こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

androidスマホで外付GPSでgooglmap

スマホのGPSをonにするとバッテリー消費が激しいので、昔使っていたbluetoothで繋ぐ外付けGPS(GPS20Cという機種)があった事を思い出し、それを繋いで使えばスマホのバッテリー消費を抑えれると考えました。

いろいろネットで調べて

これを参考にしました。
http://sky.pikaichi.info/tabletgps001/

しかし、スマホ本体のGPSをoffにした状態でgooglemapでGPS信号を受け付けていない状態です。

bluetooth GPSというアプリでは、外付けGPSとはコネクトされている様ですが、GPS情報をもらえていない状態に思えます。
(アプリ画面を添付しましたので参照下さい)
このアプリ内のmapでも現在位置が表示されません。

外付けGPS自体は本体のLED点滅具合と色で状態がわかるようになってますが(すごく分かりにく)青の2回点滅になってるのでスマホとの接続はできているみたいです。
しかし、GPSの電波を探しに行ってないのかな?とおもます。
探しに行くと本体LEDが緑色の点滅が入るらしいので

もうちょっとの様な気がしますが、最後まで行き切れていません。
お詳しい方教えて下さい。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-04-02 10:12:36

QNo.9312369

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

探しに行ったらではなくて、GPSから
位置情報を取得(算出)できたらグリーンになるんじゃないかと思います。

ですから、状況は、電波状況が悪いために
取得できない状況にあるのが原因と考えられます。

基本的には、屋外で、高層建築物が無いところで検証すべきです。
最低限、スマフォ側のGPSが正常動作できるところです。

GPSレシーバーだけ、窓の外に突き出して検証できる場合もあるかもしれません。



ただ、根本的に、GPS機能は受信だけするのに対して
Bluetooth機能は、送受信をするので
まったく同等の技術で実装すれば、送信するほうが
電力消費が大きくなりやすいという問題があります。

実際には、GPSとBluetooth、それぞれの実装上の省電力性の問題にもなるので
比較テストしなければ結論は出ないだろうとは思います。


また、Ingress,ポケモンGoのような位置情報ゲームでは
Bluetooth接続のGPSレシーバーを使える設定にしていれば
「不正を行いやすい設定になっている」という解釈で
ゲームが動作しなかったりします。
(技術的には、Bluetooth GPSレシーバーのフリをして欺瞞するソフトは簡単に作れますし、存在します)

本体のGPS性能が悪い機種を使っている場合は
Bluetooth GPSレシーバーは非常に有用なのですが…

うちのm-241は、購入から5年くらい経っていても
稼働時間は、せいぜい300時間くらいしか使っていないつもりでしたが
久しぶりに使おうとしたら、なんか、電源入らなくなっちゃいました。
(正確には電池駆動できなくなっただけで、USB給電では動きますけどね)

壊れ方は、機器ごとに違うものですし、衝撃を与えなくても壊れることはあり
GPS20Cがいつの間にか、壊れて受信できなくなっているという可能性も一応あります。

GPSレシーバーは、性質上、直射日光に晒されることが多いので
温度が上がりすぎたり、温度変化が激しいために
ハンダ付けが剥がれて接触不良を起こしたりしやすいのかもしれません。

スマフォも、何度も落っことしていると
接触不良で、WiFiやBluetoothやGPSなどの、アンテナを必要とする機能が
感度不良になっちゃうようなことがあります。

電子機器は、精密機器と言っているわりに
ほんとうに精密な部分よりも、比較的でっかい端子部品などで
問題が起きたりすることもあるので、故障は予想が困難だったりもします。

投稿日時 - 2017-04-12 11:25:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問