こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語教育選択制の利点欠点限界盲点とは?

英語教育選択制の利点欠点限界盲点とは?

国家から見た英語教育選択制と
個人から見た英語教育選択制、
言語、語学の専門家(学者)から見た英語教育選択制.
皆さんから見た英語教育選択制とは?

英語カテゴリー皆さんの
ご回答のほど、
お待ちしております。

知恵袋 英語カテゴリー
skyrabbit426さんの質問からの引用。
(この質問に触発されて、この質問は生まれました。)
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12169695952
英語教育についての質問です。もう英語は選択科目で良い気がします。
観光客に話しかけられた時=相手が英語圏、英語を話す人とは限らない。私たち日本人は外国人の専属案内人ではない。英会話が社会で必要=一部の会社を除いて日本語のみで問題なく仕事ができる。
国境や人種を超えてグローバル化しましょう。=英語だけだとグローバルは無理がある。数か国語は押さえとかないときつい。
これからは英語が必要!=同じことを言い続けて100年以上たってます。
皆さんはどう思いますか?選択科目にすれば、英語が嫌いだからという理由で授業妨害する人が減り、
ネイティブ発音の練習をしても笑う人などいないでしょう。

(この質問に対しての私の回答)
国際社会では、
一つの言語を知っているモノと、
複数の言語を知っているモノ
どちらが有利かは自明ではないだろうか?

ただ、
早期教育に英語を教えたり、
初等教育から英語教育をする場合、
経済格差、親の子ども達への熱意などで
金持ちの方が有利になりがちになると
思うので、(私立はまた別だが)
初等教育から英語教育を導入するならば
国は全て子ども達が
お金に関わらず英語を学べる
環境造ってからでないと、
貧富の格差が子ども達に受け継がれて
しまうので、
先に環境を整えてから
初等教育に英語を導入するならば
私は賛成する。

https://scholar.google.co.jp/scholar?q=英語教育小学校&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5&oq=英語教育

https://scholar.google.co.jp/scholar?q=英語教育+選択制&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5


https://scholar.google.co.jp/scholar?q=英語教育+経済格差&btnG=&hl=ja&lr=lang_en%7Clang_ja&as_sdt=0%2C5

投稿日時 - 2017-01-27 22:15:06

QNo.9286654

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まずご質問の前提として、日本で中学校での英語(外国語)がずっと必修であったとお考えであれば、少なくとも制度上は事実とは異なります。実はかなり最近まで文部科学省の学習指導要領では外国語は選択教科となっていて、必修教科となったのは、2002年(平成14年)からです。しかし、実態はといえばご存知のとおり、戦後に新制中学校ができて以来、ほとんどすべての中学校では外国語(ほとんどの場合英語)の授業を行っていて「事実上の必修教科」でした。

ほとんどすべての高校や大半の大学の入学試験で英語が課されることを考えても、「英語を教えない」という選択肢は選べなかったからです。この事情は現在も変わっていませんので、再び外国語を選択教科に戻しても結局のところ「選択しないという選択は事実上不可能な選択教科」=「事実上の必修教科」になるだけでしょう。

投稿日時 - 2017-01-28 05:57:03

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-01-28 16:36:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

英語圏に移民して30年以上になります。英語で生活し、日本語を忘れないようネット使用したり日本人サークルにも積極的に参加してます。

ニュースも英語と日本語で取り入れると全く書き手によって見方が違うのです。英語でもイギリス側アメリカ側オーストラリア側、その他の国の記事も英語版が出ていますから読めます。これは日本語だけで他の情報に耳を塞いでいたとしか思えません。

誰かが翻訳して噛み砕いて記事にしてくれるまで情報は入らない、という立場を自分で選択しようとは思いません。情報力は力です。

日常の話し言葉として、なんていうのはオマケです。英語圏だけでしょ、とは思いません。ロシア人もドイツ人も英語の読み書きをして情報交換します。

明治時代に日本語は標準語で統一され博多弁で暮らしながら標準語を操るようになりましたよね。それに近いです。慣れです。

異国に在住すると英語を母国語としない優秀な人材を目にします。2ヶ国語は当たり前で3ヶ国語以上がチラホラと結構います。世の中はディーン・フジオカ化していくのではないでしょうか。個人においてのボーダーレスは拡散していきます。

投稿日時 - 2017-01-28 06:34:56

お礼

ご回答のほど、
ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-01-28 16:36:36

あなたにオススメの質問