こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

先進・環境装備"非"搭載の新車セダン(クーペ)

今や新車を選ぶ上で当たり前になりつつある
・アイドリングストップ
・CVT(主に国産ですが)
・自動ブレーキ(音での警告のみの軽度のもの含めて。)
…を搭載していない新車のセダンかクーペを探しております。(できればセダン)
購入予定は2018年末です。予算は乗り出し400万円台まで。
(あくまで現時点での選択肢で結構です)

現在私が把握している選択肢は以下になります。
それ以外の選択肢はありますでしょうか?

国産セダンではマークXくらいでしょうか。
実際、これの350Sグレードが購入できるのならベストであります。
しかし、近々あるかもしれないマイナーチェンジで自動ブレーキが搭載されかねないです。
他の選択肢を考えておきたいです。

国産クーペは86がありますが、現在の所有車です。
BRZ含めそのまま買い替えも次点の選択肢ではあります。
フェアレディZは購入時にあればいいですが、フルモデルチェンジが近いようです。
今のご時世、アイドリングストップや自動ブレーキが入る可能性が…。
国産クーペは選択肢が上記の通りにありますが、今回はできればセダンを考えております。

国産セダンのMTならWRX STiやカローラアクシオがありますが、MTは実用上避けたいです。

あとは教習車ベースのコンフォート(ガソリン仕様)やアクセラ。
(個人で購入できればですが)

外車ならVWのビートル。(クーペ)

また、最近発売されたBMW318iはサイトを覗いた限り、上記装備を連想させるワードが見つかりませんでした。自動ブレーキ系はOPの模様。(主要装備を一覧で見れるページが見つかりませんでしたが…アイドリングストップは今や記載すべきもなく標準装備でしょうか…?最廉価のSEグレードで非搭載なら…)

他はアバルト124にクーペバージョンが出るかもしれません。ネット情報ですが…
オープンバージョンでは上記条件を満たしているようです。(維持管理の面でオープンは避けたいですので、今の時点のオープンなら選択肢ではないです。外車なのに右ウインカーは魅力的ではありますが)

補足
アイドリングストップはボタンで解除できることが多いようですが、エンジン始動の度にいちいち解除しないといけないようです。始動と共に解除(or前回の設定を記憶)する装置もあるようですが、純正の装置ではないので除外で。
自動ブレーキも手動で解除できるかもしれませんが、切った状態で事故でも起きたら漫然運転とされかねないので、完全非搭載で。
CVTは段付き変速モードがあっても不可です。CVTの無段を殺しているのでそれはそれで違う気がします。(CVT以外と書きつつも先述の通りMTはなるべく避けたいです。)
あと、燃料はLPG以外で(教習車を選択肢に挙げてしまったので念のため)
クーペで2人乗りは可です。

拙文ですみません。
ご回答、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2016-10-22 22:10:11

QNo.9246348

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 各社(日本メーカー)調べてみましたが・・・

 トヨタ :86かマークX
 日産  :フェアレディZ
 スバル :BRZ(レガシー等でもMT以外はアイサイトか安全装置標準で装着)
 三菱  :該当なし(プラウディアは400万ちょい超え、かつ車線外れ警告有り)
 ダイハツ;該当なし(セダンはカムリOEMだけ)
 スズキ :該当なし(セダン・クーペがない)
 マツダ :該当なし(アクセラ・アテンザ・ロードスターに至るまで接近警告の安全装置装着)
 光岡  :該当なし(基本外装変えただけなので、安全装置・CVTを引き継いでます)

 三菱のブラウディアが車線外れかけたときの警告と全車との車間狭まるとアクセルペダルを戻す方向に力を出す程度で比較的簡易的なアシストですね。

 マークXにはトップグレードのプレミアム3.5Lにて、ブレーキアシスト付きクルーズコントロール・プリクラッシュセーフティシステムがあるので、今後安全を前面に出していく路線になると他グレードに展開される可能性はありえますね。

 ところで今更ですが、横滑り防止装置やABSは数年前から全車種に設定が義務化されてます。これらはステアリングやブレーキが一定の条件で強制介入しますが、それらの安全装置はOKで自動ブレーキがダメな理由は何故でしょうか?信頼性の問題でしょうかね?


 猫も杓子もハイブリッドになってきた現在では安全性を売りにする流れになっていくのは間違いないです。質問者様の条件を満たす車は減っていく一方ですね。18年末と今から2年後には上述した車種も選択外になる可能性高いですね。


 とりあえず日本車を探してみました。簡単ですが、参考になりますでしょうか?

投稿日時 - 2016-10-23 03:53:17

お礼

ご回答ありがとうございます。
やはり選択肢は少ないですね。

次の車の判断基準として、
・自身の運転に意図せず介入してくる機能を有していないこと。
・できれば10年以上乗りたいので、余計な電子機能が付いていないこと。
があります。

CVTはただ単に変速のフィーリングが合いません…耐久性も気になります。
ただ、DCTはCVTよりも耐久性が劣るかもしれません。VWの初期のものは問題が多かったとか…ホンダのフィットHVの初期型とかも。

横滑り防止装置やABSや基本的に発動はしません。
自動ブレーキにも同じことが言えますし、そもそも危機的状況に陥ったらあった方が結果的に助けられるはずですが、1番運転に介入されうる機能ではあると思います。地域的に強引な割り込みが多いですので…
それでも不要と思うのは、感情的にはMTに固執する年配ドライバーに近いでしょうか。
またご指摘のとおり、信頼性に関する部分として技術的に発展途上であることや耐久性が疑問です。
さすがに次の次を探す際は信頼性も十分となるでしょうし義務化されているかもしれません。そもそも年も取って判断力も落ちてきますので、自動ブレーキ等の安全装備が判断基準として大きくはなると思います…。


(訊かれていませんが)
アイドリングストップを拒否するのは、1度搭載車を使用した際に減速から停車の寸前に(この時点でエンジンはストップ)、カックンしないようにブレーキを引いたらエンジンが始動し、完全停車しても掛かりっ放しでした。
この場合は余計に燃料を消費します。
この機能を活用するのなら、わざとブレーキを下手にしないといけません。
人を乗せる機会もありますので、下手なブレーキを意図的にしたくはありません。
(これはHVでは発進がモーターのみで可のものなら起こりませんが10年以上持つかは疑問です。電池交換も高いと聞きました。)
あと、バッテリーやオルタネーターが基本的に強化品で交換時に高コストなのもあります。

…また長くなりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-10-23 07:51:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

>MTは実用上避けたいです。

この際ンな選り好みしてないでむしろMT縛りで選択した方が結果的に質問者様の要望を満たす結果になりそうなんだが。
免許取得してからずっとMT乗ってるが何も実用上の問題なんか無いぞ?強いて言うなら渋滞はまるとウゼーくらいだが、それにしたって強化クラッチでも無ければ無問題。慣れだよ慣れw

投稿日時 - 2016-10-26 16:16:36

お礼

ご回答ありがとうございますした。

投稿日時 - 2016-10-29 20:04:16

ANo.5

No.3 です。
止まる前のアイドリングストップは過去の仕様だと思います。
再起動のタイムラグとバッテリー消耗を最小限にする為に圧縮上死点直前にクランクを持って行かないと駄目なので停車かどうかよりクランク位置でエンジンを止めるからです。
最近のエンジン形式だとセルモーターの型式が変わって消費電流が少なくなったこともあり、停車してから止まるようになっています。(国産車で今もクランク位置で止める車種があるなら停車前にストップしますね、でもモデルチェンジでエンジン形式が変われば無くなると思います)

ワーゲングループ(VW,Audi,Porsche)はアイドリングストップの切り替えがシフトレバー周辺にありました。

まぁ、ABS,ESP,同様、自動ブレーキ,レーンキープ,アイドリングストップ,ACCも標準装備になりつつありますね。GOLF7で切れないものはABSだけでした。

投稿日時 - 2016-10-25 07:40:01

お礼

再び回答ありがとうございます。
国産コンパクトカーながらアイドリングストップ作動条件について調べてみました。

トヨタ・パッソ
停止前(9km/h以下)で作動

スズキ・ソリオ
停止前(13km/h以下)で作動

ホンダ・フィット
日産・ノート
マツダ・デミオ
停止後作動

パッソは比較的最近の車種だと思いますが、それだけ取り上げても仕方ないですね…これが以前にアイドリングストップで不愉快な思いをした車種です。
止まる前に停止していて、止まる直前にブレーキ引いたらエンジンが始動したのはこれで経験しました。

以下URLは情報ソースです
ttp://toyota.jp/passo/performance/performance/?padid=ag353.jppasso_top-performance-more
ttp://www.suzuki.co.jp/car/solio/performance_eco/
ttp://customer.honda.co.jp/faq2/userqa.do?user=customer&faq=faq_auto&id=66953&parent=60074
ttp://www2.nissan.co.jp/PUREDRIVE/is.html
ttp://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/driving/economy/?link_id=sbnv

投稿日時 - 2016-10-26 05:37:49

ANo.4

 ANo1・2です。アウディのアイドリングストップは見落としてました。HP見づらいからしっかり調べなかったのがいけなかったですね。失礼しました

 代わりといってはなんですが、BMWについて調べてみました。ANO2のお礼のURL先で、画面左上辺りの黒枠に白文字で”BMW 3シリーズ セダン”と表示されている所をクリック、表示されたタブの中の”ドライバー・アシスタント”クリック、ドライビング・アシストの3行目辺りに仕様書いてあります。60km/h以上でウインカー使用せずに車線ふみそうになった場合、ハンドルゆらして警告するとの事。


 アイドリングストップをOBD経由またはECOスイッチだったりで解除できるって事は、私や質問者様の様にアイドリングストップを避けたい要望があるって事ですよね。
 PEUGEOTは開き直ってECOスイッチで切り替えさせて解除可能か心配しなくて良い訳で、潔いと言うかなんというか・・・

 安全装備が追加されると統計的に事故は減るでしょうし受け入れるべきなんでしょうが、個人的には機械が警告してくれるからと安全確認を省く運転になっていかないか非常に不安です。水は低きに流ると言いますからね・・・

 少し余談入りました。今回調べたのが2年後どれだけ安全装置追加されているか不安ですね。希望する車種が残っているといいですが・・・

投稿日時 - 2016-10-25 00:48:55

お礼

回答ありがとうございます。

アイドリングストップ解除について調べてましたら、意外に需要が多いことも分かりました。
ホンダのものですが、よくある質問でも解除の条件に関する質問があるようです。
ttp://customer.honda.co.jp/faq2/usernavi.do?user=customer&faq=faq_auto&id=60074

資金的な都合で購入まであと2年程度かかりますが、絶滅しなければいいですね…

投稿日時 - 2016-10-26 05:42:47

ANo.3

アダプティブクルーズコントロール(ACC)が付いている車は全部自動ブレーキ付きと考えた方が良いでしょう。 ただ、その機能を無効にできるかどうかで、その辺は実車で確認しないとわからないと思います(カタログ等には記載していません)。
自動ブレーキは運転者の不注意で衝突しそうになったときに働くので、操縦に介入すると言うよりも補助してくれると考えた方が良いのでは? 実際自動ブレーキが働く状況に持って行くのは相当な度胸が必要です。ただ、高速道路等で直前に(車間が1,2mの所に)割り込まれた場合、車種によっては作動して急ブレーキかかる可能性が有ります。
 国産車で言えばロードスターには自動ブレーキだけついていません。 その為ほかの機能が全て秀逸であったにも拘らず欧州の安全基準でファイブスターがもらえなかったという逸話があります。

 すみません、輸入車に関しては情報が少ないですが、ワーゲンについてはACCが標準装備されていますがフロントアシストを切れば自動ブレーキや車間警報などは消すことが出来ます。 多分アウディ、ポルシェも同様だと思います。
アイドリングストップ(AS)は停車直後(1秒以内)にブレーキペダルから足を離せば止まりません。 渋滞中は煩わしいのでこの方法でストップさせないようにしています。(多分この機能を切る事もできるはずです。) ただ、再スタート時のタイムラグがかなりあるので、気持ち良くスタートするには、横の信号が赤になった時点でアクセルペダルに触ってエンジンスタートさせておく必要があります。
ホンダはどんな時でも強制的にストップしてましたが、最新モデルでは改善されているかも。
ツインクラッチはGOLF7になって耐久性がかなり向上したようです。私のGOLF7は既に6万k走ってますがノートラブルです。

投稿日時 - 2016-10-24 18:11:44

お礼

回答ありがとうございます。

安全装置はあればあるで、いざというときに絶対に助けになることは否定できないのですが、非搭載を選べるのならそっちを選びたいところです。
当方、別に運転がうまいだとか判断力がいいというつもりはありませんが、走る・曲がる・止まる動作にはできれば意図しない介入をされたくありません…。
絶滅しつつあるこの時期に購入し、できるだけ長く乗り続けていきたいところです。

アイドリングストップ(AS)は停車直後(1秒以内)にブレーキペダルから足を離せば止まらないとのことですが、最近は止まる前に切れるタイプもあるようです。
車検時の代車では車が止まる前には既にエンジンは停止し、速度がゼロになる前にカックンしないようにブレーキを引いたらエンジンが始動しました。
かなり不愉快でしたので解除スイッチを探し、速攻で機能を切りました。

ただ、ハイブリッドに関してはモーターのみで走れるものは、ゼロからのスタートはモーターのみになりますので、ブレーキ時に停車前に引いてもエンジンは止まったままでした。
しかし、高速走行を多用しますもので、ハイブリッドでは効率が悪いそうです。
耐久性も気になりますので、電子制御の塊は避けたく思います。

できれば機能を無効にするのではなく、ハナから搭載していないものを選びたいところです。
質問文でも書きましたが、自動ブレーキに関しては事故が起こった際は解除していたということでこっちが不利になるかもしれません。

アイドリングストップを最初から解除している状態にする装置は回路に割り込ませるものが多いようですが、外車の一部車種はOBD経由で解除できるものがあり、以後はずっと解除状態にできる装置があるようです。
これを活用して自動ブレーキのないものに絞った方がいいかもしれないですね。
ttp://www.plugconcept.jp/plug_isc/

投稿日時 - 2016-10-24 23:08:21

ANo.2

 ANo1です。続いて外車編。

 その前に。信頼性について不安だとの事ですか。了解です。
 衝突防止はまだ不安な所ありますが、CVTは世に出てからだいぶ経ちましたので信頼性は上がっていると思います。ただ、CVTは金属ベルトの滑りが大きいのか分かりませんが高排気量では採用されてないですね。(トヨタの1.5L辺りのセダンやらステーションワゴンのCVTには衝突防止装置がもれなくセットで採用されているかハイブリッドになっているので質問者様には論外の選択になってますw)

 アイドリングストップの車種は代車で何回か乗った事ありますが、ディーラーの方いわくバッテリー残量が減っていたりハンドルの舵角が一定角度以上回しているとエンジンかかりっぱなしになりますと聞いた事あります。実際、信号でブレーキ緩めてないのにエンジンが急に始動した事があった様な記憶があります。
 アイドリングストップは各社模索してる段階だと思いますので、まだ様子見なのは同意見です。


 さて、話を戻して
 ベンツ :該当なし(Aクラスはハッチバックですが一応条件満たしてます)
 BMW  :該当なし(3シリーズが409万でしたが、衝突防止装置付き)
 VW   :該当なし(Polo GTIはハッチバックですが一応条件満たしてます。但し、疲労や眠気等で
      通常と違う操作になった場合に音で警告する装置がついてます)
 volvo :該当なし(S60が434万でセダン1台のみ。volvoですので当然安全装置付き)
 Audi :A3セダン(クルーズコントロール時に前車に接近した際にブレーキ・離れると設定速度まで
     加速する装置はありましたが、HPが圧倒的に不親切でわかりづらく断念しましたorz)
 Renault:該当無し(LUTECIA、MEGANEは両車ハッチバックですが条件満たしてます)
 PEUGEOT:508 Allure(アイドリングストップがありますが、HPを見る限りダッシュボードの
      ECOスイッチでON・OFF切り替え可能なようです。ダッシュボードなのでエンジン始動の
      際に再設定は不要に思いますが要確認。HPのギャラリーには写ってないです)
 CITROEN:該当無し(C4はハッチバックですが条件満たしてます)

 こんな所ですかね?セダンがなかったり、セダンが条件に該当しなかったメーカーはハッチバックも検索しておきました。ハッチバック不可なら無視して下さい。

 一応外車の候補はAudi A3セダン、PEUGEOT 508 Allureですかね。
 A3セダンはクルコンついてますが、クルコンは手動設定のため設定しなければ自動介入無しと割り切りました。508 Allureも実際にダッシュボード現物確認してください。

 調べていた際に、いくつかのメーカーで事故で衝突の衝撃をセンサーが感知したら強制的に最大ブレーキをかけて制動距離を短くする装置を付けている所ありました(事故の衝撃でブレーキペダルから足から離れてもブレーキをかけ続けるためと思います)。これは、日本メーカーでは見なかった安全装置です(特許回避できないのか他の理由かは不明ですが)。この辺りも日本メーカー取り入れていくかもしれませんね。

 簡単ですが、参考になりますでしょうか?

投稿日時 - 2016-10-24 03:24:44

お礼

再びの回答ありがとうございます。

ハッチバックはセカンドカーのイメージを持っていますもので、メインの買い替えとして今は除外とさせていただきます。
すみません。
ただ、例外としてルノーのものはデザインは好みですので一時期候補にしておりました。
量販グレードにアイドリングストップが入り、上級のGTは非搭載ですが時間の問題かもしれません…
上級でも比較的価格も控えめですので、さらに選択肢が減ってきたら候補になりえます。

BMW318iは直接メーカーHPで確認できていませんが、画像検索で内装の写真を探したところ、エンジンスタートスイッチのすぐ上にアイドリングストップ解除装置が確認できました。
安全装置は下記URLによりますと、
ttp://www.bmw.co.jp/ja/all-models/3-series/sedan/2015/318i.html
(1)前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ
(2)レーン・ディパーチャー・ウォーニング〔車線逸脱警告システム〕 (ドライビング・アシスト)
(3)レーン・チェンジ・ウォーニング
の3つがあり、(1)(3)はオプションのようです(小さく記載ありました)。
ですので、導入しなければ車線逸脱時のアラームだけとなるかと思います。
(ウインカー点灯時に発動されると除外ですが)

アウディも拝見させていただきました。(下記PDF)
ttp://www.audi.co.jp/dam/nemo/jp/catalogue/a3/my16/MY16_A3_DI_1512.pdf
見ました限りアイドリングストップは強制のようですね…。

プジョーは内装を確認できませんでした…。
ecoスイッチという名称とのことですね。もっと調べてみたいと思います。

アイドリングストップは何やかんやで入ってきますね…

一部機能は妥協しないといけないかもしれません。
安全なり燃費装備ですから、損なことではないのでしょうが…。

投稿日時 - 2016-10-24 22:33:25

あなたにオススメの質問