こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

windows defender予備スキャン精度

Windows10 (購入時は7)を使用中です。
3/31に Windows Defenderホーム画面 でフルスキャンすると「予備スキャンで、悪意のある、または望ましくない可能性のあるソフトウエアがシステムに存在する可能性が検出されました。スキャンが完了した時点で検出された項目を確認できます。」とあります。
履歴画面で、「検疫されている項目」、「許可されている項目」、「検出されたすべての項目」をチェックしましたが、何の表示もありません。ホーム画面も、通常通りの緑色で、「お使いのPCは監視され保護されています」とあります。
「Windows Defender オフラインスキャン」を試しても異常なしです。

東芝サポートデスクに教えていただいて、「シフトキー+再起動→PCの電源を切る→電源を入れる→Defender の画面を再確認」してみましたが、変わりません。
東芝さんによると、誤検知の可能性もあるが、バックアップしてからリカバリーする(Windows7に戻すのが安全)ということでしたが、できれば、戻したくありません。

「Microsoft Safety Scan」をダウンロードしてフルスキャンしても、異常なしです。 それでも、Defender でフルスキャンすると、「予備スキャンで・・・」と、同じ表示が出ます。
ネットにアクセスする回数は多くありませんし、添付メールを開けたこともありません。大体月3回くらいフルスキャンしています。希望的観測ですが、バグではないかと思っています。
気になる更新プログラムは、「Windows 8、8.1、10 と Windows Server 2012、2012 R2、 2016 x64 エディション用の、Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツール - 2017 年 3 月 (KB890830)」です。
「2017・3・15に正しくインストールされました」とあります。
3月20日くらいにフルスキャンして異常なしだったような記憶があるのですが、とりあえず、一度削除してみようと思って、「設定」→「更新とセキュリティ」→「更新の履歴」で見ました。でも、「更新プログラムをアンインストールする」で表示される一覧に載っていません。

どれくらい危険なのか見当もつかず、困っています。気味が悪いです。対処方法をご教示いただけると助かります。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2017-04-02 13:54:37

QNo.9312426

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

Defenderは所詮無料なので、有料のとは色々劣る点があります。
でも有料はいやなので、私もDefenderだけです。

もし感染が心配なら、他社の有料版が30日無料で使えますので、まずはインストールして
全体スキャンすることをお勧めします。
不要なら有料版を削除すればいいだけですし。

投稿日時 - 2017-04-02 14:22:46

お礼

それはいいアイディアですね。気が付きませんでした。
カスペルスキーを入れてスキャンしてみます。
それでOKなら、かなり安心できますね。

投稿日時 - 2017-04-02 16:39:21

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>望ましくない可能性のあるソフトウエアがシステムに存在する可能性が検出されました。
望ましくないと思われる動きのソフトがある可能性が検出されたと言う事で、予備スキャンで、もう少し細かくスキャンしたら問題なかったと言うだけでは無いでしょうか?
そんなのは他のアンチウイルスでもよくある、アラートです。
例えばKasperskyではOKWEBを危険性があると遮断された時もあります、その他のソフトでも削除要求される事もあります、すこしウイルスに似た動きをするもの、セキュリティホールの可能性のあるものなど警告が出るのは致し方ないと思います。
ウイルスなどの場合は望ましくない可能性では無く、駆除対象として処理されます。

投稿日時 - 2017-04-02 19:56:09

お礼

なるほど。Defenderくらいしか使ったことがないので、知りませんでした。
今後の参考にします。ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-04-02 20:29:58

ANo.3

私はMicrosoftの無料提供を信用していないので使っていませんが
悪意のあるソフトウェア削除ツールは 市販ウイルス対策ソフトのデータベース更新と同じで 新しいウイルスに対する対応方法だけを削除する事は復元以外に方法は無いと思います

Microsoftの情報として イベントビュアーのMicrosoft Antimalwareに記録されているかも知れないとの情報がありました
他の深いところに記録があるかも知れない

アップグレードであれば過去に不正利用されていなかったデータや拡張子がマルウェアなどに利用される場合があります 偽メール 偽サイトのようにしておけば疑われる確率が減る
可能性のみを提示しておいて実際に活動する事を止めるしかできないケースもあるんじゃないかと思います

市販メーカーのアップグレード対応であれば問題は減らせても フリーソフトなど後から追加したものはサポート対象外 自己責任と割り切るしか無いと思っています

個人的に パソコンに入っているものは安全だが類似したものが出回っている という状態のように感じます

投稿日時 - 2017-04-02 15:10:29

お礼

ありがとうございます。参考になりました。

投稿日時 - 2017-04-02 16:36:04

ANo.2

検索すると、同様なメッセージが出ている方がおられるようですよ。
Microsoftのヘルプフォーラムにも投稿があるようです。
結論的には、言われるように、更新プログラムに関係したバグではないかとの。
4月の定期更新でどうなるか?ではないですか。
(windows updateにて、2017年3月 windwos7向けセキュリティマンスリー品質ロールアップ(KB4012215)のインストール後にセキュリティスキャンをすると悪意あるソフト検出メッセージが出る。 )
https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-security/windows/070f0118-4009-41c8-9ca4-8f7ce9c0ace3

>気になる更新プログラムは、「Windows 8、8.1、10 と Windows Server 2012、2012 R2、 2016 x64 エディション用の、Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツール - 2017 年 3 月 (KB890830)」です。

この「悪意のあるソフトウェア削除ツール」は同じ更新プログラム番号で、毎月の定期更新(日本では第2水曜日)に含まれているものです。
MRT.exeがこのプログラムの実行ファイルです。更新適用日に、このプログラムの修正更新(たぶん、悪意のある対象プログラム(名)を追加している)後に、スキャンを行っています。
(悪意のあるソフトウェアの削除ツールMRT.exeの使い方 KB890830)
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/6130/notes/microsoft-virus-removal.htm

投稿日時 - 2017-04-02 15:01:53

補足

詳しい情報をいただき、ありがとうございます。
ご指摘のフォーラムを、私も検索して読んではおりましたが、KB4012215という番号が自分の更新履歴にはなかったため、違う問題なのかなと思っていました。根は一緒なのでしょうか。

投稿日時 - 2017-04-02 16:22:24

お礼

ありがとうございます。いい勉強になりました。今後は、第2水曜日に注意しようと思います。

投稿日時 - 2017-04-02 16:36:20