こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

YAMAHA RT58iで拠点間VPNを構築したい

今度、製品を使用している方の拠点が引越しを行うため、現在のサーバーセンターの拠点と引越し先のサーバー拠点とをVPN化した状態で、運用は止めずに拠点の引越しを行なっていきたいとのお話を受けました。

お客さん側でVPN環境などは構築するのですが、自分たちもそのVPN環境で製品を使用した場合に、万一データ通信などで不具合が起きないのかなどを検査や試験するために、自分の事務所内にも同様の拠点間VPN環境を構築したいと思っています。


現在、事務所内には

・NTT光ファミリータイプの回線1本
・YAMAHAのルータRT58i 2台
・プロバイダー1(固定IP8個サービス)
・プロバイダー2(固定IP1個サービス)

現在光回線1本にRT58i2台を接続して、それぞれにプロバイダーを設定して同時に接続させています。

この状態で、RT58i間をVPN化させることは可能でしょうか?

VPNの設定方法に関しても教えていただけると幸いです。

どうぞ、ご教示頂きますよう宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2017-02-21 11:09:47

QNo.9296407

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

参考URLに「PPTPを使用したVPN拠点間接続(2拠点) + IP電話(ネットボランチ電話) : RT58i Web GUI設定」を貼りつけましたので参考になさって下さい。また、機種は異なりますが、コマンドレベルで設定する場合はこちら↓を参照下さい。
http://jp.yamaha.com/products/network/solution/vpn/connect/vpn-connect-two_point/

これらの例では、ネットボランチDNSを利用していますが、どちらのプロバイダー契約も固定IPアドレスがあるので、そちらを使う手もありますね。まずは、WANポート同士をLANケーブルで接続した環境でVPNを構築されてはいかがでしょうか?

参考URL:http://jp.yamaha.com/products/network/solution/vpn/connect/two_point_soho_rt58i/

投稿日時 - 2017-02-21 14:42:57

お礼

回答頂きありがとうございます。

先ほど、拠点VPN接続ができるようになりました。

接続ができなかった原因は、PPTPサーバー側の設定に接続相手となるPPTPクライアント側のホストIPである固定IPアドレスを記述しなかったことが原因のようでした。

空欄のままにしておいた時は、接続時にPPTPクライアント側のRT58iのビープ音が鳴り止まなかったのですが、固定IPアドレスを設定して接続した場合は、接続完了のビープ音が1度なり、VPN接続が維持されている表示を確認できました。

また、相互のローカルIPでの通信もできることも確認できました。



私は、うっかりPPTPサーバー側のみ固定IPアドレスが必要で、クライアント側は必要ないと思い込んでいたのですが、そうではないようですね。次回その辺は調べてみたいと思います。

投稿日時 - 2017-02-21 15:46:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問