こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Apple Payのアナウンスが分かりにくい気が

一部間違えていたら申し訳ありません。

昨日、モービルのセルフステーションに立ち寄りました。その時「Apple Payが使えるようになりました!」とでかでかと書いてありました。

他の店舗を含め、開始前から色々記事やら発言やらを見聞きしていましたが、結局、Apple PayのSuicaを使うには、Suicaが使えるお店で、Apple PayのQUICPayを使うにはQUICPayが使えるお店で使えるわけですよね。そして、例えばコンビニで言えば、レジ側は、電子マネーの交通系を選ぶわけですよね。

なのに、まるで別枠に記載していると、ユーザー側としては、Apple Payを使いたい、といい、SuicaとかQUICPayとか、結局は何で支払うかを伝えない場合があるのも当然かと思います。

POPとしては目を引きますが、ネット上や私の周囲の方からのお話を聞く限りでは、あえて書いてあるのも、なんか現場泣かせな気がしています。

逆に、私なんか、以前ビックカメラで、Galaxy s7に入っているSuicaまたはEdyで支払おうとしたら、使えなくて、こちらのせいにされたのですが、納得いかず本部経由で該当店舗責任者から折り返しの電話があったときには、使えないと全店周知していたのに申し訳ありません(全店周知から実際に使おうとしたときまでは3か月以上経っていました。)とお電話がありまして。そういうことこそレジに一言書いたりするべきだと思うのですが、逆にApple Payの表記は混乱させるだけな気がします。

調べた限りでは関係ないようでしたが、実際はApple Payの表記がある店舗以外では、Apple Payを用いての支払いは出来ないのでしょうか。調べた限りでは、Apple Peyだろうが、SuicaはSuicaだから、Suicaの使えるお店で使えると見たのですが(一部、駅のチャージ機械など、カードタイプ以外は取り扱い不可な所があるのは、もちろん承知しています。)、どうなのでしょうか。使えるお店が限られるとしたら、表記は必須だと思いますが、やはりApple Payだけ別対応しないと使えないというわけでないということなら、もう少し表記を考えて欲しい気はします。使えますと書くのは悪くないのですが、使えるカード・電子マネーブランド一覧も書くのはやり過ぎな気がします。

クレームではないですし、ぶっちゃけ私はiPhone7は持ってますが、XPERIAで使ってますし、関係ないのですが、皆さんがどう思われているのか、また関係者の方がいらっしゃって、別表記が必要な理由があればお伺いしたかったので質問させていただきました。

変な質問でしたら申し訳ありません。

投稿日時 - 2016-11-24 21:45:30

QNo.9259867

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> Apple Payの表記がある店舗以外では、Apple Payを用いての支払いは出来ないのでしょうか。

Apple Pay の表記がなくても、Suica、QUICPay、iDの表記があればそれぞれの方法で使えます。

実際に使う時も、Appleの公式ページ「Apple pay - 始め方」にも以下のように書かれています。
「まずレジの担当者に、QUICPay、iD、Suicaのいずれかで支払うことを伝えてください。」
使う側もお店側も、Apple payではなく3つのいずれかの方法で払う意識なので、確かに「Apple payが使えるようになりました!」と言う表現は違和感がありますね。

なお、iDはよくわかりませんが、Apple payのQUICPayは今までのQUICPayとは若干違いがあり、QUICPay+と言うものになっています。
http://www.quicpay.jp/quicpayplus.html
上記ページにも記載されていますが、QUICPay+対応店では2万円以上の利用ができるようになりました。

投稿日時 - 2016-11-24 22:37:29

お礼

早速のご回答ありがとうございます。

ご回答の認識間違いがあったら申し訳ないですが、結論としては、従来のFeliCa決済と同じで、従来通りのブランドの指定をした上で決済処理するということで、Apple Pay用の項目がPOSレジや電子マネー・クレジットカード共通決済端末にあるというわけではないのですよね。QUICPayも、利用可能額が変わっただけで、店舗処理としては結局のところ、QUICPayはQUICPayなのですよね。まあ、電器店など、それを知らずに、QUICPayは2万円までしか使えないですよ、と対応する店舗もなくはないでしょうから、だとしたらApple Payの、と付け加えは必要かもしれませんが、多くの方が利用しそうな、いっても何千円かまでの間のコンビニやスーパー、交通網利用などに関しては、仰って頂いた通り、違和感がありますよね。

昨日、調剤専門薬局のココカラファイン薬局に、風邪の診察後に行きまして、以前だいぶ前に行った時にはクレジットカードで支払っていたのですが、電子マネー決済端末が見えたので、聞いたら、SuicaやEdyは使えますと言われ、ではEdyでお願いします、と言ってスマートフォンをだしたら、え?それだと使えるのかな?と不安がっていまして。おサイフケータイですらそんな認識をうんでしまっている中で、更にApple Payを別枠にするような表記をしてしまったら、余計混乱する気がするのでは、と改めて思いました。

冷静になって考えてみても、まだモービルのパターンは、宣伝の域(Apple Payが使えるようになりました、と書くことでの集客効果と、Apple側の端末販売促進と、各電子マネー・クレジットカード会社の顧客獲得促進)かと思いますが、コンビニに関しては、支払い方法として使えるカード・電子マネーのブランドが、小さい四角形の枠の中に入る形で羅列されてますが、それと同じ所に含まれて表記されているのですよね。あれだと、確立されたひとつのブランドになってしまう気がしまして。下にとても小さく「Suica・iD・QUICPay」とは書かれてますけど。また話は違ってしまいますが、というかしてほしくないですが、これがおサイフケータイマークも同様に含まれているなら書いてあっても不自然さはない気がしますがね。まあ、Appleだけ特別にするのは今に始まったことでないですし、実際、利益効果があるのはわかるから良いのですが、仕組みをよく知らない利用者からしてみたら、店舗の現場側も利用者側も混乱しますよね。

おかしな日本語ばかり、またお礼で脱線してしまい申し訳ありませんでした。決済処理に関しては認識が間違えてなかったようで良かったです。また、私はモバイルSuicaユーザーで、Suicaしか興味がなかったので、新たにQUICPayの仕様が違うことを教えていただけて良かったです。実際に相談される機会は、おサイフケータイの事でさえ一度もなかったのでないと思いますが、参考にさせていただきます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-11-25 14:10:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問