こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

Web関係のフリーランスについて

こんにちは。
起業を考えています。
理由は現在学生なので就活のため、もしうまくいけばそのままそれで行こうかと思っています。

内容的には
・ホームページ制作
・ブログ制作
を考えています。
いまはランサーズなどのサイトから仕事を受けてやっていますがやはり安定はしません。
上記の内容で生計を立てていくとすればどのように仕事をとってこればいいのでしょうか?
私の中で今のところ
・ランサーズなどを継続してお金を稼ぐ
・売り込みや宣伝をする
を考えています。
ほかにこういうやり方もありますよというのがあれば教えてください

投稿日時 - 2016-10-02 16:14:25

QNo.9237232

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

学生さんだとご存知ないでしょうが、今最も電話でセールスしてくるのが多いのが、ホームページ制作会社です。もうね、それ以外の業者が今どきセールスの電話ってしてくるっけ?っていうくらい多いです。何しろ片っ端からかけていくので、電話した先がIT関係の業者だろうがそれこそホームページ制作会社にホームページ制作会社がセールスの電話をしてくるってギャグも日常茶飯事です。
つまり、そのくらい過当競争になっているということです。

そのホームページ制作会社がここ数年よく口にするキーワードが「ホームページを無料で作ります」です。質問者さんもよくご存じでしょうが、検索するとうんざりするほど出てくるでしょ?実際は管理料をボッタクってモトをとっているわけですが、つまりもう純粋なホームページ制作ではお金が稼げないってことです。だって業界の同業他社が「無料で作ります」っていってるのを「金払ってください」っていったってお客さんは集まらないよォ。
また実際にホームページ制作を依頼した人って、コンピューターに触るとじんましんが出ますっていうくらいのアレルギーの人じゃない限り、「実はホームページ制作そのものよりSEO対策が重要。はっきりいってホームページの出来なんてどうでもよくて、SEO対策がバッチリかどうかが命運を握る」ということを知ります。そうなると結局「管理が重要」となるのです。管理ができなきゃ、一見さんで終わりです。そしてこのSEO対策が難しい。いろんな手段があるのですが、Google大先生は予告なく仕様をちょいちょい変えるので都度新しい手法を考えないといけません。例えば昔はブログなんかにリンクが貼ってあると検索上位に行きやすかったのでリンクだけをそれこそ何千も貼り付けた記事のないブログなんかを作ってそれで検索上位にやろうとしたなんてセコセコテクニックがあったりしましたが、Googleは仕様を変えたので、その手法に頼っていた管理会社は検索をズドンと落としてついでに会社も潰したなんてことも現実として起きました。
SEO管理やりますって会社の、99%のウソなんですよ・笑。まともな業者って1%もいないです。技術がないから、客がすぐ逃げる。客がすぐ逃げるから、補充しないと会社がつぶれるのでとにかく絨毯爆撃でセールスしまくってとにかく「今任せている会社よりウチのほうが安くて検索上位に行きます!」といって騙くらかして契約させるのです。で、結局また「ウチのほうが!」というセールスの口車に乗って乗り換えるってワケです。何匹もの蛸が、お互いの足を食い合っているのが現状ですね。

エンジニアとして何年、何十年もやっている人とハンデなしで同じ土俵で戦わないといけないのです。さらにいえば、貴君が幸運にも起業して3年食えていたとしても、また若い学生が「僕も起業します!」といって参戦してくるのですよ。だからなんというか、プロスポーツ選手と同じです。勝てば契約してもらえるけど、負ければクビになる。そういう戦いが終わることなく続くのです。起業って、大変ですね!
でもまあ学生でランサーズをやってるなんてなかなかガッツがありますよ。まずはサラリーマンを経験して社会人としての基礎を築いたほうがいいですね。まあ起業なんて、40歳になっても50歳になってもできますからね。あと一度起業しちゃうとサラリーマンに戻れなくなる(日本の企業は失敗した起業家を受け入れてはくれません)のでね。

投稿日時 - 2016-10-05 13:11:33

ANo.3

以前、雑誌に「フリー・プログラマの華麗な生活」っていうWEB関係のフリープログラマの方の連載記事がありました。
その昔、WEBサイトをJavaで作るには高度技術が必要で、できる人材も少なかったから、需要があって高収入だったそうです。

でも、しばらくしたら、フレームワークの発達とJava技術者の増加などによって、仕事が減少、単価の下洛となり、収入減となったそうです。
そして、フリーランスじゃあなくて、知人の会社で働くようになったと書かれていたと記憶しています。

ですから、質問者さんが現在の延長で仕事をする限り、同じように不安定収入が続き、最後は、どこかの会社に入社して、もしくは、そこからどこかに派遣されて働くようになる可能性が高い気がします。

>>内容的には
・ホームページ制作
・ブログ制作

ホームページといってもその内容は、ピンキリだと思います。
最近はフレームワークが発達していますから、簡単な内容であれば、顧客からの仕事依頼も少なく、あまり儲からないのでは?
また、ブログであれば、WordPressなど既成品で十分な方も多いのでは?
さらに、これによって顧客が儲かるってことは少ないと思えますから、質問者さんへの仕事の依頼も少ないのではないでしょうか?


>>上記の内容で生計を立てていくとすればどのように仕事をとってこればいいのでしょうか?

ネットを見ていますと、「DevOps」という単語をよく目にします。
つまりは、開発するだけではなく、その後のシステム保守・運用・バージョンアップまでタッチして、そのシステムが生み出す利益を顧客と分け合うという流れです。
これであれば、継続的な収入が望めますし、もし、システム改良による利益アップからのリターンが開発者に戻るならモチベーションもアップします。
まあ、仕事としては、顧客企業のシステム部の一員みたいですが、そうじゃあなくて協同事業パートナーってポジションを狙うのがいいかなと・・・。

ただし、このやり方は、開発者と最終ユーザとが密に結びつくことを意味します。
つまり、現在のIT業界の主流ビジネスである「人材派遣による中抜きビジネス」の崩壊を意味すると思いますけどね。

ですから、まずは、顧客の金が儲かるビジネスにかかわるシステム開発にタッチし、完成後のバージョンアップをパートナとして引き受けていくのが良いかと思います。


そして仕事内容としては、いわゆる「ホームページ制作」や「ブログ制作」の仕事では、顧客企業はお金を出さないと思います。
私は、あまりWEB系の仕事にタッチしないのですが、WEBサーバ、アプリサーバが関係した開発では、それまでの汎用機とかC/Sで稼働していたシステムをWEBでブラッシュアップして稼働させるってものでした。
まあ、フリーランスに任せるような規模・内容ではありませんが・・・。

いずれにしても、顧客企業にとって、儲かる、あるいは付加価値が高いシステム、法的に嫌でも作らないといけないシステムの仕事などをとってくればいいように思います。

具体的にどうやるか?は分かりませんが。

投稿日時 - 2016-10-02 20:26:04

ANo.2

DreamyLife_615 さん、こんばんは。

ウェブで応募のコーナーを作るとか、後はチラシを配るとかですかね?というより就活でこの方面に行ってみたらいかがですかね?そうすれば、働きながら、覚えることができますよ。

投稿日時 - 2016-10-02 17:41:07

ANo.1

普通は、起業には能力とお金と人脈が必要となります。

なので、ご質問者にはどのような能力があるか分かりませんし、お金もどの位あるかも分かりません。そもそも仕事を発注してくれるような人たちとの人脈は持っているのでしょうか。

まあ、仮に売り込みや宣伝を行っても、誰からの紹介状を持参すれば、相手は少しは聞く耳を持ってくれるかもしれませんが。。

特にWeb関係のフリーランスってどこかの企業で数年間実績積んでいないと、かなり難しいと思われます。

投稿日時 - 2016-10-02 17:17:38

あなたにオススメの質問