こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【日本史と日本文学】日本には吉田松陰という君子がい

【日本史と日本文学】日本には吉田松陰という君子がいると聞いて吉田松陰の書を読んだが彼が書き残した書の殆どが愚痴であった。彼から何を学び取るのでしょうか?

孟子を尊敬しているようだが孟子から彼は何も学んで得ていない。

吉田松陰は愚痴しか書き残していないが吉田松陰のどこに尊敬する部分があるのでしょう?

中国の君子の方が100倍役に立つ人生のアドバイスをしてくれる。

これが日本の君子だとすると日本の君子はタカが知れていると思った。

投稿日時 - 2017-04-30 00:38:03

QNo.9323418

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

吉田松陰のどこに尊敬する部分があるのでしょう?
   ↑
彼が評価されるのは次のような理由です。

1,久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋ら
  明治維新の英雄を輩出した。
  そして、それらの学徒が、明治政府の重鎮になった
  という図式です。

2,獄死した。
  ケネデーは暗殺されて偉大な大統領になりました。
  彼も同じです。



これが日本の君子だとすると日本の君子はタカが知れていると思った。
    ↑
遺憾ながらその通りですね。
中国の思想家とはスケールが違います。

投稿日時 - 2017-04-30 11:29:10

お礼

みなさん回答ありがとうございます

弟子がたまたま優秀だっただけの話か

投稿日時 - 2017-04-30 11:49:21

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

孔子や孟子を君子とするならば、吉田松陰は君子ではないです。
人の迷惑を顧みず行動し、思慮深いとは言えないですからね、
思想的には、発展途上で斬首刑に、なったので、これといった
ものは確立してませんでした。
彼は物書きに非ず、行動実践の人なのです、能書きを垂れて
何もしない、腐れ儒学者とは違うのです。
行動実践力に、150年後の現在でも、共感者が数多いるのです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
【日本史と日本文学】とは、関係の無い質問かと・・・
孔子や孟子は儒教の元締めとして、日本の歴史に、於いて
思想的に大きな影響を与えましたが、文学者ではないでしょう。
杜甫や李白は文学者ですが。
>これが日本の君子だとすると日本の君子はタカが知れていると思った。
歴史書、思想書と文学の区別が付いて居ない、御方が、この様な
事を書かれるのは、如何なもの、なんでしょう。

投稿日時 - 2017-04-30 11:57:14

ANo.1

松下村塾で吉田松陰が弟子達に教えたのは、ものを書くことでも、孟子を尊敬することでもない。
これからの日本にどう道筋を付けていくのかという方法論、行動力でしょう。

事実、彼の弟子や後輩達が、その後の新しい日本を造り出す原動力になっている。

彼は物書きではないですから、拙い絵空事の理想論や愚痴だらけの書物などよりも、生き方自体に注目するべきではないですか?

学ぶべきところは大きいと思いますよ。

貴方には松蔭に勝る行動力はあるのですか?

投稿日時 - 2017-04-30 01:09:39

あなたにオススメの質問