、不動産賃貸です。

2016年確定申告は、
収入金額が、
給与900万
不動産1420万
所得金額は、
給与690万
不動産-36万
合計654万で、控除などで、差引0円ぐらいでした。

2017年の予想は、
収入金額
給与900万
不動産1870万
所得金額は、
給与690万
不動産600万
合計1290万の予想です。
控除など差引いた残りは600万円ぐらいになりそうです。

不動産賃貸業の不動産は、2棟あります。
減価償却残額は、
1棟目が、3500万
2棟目が、5500万
です。


この場合、法人成りのメリットはありますか?
土地は個人で所有して、建物は法人化で考えています。
また、法人成りをした場合、どういう費用がかかりますか?
合計でどれぐらいいるか知りたいです。

投稿日時 - 2017-05-30 15:30:58

QNo.9335178

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

お礼のコメントありがとうございました。

一点、抜け落ちていたのですが株式会社の場合には、定款という会社の規則を公証人役場で認証してもらわないといけないので

その費用として52,000円ほどが別途かかります。(最初の回答に抜けていました。)

合同会社の場合には、かかりません。

投稿日時 - 2017-06-03 14:28:55

お礼

追加の回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-06-06 08:17:05

細かい税制上の法人成りメリットにつきましては、税理士が専門なので回答を控えますが、法人成りをする場合の費用としては

会社の印鑑代(通常は、4点セットで作成します。)

定款へ貼る印紙代4万円(ただし、電子定款で行う場合には不要です。)

法務局へ納める印紙代15万円(合同会社の場合には、6万円です。)

会社設立後の謄本及び印鑑証明書の取得代が数千円(枚数によります。)

手続きを行政書士・司法書士に依頼した場合にはその報酬(事務所により異なります。)

ちなみに私の事務所では、税理士事務所と提携してますので税金の面で法人化した方がいいかどうかの相談なども対応可能です。

ご参考までにしてください。

投稿日時 - 2017-06-01 11:33:56

お礼

ありがとうございます。
割とかからないのですね。
法人成りとは、法人を作って、個人事業の事業を法人に移すことなんですね。

投稿日時 - 2017-06-03 11:44:13

あなたにオススメの質問