こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

新築一戸建ての断熱材欠損について

木造在来工法で新築、完成間近です。通気基礎パッキン、外壁も通気工法です。断熱材は4センチ厚のポリエチレンフォームですが、高気密高断熱ではなく埋め込み式エアコンの周りや壁と天井の境目、床下点検高の周りなど所々断熱材の小さな隙間はあります。ただ、工事中の写真を見返していたら4ヶ所、玄関床(板張り)、階段下(一坪)、二階の壁の一部(写真添付)に大きな断熱材の欠損があることがわかりました。薪ストーブの床下も入っていないと思います。
内壁も完成後のことなので今更ですし寒いのは諦めるしかないのかなと思いますが、
1、気温差による壁内や床下の結露など一部断熱材の欠損が家の耐久性に問題となることはないでしょうか?
2、階段下は板張りもなくいきなり基礎の床下空間です。そこだけは納戸の壁をくり抜いて入れば今からでも入れることは可能ですが、やってもらったほうがいいでしょうか?そのような要望をすることは可能でしょうか?

投稿日時 - 2017-04-20 08:53:16

QNo.9319629

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

耐久性に問題があるとまでは言いませんが、立派な欠陥住宅ですよ。
階段下の断熱材や、1階の収納部分の床面の断熱材も必要です。
せっかくマキストーブを入れてもスカスカの造りでは省エネになりません。
やり直してもらいましょう。
壁と天井の取り合いや、床と壁の取り合い、間仕切り壁の床部分なども気流止めが必要ですし、断熱材の欠損(隙間)があればそこから冬場の冷気など入ってきてしまいます。
参考(グラスウールの場合ですが、気を付ける部分は同じです)
http://www.glass-fiber.net/pdf/gw_jutendannetusekomanual_betubari.pdf

投稿日時 - 2017-04-20 20:43:23

お礼

ありがとうございます。リンクも大変分かり易くとても参考になりました。
一人棟梁の大工さんで腕はいいけど断熱の知識などは?なのかもしれません。
気難しいところもある方なので、直して欲しいとお願いしても果たして…
ですが、写真の部分は内壁を貼ってしまった後にたまたま写真で気づいた
状況で難しいとしても、階段下は納戸の仕切りベニアを剥がせばできるので
お願いしてみようと思います。ありがとうございました!

投稿日時 - 2017-05-03 05:30:54

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

先ほどのリンク先の大元の、もう少しわかりやすいサイトを添付します。
http://www.glass-fiber.net/master_jutendannetu_ari_part.html

参考URL:http://www.glass-fiber.net/master_jutendannetu_ari_part.html

投稿日時 - 2017-04-20 20:48:17

ANo.1

1、結露による劣化は立地条件と住み方次第。

 我が家の床下は特段の対策をしていませんが、毎度の点検で「万事OK」とのお墨付き。ここら辺りは、立地条件次第です。東南角地で周囲2Kmは田畑で風の通り道という立地ですから、床下ジメジメとは無関係なのが我が家。その辺を考慮されるべきかと・・・。

 だが、窓枠は築7年目にして1、2階ともに結露で腐食しました。HMに連絡したところ、「あっ、ぜーんぶ交換しましょう!」ということになり全て新品に取り替え。それ以後、我が家から石油系ストーブが消えました。冷暖房はエアコン+オイルヒーター。主要な窓は、電動シャッター+内窓で断熱対策。これで、今のところ結露ゼロの年が続いています。

2、階段下の断熱は気持ちの問題。

>我が家の断熱は完璧!

という想いを持たねば気がすまないのであればお願いされるべきです。「どうでもいいや!」というのであれば、どうでもよいことだと思いますよ。なお、要望することは可能です。「げっ、あんた、そんな無茶を通したんかね!」‐商売人の方なんて、特に土建屋さんなどが新築される場合、その要求はかなりなもんです。「要望をすることは可能でしょうか?」‐これは、一般サラリーマンの発想ですね。

投稿日時 - 2017-04-20 09:57:55

お礼

ありがとうございます。実際のお家の状況参考になりました。
完璧な断熱までは求めないにしろ、幅広の大きな階段なので
他の部分の断熱が意味なくなるなぁ…という状況です。
職人さんとサラリーマンの発想の違いは、この件以外でも
つくづく感じ入っており(^_^;; ハウスメーカーでなく、一人棟梁
の大工さんなので…
家を建てる機会はせいぜい一度二度しかないことなので、難しい
ですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-05-03 06:10:25

あなたにオススメの質問