こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

レジ不用のAmazon店舗 の仕組みは

レジ不用の店舗 Amazon Go では、QRコードやバーコードも特殊な買い物カゴも必要なく買い物ができるようになるというAmazonの店舗はどのような仕組みなのでしょうか? 記事では機械学習によるものと書いてありますが、AIは何を学習して、どのような仕組みでレジも特別な買い物カゴなく買い物ができるのでしょうか?

投稿日時 - 2016-12-08 02:02:25

QNo.9265416

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

たぶん、江戸時代のお店と同じ仕組みなのでは?

江戸時代のお店も、お客はお店の商品を店頭や自宅で選び、そのまま商品を受け取り、その場では生産はせず、みそか(月末)にお店は精算にお客の自宅を訪問しました。
何を買ったかを記録するのは当時は店員の役目で、記録を残していました。その記録をもとに請求をしていたわけです。店員に話しかけずに商品を取って行く人がいても、どこどこの誰、というのがお店の人が分かっていれば、ふつうの購入行為だったんです。まあ、ふつうは挨拶はすると思いますが。
当時のお金はあまり使い勝手が良くなく、現金でそのまま商品と交換するという使い方にあまり向いていなかったんです。お札に相当する金貨と、小銭とに、一律の交換ルールがなく、ドルと円のように通貨単位が異なっていたんですね。価値が安定していた金貨(小判)を基準にすると、商品ごとではなく、ツケにして月末にまとめて集金するという方式が理にかなっていたのです。
ちなみに三井、三越が江戸時代に最初に現金売掛という今では当たり前のその場で商品価格のお金と交換して売るという方式を取り、庶民もお店で買うことができるようになり大ヒットして今の財閥としての基礎を築きました。当時、貧乏人は行商人や露天商から買うしかなかったんです。

Amazon goは、この店員の目と記録の役割を、店内をくまなく撮影するカメラが果たしていて、お客が何をいくつ買ったかを記録する仕組みなんじゃないかな。そして、精算はAmazonアプリはカメラに写っているのが誰かを把握する役割で、Amazonサイトに登録されている方法でまとめて精算するのかと。
最初にアプリで認証させるのは、支払いができないようなヒトを最初に除外することも兼ねているんじゃないかと思います。

投稿日時 - 2016-12-08 06:52:25

ANo.1

実際のシステムを見ているわけではないのですが、Amazon GOを取材した記事を見る限りで。

まずは、入店時に監視を開始するために専用アプリを立ち上げてゲート上でタップする必要があります。アプリの立ち上げは不要で、電子マネー取引のように扱えるかもしれませんが、「ゲートでタップする」動作は必要です。これによってAmazon.co.jpでいうところのカート(買い物かご)が使えるようになると考えてください。
入店したことを検知したシステムはカメラとセンサでその「監視対象」が何を手にしているかを確認します。おそらく、店内には「人物(スマホ)の位置を特定するカメラとセンサ」と「商品在庫を把握するカメラとセンサ」があるはずです。
ある商品の前に立ち止まった人物が目の前にある棚のある範囲の商品に手を伸ばせると想定します。商品棚の前をスマホとカメラとセンサで特定し、そのうえで手に取ったものが何かを商品棚側にある在庫管理のセンサ等で検知し、商品が減れば「カートに入れる」状態に。
AIの学習とは、この位置特定と在庫管理関連でしょう。
つまり、ある特定の位置にあるスマホを持っている人物が何か商品を手にすれば、「在庫をマイナス1して、カート(商品は袋でも段ボールでもカバンでも手持ちでもOK)にプラス1する」し、「ある特定の位置の商品をカートに入れたが、戻したらカートをマイナス1して、在庫をプラス1にする」よということを学習させるのです。
これによって、普通の買い物をするように商品を手にすると、スマホ上には購入予定商品が次々とリストアップされていきます。
最後に、入店時にも通過したゲートをスマホと一緒に通過すると、カートにリストアップされた商品が持ち出し→精算という形になって、Amazon.co.jpでいうところの注文確定となります。
注文確定したものは、あらかじめ決められた決済方法(おそらくAmazonアカウントと紐づいていて、クレジットカードなどの決めていたもの)で支払いが確定します。

よって、在庫管理も理論上は「持ち出したものはすべて清算」になるのでシステムが全部やってくれます。盗難についてもアプリをかざして入店しなければならない以上、持ち出すのは難しい(ゲートから入ってゲートを抜けないと店から出られないのでポケットに入れても清算されてしまう)と考えられます。
レジが行っている精算業務は手に持った時点で、レジでいうところの「読み取り」が行われ、最後にゲートをくぐること(店外に出ること)で「請求完了→所定の方法で決済完了」つまり「読み取ったものを小計して、支払い方法を選んで、支払いを完了する」ところまで全部自動でやってくれることになります。

投稿日時 - 2016-12-08 03:05:01

あなたにオススメの質問