こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

子育ての後悔

子育ての後悔と不安が常にありつらいです。初めての子育てで、自分自身がうまくコントロールできず、かなりつらいです。
周りを見るときちんとしているお母さんが多いのに、私はなんてできないんだろうと悩んでしまいます。

子供の前では笑顔で遊んでいますが、常に過去を後悔しています。
そんな自分を前向きにさせたいです。

後悔しているのは、生後6ヶ月の時に風邪をひいて小児科へ連れて行った事です。
熱は少しだけで、鼻水と咳でした。初めての風邪で焦ってしまい、すぐに病院へ連れて行きました。
そして隣にいた子供がRSウイルスでうつってしまいました。
風邪からRSになり、20日ほどシロップを飲み続けました。
その時はとにかく治ってほしかった。
でも今思うと、シロップをそんな長期間飲んで大丈夫だったんだろうかと悔やんでしまいます。
そして最近お薬手帳を見て気づきました。後半の薬の量が多いのです。
うちの子供の体重の量よりも多く、1.5倍くらい出されてました。
病院へ問い合わせてみてももう排出されてるし大丈夫と・・・でも6ヶ月で多い量の薬を飲ませていたなんて不安で仕方ありません。
薬を飲んでいる間、二度ほど夜中の授乳中に頭が痙攣のように震えた事がありました。
先生は問題ないということでしたが・・・

今は完治してすっかり元気です。
痙攣もありませんし、その後風邪などひいてません。
今は9カ月になりました。

でも、過去の後悔が頭から離れません。
なぜあの小児科へ、あの時に連れて行ってしまったのか。
なぜもっと様子見しなかったのか。
なぜシロップを飲ませ続けたのか。

こんな過去のことを悔やみ続けるのはおかしいですか?
どんどん子育てに自信がなくなってきます。
子供のためにも前を向きたいのに・・・
皆さんは子育てで後悔している事はありますか?

投稿日時 - 2016-10-19 21:07:58

QNo.9244981

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

きちんと育児をしてると自信があるお母さんはどのぐらいいるのでしょう。
みんな手探りで 迷いながら育児をしていると思います。
神経質になりすぎると子供も神経質になってしまいます。
お子さんが元気なら大丈夫。
お子さんが成長するようにchan159753 さんも
お母さんに成長していくんじゃないかな。
私も成人した二人の子供がいますけど 後悔なんて
もう数えきれないぐらいあります。
もっと自信をもって 育児してください。

投稿日時 - 2016-10-20 12:40:41

ANo.3

後悔は対策の種、改善するための教材です。
良い考えが見つかれば、後悔では無くなります。

私は、娘の指を車に端さんでしまったり、テーブルにおいたワインを3歳の息子が飲んで酔わせてしまったりと、失敗は多々あります。幸い、。でも、それらを教訓に気をつけることを増やし、子育てを終えることができました。

人生は受け容れの学びだと思います。
人間関係を教材として、受け容れること学ぶのです。
子供は一番身近な人間関係です。
日々の接し方が子供に反映されます。
そして、それがあなたにも反映されます。
後悔は気づきです。
気づいたことは、変えてみましょう。
変えてみて、良くなければ、また変える。その繰り返しです。

笑顔で朗らかに積極的楽天的にいきましょう。

投稿日時 - 2016-10-20 10:56:55

ANo.2

周りのお母さんはもっときちんとしている、と
自分を追い込み、自分に向けて発散することで
もろもろのストレスを解消しようとしていませんか?
本当は、本当の問題はそこにはないとお気付きではないでしょうか。
子育てそのもののストレス、ご主人や姑との関係やその他人間関係
慢性的な寝不足、などなど
ストレス要因はたくさんあるので
紙に書き出すなりして整理してみてはいかがでしょうか。

うちのこどもは生後2ヶ月でもっと強い薬を投与されていましたが
今元気ですよ。
経過観察の通院はまだ当分続きますが、
自分を責めてもこどもがたちまち完治するわけではないので
考えても無駄なことは考えないようにしています。

子育てで後悔していることは
第一子の時は神経質だったかもしれない、ことです。
公園で遊んでいるのに、服が汚れたり怪我をしたりするのを
過剰に恐れていたような気がします。

今のお子さんは今しかないので
日々かわいさを堪能しておくのがいいと思います。
口答えしだすと、かわいいけど小憎らしくなります(;^ω^)
親はその時できることを精一杯することしかできない
と感じています。
こどもが将来自立して強く生きていけるための土壌が
栄養のあるたくましいものになるように
まだ親のもとにいるうちにたくさんの経験をさせてあげることが
大切ではないでしょうか。
過去のことをあれこれ考えて時間を費やすのは
自分もこどもも望んでいないことなのではないでしょうか。

投稿日時 - 2016-10-19 23:20:35

ANo.1

もっと肩の力抜いたらどうですか?
お気持ちはよくわかりますが、あなた自身後悔しても始まらない、
ということも心の中ではわかっているでしょう?
今が元気ならあなたの選択は間違っていない。
子育てに正解などないのです。
あなたは信じられないかもしれませんが、
子育てを自信満々にやっている人など誰一人としていません。
皆、大なり小なり不安を抱え、手探りで日々過ごしています。
これで良かったのだろうか?これが正解だったのだろうか?
そういう後悔の念を抱くことも多々あります。

昔から言われているように、
親は無くとも子は育つ…です。
子育てとは、子供の代わりになんでもやってやることではありません。
一人で全てを抱え込んでいると、そうやって気持ちの余裕がなくなってきます。
ある時はじっと我慢して、子育つに任せてみる。
そういう意味で旦那や家族や一時保育に子供を預けて、
ストレス発散もよろしいかと思います。

投稿日時 - 2016-10-19 22:25:33

あなたにオススメの質問