こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

さて「神の存在の証明」やってみましょうか

木霊の声が風のように心を心地よくくすぐる。
その話しかけてくる友達の声に答えてセレビィは目覚めた。
実在する男子プリキュア
キュアプリムだ。
男子プリキュアなのに男が嫌いだからプリムだ。
惨劇に歓喜する祭りでもある。
今回は「実在する妖精の捕まえ方」本編でもあるね。

今回あらかじめ準備するネタは↓
あんた、妖精が実在すると信じるかい?その4
https://okwave.jp/qa/q9319132.html

回答者とも応答も関係しているから読んでくれ。
さて哲学だけでなく心理学も、自己のより深い内面の探求と関わり、学問はともかく誰もが何らかの形で取り組むことだ。
前質問にはそこに伝統的に無量光として象徴されていた、私の体験を交えて一定の結論を説明した。
無垢で純粋な光をより深く理解する過程でその意志を持ち交流してくる何者かこそ神であるという結論だ。
この無量光とは生命の起源となる命の泉だ。
ごちゃごちゃ言わないから、踏まえておいてくれ。
神そのものが生命だ。
それから無量光には神という形容のほかにも、魂という形容ができる。
プリキュアである私には、フェアリーフュージョンするパートナー妖精がいる。
実在する妖精セレビィだ。
セレビィは無量光に到達する起源回帰性という性質があり、聖霊といえば通常は神が人のもとに遣わすが、セレビィは明白に私自身という自覚があり、通説とは逆に人が神のもとに遣わす聖霊だ。
これは無量光とは仏教で語られている自己の境地であることともかかわっていて、仏陀の資質の一部である精神の到達点であり、その面で特に神というより魂という意味が強い。
セレビィという聖霊に神格を与えると神そのものというより仏性という言葉がしっくりくる。
ただこのような私の精神の到達は、私に話しかける神も同時に見出した。
セレビィとずっと一緒の幼馴染、アマテラス聖霊ジラーチちゃんだ。
どうやら、人は自己の精神を強く自覚する到達点で、意図していないとしても神と邂逅するのだ。

さて、私も仏教はさんざんやったんでね、無我論もわかりにくいだろうが、実際は自我論もわかりにくい。
その説明の要点が↓
哲学における自我の話を持ち出してみました
https://okwave.jp/qa/q9290692.html
結論は、西洋で研究している自我は東洋では仏性として伝統的に研究されていて、自己の精神の全容を意味する人格の中心であるということで、そのほかにも人格といえば、おおむね誰もが理解を拒否しないだろうが、他者の意思による影響というのが、精神作用として自己に組み込まれている。
それは社会性を帯びた人間の必然で知性という働きや資質も、他者との共通の理解とかかわっている。
言葉という知性の表現手法は、ある意味神聖化すらされているね。
さて、他者の意思や知性が人を助けるのと全く同じで、観念上の人に知覚が困難な事柄に対して、神の意思や知性が人に働きかけて助けるんだ。
人間が知性を自覚してサルから進化したこと自体に神の発見がかかわっているだろう。
神の霊的な働きが人に心をともしているんだ。

まあ第2弾3弾も今後好評ならやってみるけど、今回はこの辺で切り上げるよ。
哲学なので既存の命題に取り組むほかに、自ら命題を立案するというのもアリで、学問研究としてその手の質問だ。
感想文でもらくがきでも歓迎するから気軽に回答してくれ。

付録で雑談だ。
これは答えやすいだろう。

神は存在しない。
神は妄想だ。
その手の主張だがね。
私が説明した中にあるように、「神そのものが生命である」これを納得すればそんなこと言わないだろうね。
それから、宗派がどうのこうのじゃなくて、私の人格や知性的資質全体に神の存在というのが深く根差していて、自己を形成したり自覚したりする欠かせない要素とは最低限でも明白だ。
宗教というのは社会を形成する要素だから、政治批判なんかと変わりなく他者の所属する宗教を批判することは、神も人も冒涜しない場合がやり方によってはある。
批判と攻撃の違いをわきまえて健全な手段と目標に立てばだ。
個人の信仰を侮辱すれば同時に神も辱めるだろうと、その点は現在の法の精神では解釈できるけど、それを言うと個人の信仰を最も著しく損なうのは宗教組織だという笑える事態になる。人として、何かを理解するという知性的働きは、神のみにかかわらず社会を形成する共存の成立とかかわっていて、特定の地域社会の精神的基盤は宗教が必要なんだ。
ところが宗教と信仰について何らかの矛盾がありうるので、その点は質問主文のおまけとして暇つぶしで落書きしてくれ。
サービスがいいだろ。

投稿日時 - 2017-05-30 00:14:43

QNo.9334985

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

とても興味深い! 
その世界観をもっと知りたくなりましたよ。

投稿日時 - 2017-05-31 13:43:25

補足

ちょっとメモだよ。
回答者が成果をあげなくても一人で研究は先に進めるんだ。
皆さんもくだらないことをどんどん書き込んで余白を作る協力だけでも歓迎だ。
私を嫌いな人もいるだろうから、勇者のごとく喧嘩を売ってくれても、無駄な抵抗として大歓迎だよ。
ケケケケケ。


人間が知性を自覚してサルから進化したこと自体に神の発見がかかわっているだろう。

コレ、憶測だけで理想論的に神をたたえているんじゃないんだ。
根拠は、


どうやら、人は自己の精神を強く自覚する到達点で、意図していないとしても神と邂逅するのだ。

この証言で十分だ。
実際当時意図には含まれていなかったが、「自己の存在の確信」これ哲学では非常に難しいこと知っているかね。これを求めていたのに結果が神の発見というか確認というか到達点だったんだ。
私の取り組みの内容は「滅びの宴」で、実在する悪の結社の成り行きにより確定した死の運命を受け入れるための激しい葛藤だ。
これは単純明快に説明できるよ。
観念世界の最も通りの言い呼び方が「あの世」であるため、涅槃に入るとかの、要するに観念への到達や昇華は「死の儀式」なんだ。
定説でそうだよね。
私は別に自殺を志して悩んでいないなかった。
人間悪を浮き彫りにしてしまった責任で死がくだる覚悟をし、その死を私自身が望むという受け入れ方に挑戦したんだ。
結果が神の発見。

以下は私信めいた謎かけだ。
この質問と同時にゴキブリホイホイも設置したんだがね。
サトシ、やつらと資本関係を切れ。
別にサトシの命乞いを手伝っているんじゃない。
事態を好転させるきっかけだ。
役に立ちやがれ、薄汚いいい子ちゃん。

あんきろによろしく。
デデンネには感慨深いところがあった。
今のうちは激しいアニキなツンデレに身もだえしやがれ。
ヘンタイ。

投稿日時 - 2017-05-31 23:36:42

お礼

はいよ。
ファンレターありがとうね。
研究会だから次はすっとぼけたことでもなんでも何でもいいから、ネタになる土産話を持ってきてくれ。
まじめなことだけやるつもりはないから、
キュアプリムお兄様。
あなたにかしづいていいですか。
とかなんとか読者を楽しませるショープレイも歓迎だ。

投稿日時 - 2017-05-31 21:49:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

・・・要するに、全部「落書き」

投稿日時 - 2017-05-30 22:41:22

ANo.2

>「個人の信仰を侮辱すれば同時に神も辱めるだろうと」

そうなんですね。

投稿日時 - 2017-05-30 22:16:17

ANo.1

>「神そのものが生命だ。」


>「付録で雑談だ。
これは答えやすいだろう。

神は存在しない。
神は妄想だ。
その手の主張だがね。
私が説明した中にあるように、「神そのものが生命である」これを納得すればそんなこと言わないだろうね。」


・・・凄い信教ですね。

投稿日時 - 2017-05-30 20:48:09

あなたにオススメの質問