こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

コンポスピーカーのバスレフ効果向上

コンポはパナソニック SC-PMX100です。
スピーカーはバスレフ型で吹き出し口が背面になってます。
スピーカーの背面と部屋の壁は添付画像の通りで
・左側スピーカー背面は襖
・右側スピーカー背面は仕切り壁(画鋲さすことできる硬さ)

質問:左側スピーカーと襖の間に1cmの板を置いた場合(襖と密着)バスレフ効果は上がりますか?又この他に良い方法ありましたらお願いします。

投稿日時 - 2017-01-22 08:53:39

QNo.9284283

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

後ろの壁から40cmも離れているのであれば、ほとんど意味はないでしょう。バスレフの共振周波数は60Hz~80Hzくらいでしょうから、指向性(音波の直進性)はほとんどありません。つまり、ポートから出た低音はすぐに部屋全体に拡散するので、小さな板きれ1枚くらいだと無いのと同じです。

敢えて言えば、ポートからは中高音も漏れ出していることが多く(特にミニコンポだと盛大に出ている可能性が高い)、板を置けばそれが反射して聞こえ方に影響することはあり得ますが、イラストのサイズ感からすると、これも大した違いは生じないでしょう。

「左右のスピーカーの設置場所の条件を揃える」という意図であれば、最低限、襖の素材を壁と同程度に低音を反射するものにするくらいのことが必要です。引き戸で固定されていないなど条件が違いますが、部屋全体としては低音の遮音性が上がるでしょう。

あるいは、壁も襖も全体を分厚いカーテンで覆ってしまうのも1つの考えです。低音にはほとんど影響しませんが、中高音の条件はある程度近づきます。襖というのがイラスト通りのサイズで、部屋の仕切りではなく納戸のような構造になっていて、中の壁は、イラストの右側の壁と同じような素材ということであれば、むしろこちらの方が適切かも知れません。

実際の部屋を見たり、音を聞いたりはできないので、ご参考まで。

投稿日時 - 2017-01-23 09:45:38

お礼

ありがとうございます。
詳しい説明感謝致します。おかげさまで無駄な抵抗と判りました(笑)

投稿日時 - 2017-01-23 15:29:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

はじめまして♪

「バスレフ効果」は、「スピーカーシステム」として出来上がっていますので、「効果を殺す」事は出来ますが、本来の機能よりも「効果を高める」事は出来ません。

しかし、スピーカーシステムから室内空間に放たれた「音」に関しては、アル程度調整が出来ます。
これが、スピーカーのセッティングによるチューニングと云う部分です。

低音側、周波数が低く成る程、重くて固い物で「音が反射」出来やすく成ります。
このため、後ろに回り込んだ「低音」の多くが筒抜けに成る「ふすま」に、厚めの板を用いる事は、理に適う方法の一つ。と考える事が出来ます。

しかし、低音域の波長は結構長いので、後ろの板もそれなりに「大きい」方が、チューニング効果が多く出てくるだろう。と予想されます。
(出来れば、ふすまと同じくらいのサイズ。)

硬い板の表面は、中高音域もたくさん反射しちゃうので、中高域も多く成れば、低域増強という意味では「効果が出にくい」ともなります。
そこで、中高域の反射を減らすため、特にバスレフポート正面を重点的に「中高域の吸音」なども併用された方がベターだろう。と思います。

多くの「バスレフ方式」で、バスレフポートからは狙った周波数だけでは無く、中高域側も結構漏れ出ています。箱内で乱反射してから漏れ出て来ているので、「音の濁り」に感じやすい場合も多いので、「反射」と「吸音」を上手に組み合わせながら、置き方を工夫するのが「より良い セッリングチューニング」と考えて下さい。

この他にも、スピーカーの前側、室内の反射等をコントロールする事で、より好ましいサウンドが得られるように出来ます。

過大な効果を期待すると、あれ?こんなものか? というケースも少なく在りません。

「低域増強」と考えるよりも、「中高域の荒れた音が減って、低異音感も撚り明確に感じられる。」という微妙な変化を体感してみて下さい♪

ハデに、勝手に「ブンブン」「ぼーぼー」鳴る低音感と、本来の音楽的低音感。
一聴すると前者の方が「迫力」が在るように思えたりしますが、良質な低音感をしっかり感じ取れるようになると、数ランク高いサウンド世界観を楽しめます。

一気に解決はムリでしょうが、ステップbyステップでレベルアップしていきましょう。
がんばってください☆

投稿日時 - 2017-01-23 18:32:51

ANo.3

試しに壁のほうにクッションなどを置いてみてください。
もし、低音が弱くなったと感じるようでしたらふすまに板を取り付けてみる価値はあるかもしれません。

投稿日時 - 2017-01-23 12:39:07

お礼

ありがとうございます。やってみます。

投稿日時 - 2017-01-23 15:30:03

ANo.1

形の上ではダブルバスレフですね。
低音域の増強が狙いと推察します。

ダブルバスレフは弦楽器やパイプオルガンから低音域がからダラダラと
出てくるクラシックの音楽には、効果は有りますが、J-Popみたく、
エレキベースでボンボン低音を出す音楽には、スピーカーからの直接音
と混ざり合い、ピークやデップが発生して狙いとは違った音に成る場合
があります、この音が気に入る場合もあります、やってみないと解らない
が回答になります。
色々な事を試すのが、オーディオの楽しみの一つなので、財務省と相談
しながらですかね・・・

投稿日時 - 2017-01-22 09:36:22

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-01-23 15:30:28

あなたにオススメの質問