こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

起業

起業について質問です。

現在個人事業主として事業をしているのですが、現在の事業がある程度形になり、資金ができましたら税金面などを考え株式会社にしようと考えています。

その際に、今行なっている事業とは別の名前で株式会社を設立しようと考えているのですが、当分の間はいま行なっている事業に専念したいので、株式会社を設立したとしてもコーポレートサイトを作り、今行なっている事業の信用面をよりあげるためだけに設立しようと考えています。

また設立する際は、今行なっている屋号とは別での商号を予定しています。

今行なっている事業がある程度形になったとして、今行なっている事業とは別の名前で株式会社を設立を予定しています。
(理由)
今ある事業と今後行う事業の信用面と早い段階でブランド力をつけたい。
また屋号と商号は別にする為、どれだけ今の事業に信用ができたとしても、株式会社を設立した後に新しく事業を立ち上げた場合、また新たにブランドイメージをつけないといけない為、形上でも株式会社を設立しておきたい。

ですが株式会社を設立したとしても、株式会社の名前で現在事業をすることは考えていません。

なら今ある事業の名前である程度認知された後、その名前を商号にすればいいと思うかもしれませんが、どうしても付けたい商号がある為、その方向では考えておりません。

そこで質問なのですが、
今、株式会社を設立しようとしている理由は、現在行なっている事業の信用面と今後事業を新しく行う時の為に、株式会社を設立した後、コーポレートサイトを作り、消費者の方により信用していただくためだけに、株式会社を設立しようと考えています。

ただ、その為だけに実際は活動しない株式会社を設立しても良いのか悩んでいます。

もちろん今後株式会社に付けた商号で起業することは考えていますが、今仮に株式会社を設立しても形だけで終わってしまう為、信用とブランドイメージの為だけに株式会社を設立して良いものか悩んでいます。

現在行なっている事業がある程度認知され、同じ名前で株式会社を設立するのであれば問題ないのですが、どうしても別々で名前を付けたいのと、株式会社に付けた商号で、また別の事業をしたいと考えています。

また株式会社を設立した後、業種の異なるサービスを展開する予定ですので、この会社は畑違いのサービスをしていて逆に信用がないな。と思われそうで不安な部分もあります。

税金対策など株式会社を別々で設立するメリットなどもありますが、どうしても一つの株式会社で複数の事業を展開したい為、他の方の意見を参考にしたいと思い質問させていただきました。

最後に、今行なっている事業がaという屋号で株式会社にする商号がbだとした場合、名前は違うが同じサービスとして展開してもよいのでしょうか?

私がイメージする株式会社とは、ただ会社概要などこういう事業をしていますよ
という会社の情報を伝える為だけにあり(税金対策などは置いておいて)、そこに複数の事業を展開しているイメージ、いわば全ての事業の信用面、イメージをあげる為だけに存在すると思っているのですが間違いなのでしょうか?

質問内容がバラバラでわかりにくいかと思いますが、分かる範囲で良いのでご回答いただけますと幸いです。

投稿日時 - 2017-02-15 03:39:56

QNo.9293985

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

何をやろうとしているのかよくわからないのですが、以下のような認識で良いですか?

現状は、a屋という屋号で事業Aを行っている。
将来は、b株式会社で事業Bを行いたい。
そこで、今のうちにb株式会社を設立し、
b株式会社としては事業Bを行わずにサイトを作るだけにしておくことで、
b株式会社の名前を売って信用を高めておきたい

ということでしょうか?
そうであるという前提でお答えします。

まず、株式会社を作ることは可能です。
しかし、b株式会社はサイトがあるだけで事業Bを行っていないわけです。
すると、事業Bの顧客となる消費者は、b株式会社のサイトを見て、b株式会社に事業Bを依頼しようとします。しかし、事業は行っていないわけですから、顧客からの依頼を断ることになります。事業Bのニーズがある多くの消費者からの依頼を断り続けると、消費者の間で
「b株式会社は事業Bを行っていないので、事業Bを依頼したかったらb株式会社はだめだ」
という認識が広まります。
つまり、b株式会社はだめな会社として名前が広まってしまうことになります。
ですから、事業を行わない株式会社を作っておくということは、害にしかなりません。


次に、他の回答者への捕捉にあった質問ですが

>決算報告はa事業でも可能なのでしょうか?

b株式会社を設立すると毎年確定申告が必要になるので、事業Aの内容でb株式会社の確定申告が可能かどうか、という質問ですね。

b株式会社の確定申告ですから、領収書にはb株式会社の名前が入っていなければなりません。ですから、b株式会社の名前で仕入れて、b株式会社の名前で仕入れ代金を支払い、b株式会社の名前で売って、b株式会社の名前の請求書を発行し、代金を受け取ったらb株式会社の名前の領収書を発行しなければなりません。
これは、b株式会社が事業Aを行っている、ということになります。


>a事業は子会社という形にしたいのですが、それは可能なのでしょうか?

子会社というのは、親会社が実質的に支配を行っている法人を指します。ですから、a事業を子会社にするということは、a事業を行うためにもう一つの株式会社aを設立して、これをb株式会社の子会社にする、ということになります。


>a事業が個人事業なのですが、企業様とも今後お取引することを考えている為、どうしても会社としての信用をつくりたいのですが、どうすればよろしいでしょうか?

「会社」としての信用を作るとしたら、a事業を行うためのA株式会社を作るということになるかと思います。ただし、本当の信用は、株式会社であるかどうかではなくて、事業の内容とその品質です。それがまず第一番に考えるべきことです。そのうえで、取引したいとお考えになっている企業様の方針が、個人事業主とは取引をしない、ということであるなら、その時に法人化を考えても良いかと思います。

投稿日時 - 2017-02-17 18:33:00

お礼

詳しくご回答いただき誠にありがとうございます!
大変わかりやすくとても勉強になりました。

今回の回答で私が気になる答えが全てわかりました!
他のご回答者様の補足まで詳しく説明していただきありがとうございます!

投稿日時 - 2017-02-17 23:18:22

ANo.3

株式会社の定款というものをご存じないのでしょうか。

>ただ会社概要などこういう事業をしていますよという会社の情報を伝える為だけにあり(税金対策などは置いておいて)、そこに複数の事業を展開しているイメージ、いわば全ての事業の信用面、イメージをあげる為だけに存在すると思っているのですが間違いなのでしょうか?

間違いです。
定款というものをご存じならこういう発言はありえません。

複数の事業をするならそのそれぞれの事業をすると定款に記載し、公証人に認めてもらい、資本金を銀行に預け、登記所に持っていき承認を得るのです。
「こういう事業をしていますよと」いうのは公告作業であり、本来の株式会社の目的としては認められません。
というか、すべての株式会社がやらなければならない義務です。

活動しない株式会社というのは、動きはなくても口座を使いなんらかの経済活動がなければ成立しません。
当然活動しているという報告をしなければならず(決算報告)それに従って税金を支払う必要があります。
儲けがなければ事業税は抑えられますが、地方税は必ずどんと課せられます。
活動していなければこれらのお金を払うだけのものであり、収入がなければ無意味に税金を払うだけのものになります。

会社というのは法人ですから人格があるのです。当然私は顔はありませんなどという自由はありません。

ひとつの会社で複数の事業を展開したいのであればそれらの事業の内容を決定し、これとこれをやるのだと定款に記載して、初めて会社が成立できるのです。

投稿日時 - 2017-02-15 10:37:01

補足

ご回答ありがとうございます。
また大変分かりやすく教えていただきありがとうございます。
会社の設立を考えているにも関わらず、自分の勉強不足に気づく事ができました。
今回教えていただいたことも含め、経営者になる者としてすぐに勉強します。

補足で伺いたいのですが、株式会社を設立するならば、会社として活動が必要だというのを理解しました。
私としてはある事業を個人で行い株式会社の設立が必要になった際は、商号を別にし会社を設立したいと考えています。

例えば、aという屋号で個人事業をし、会社設立が必要になれば、bという商号で会社を設立するという事です。
そこで疑問なのですが、とりあえずはa事業の屋号はそのままで、株式会社の商号は別にしますが、決算報告はa事業でも可能なのでしょうか?

どういう風にご相談すれば良いかわからないのですが、
株式会社を設立したとして、今行なっているa事業とは別の事業内容で株式会社の運営を行っていきたいと考えています。
ですが、そうなると今回のお話でも教えていただいたように、決算報告が必要だという事で、
まだ新しい事業にまで手が回らない状況ですので、一旦は今のa事業での活動報告をし、新規事業が出来るようになった段階で、新規事業を株式会社の活動内容に変更し、a事業は子会社という形にしたいのですが、それは可能なのでしょうか?

今のa事業の屋号ではなく、別の名前で決めた商号にどうしてもしたいのと、株式会社での事業も今のa事業ではなく、考えている新規事業で運営をしていきたいので、最終的にはa事業は子会社という認識にしたいです。

ですので、a事業と株式会社の商号を一緒にはしたくないのですが、今はa事業のみしか行っていない為、上記が可能か疑問に感じました。

またもし無理な場合、a事業が個人事業なのですが、企業様とも今後お取引することを考えている為、どうしても会社としての信用をつくりたいのですが、どうすればよろしいでしょうか?

質問ばかりで申し訳ありませんが、根本的な部分を理解していない為、何をどう調べれば良いかわからない状況です。

お手数では有りますが、ご回答いただけますと幸いです。

投稿日時 - 2017-02-16 16:14:13

お礼

お忙しい中、ご回答いただきありがとうございます。

投稿日時 - 2017-02-16 16:14:19

ANo.2

実際は活動しない株式会社を設立すること→OK

>株式会社を設立した後、業種の異なるサービスを展開する予定ですので、
>この会社は畑違いのサービスをしていて逆に信用がないな。と思われそう

特にそんなことはありません。会社理念に沿っていれば問題ありません。
そういう会社はたくさんあります。

、今行なっている事業がaという屋号で株式会社にする商号がbだとした場合、名前は違うが同じサービスとして展開してもよいのでしょうか?


問題ありません。商標登録が問題になるのは有名になってからです。

投稿日時 - 2017-02-15 09:50:03

ANo.1

いいんじゃないでしょうか?

一人で何社作ったって構わないものですので。
国としてもなんら問題はありません。
ただ、一つの会社に対して、設立時に6万円程度、そのあと何もしなくても、毎年1社あたり10万円程度の税金収入にはなるのですから現実的に何も事業をやって居なくたって、国や自治体などは何も文句を言いません。

信用という面では、取引する会社は、単に会社があるだけでなく、数年分の決算書を要求したりします。
決算書を見ればその会社が何も動いて居ないのか、ペーパーなのか、実際に仕事をやって居るのかなどもわかりますからね。

投稿日時 - 2017-02-15 05:08:11

あなたにオススメの質問