こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Ver.1607へのダウンロードが繰り返されますが

Win10のバージョン1607にアップデートする必要を感じないので、所持する全てのPCを1511のまま使用してます。
1607にて期待できる新機能は、マイクロソフトユーザーアカウントにWindowsライセンスが紐つけられるように変更され、自作新PCが現ライセンスで認証できるようになることくらいですが、今までマザーボードが破損した経験がなく(電池交換のみ)、また新規自作する予定もないので(PC店の自社ブランドPCの方が高性能で安いかも)、その機能は私にとっては無駄かと。

そこで1511のままほうってるわけですが、通常では1607へのアップデートが全くされません。
自分から「設定→更新とセキュリティ」で更新の確認ボタンを押した時のみ、「Windows 10、バージョン1607の機能更新プログラム」の長時間ダウンロードが始まるのですが、ダウンロードが終わって再起動を促されますが、しかし再起動後もやはり1511のままです。
新たに「設定→更新とセキュリティ」で更新の確認ボタンを押すと、改めて「Windows 10、バージョン1607の機能更新プログラム」のダウンロードが繰り返し始まるのですが、これは普通のことですか。
これを何度か繰り返し1607にアップされるということ?

Cドライブの小容量SSDの空き容量が減少しつつあるのが気になりますが、これは全体で何GBダウンロードするのでしょう。
ちなみにマイクロソフトサイトから供給されている1607バージョンは既にDVDは焼いておりますが、使用してません。

投稿日時 - 2016-09-27 17:09:12

QNo.9235011

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>1607のDVDからの上書きインストールを試してましたが、成功しませんでした。

抜かりはないと思いますが、最新版のインストールメディアツールでしょうかね!
私がAnniversary Updateした時(8/12位)のWindows.isoファイルがあったのでそれと今日、試しにダウンロードしたWindows.isoファイルのファイルをコンペアしたら違っていました。
実行する場合、常に最新版でやってみる方が良いかと思います。

関係ないと思いますが、もしご存じであれば済みませんが…
SSDをお使いなそうで、ドライブの最適化の自動メンテしてますか?
Windows10はWindows7の「ディスクの最適化」とことなり名前も「ドライブの最適化」にかわり、最適化のボタンをクリックするとウィンドウでSSDであればメディアの種類に「ソリッドステートドライブ」と表示され、最適化の内容もSSDであれば断片化ファイルの再配置は行わず、TRIMコマンド発行に変わっています。
(必要があればSSD関係のURLを提供します)

何が影響しているか分からないのでもし、該当すれば自動メンテにしてみてください。

私もこれ以上の打つ球が思い当たりません。
あとは、MSさんの改善を待つしかないのかな?

ちょっと古いですが以下、ご参考まで

MSコミュニティ
Windows 10 Anniversary Updateができない。【Ver1607】
↓↓
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-update/windows-10-anniversary/3029e39c-67a7-450e-936e-869d2f7b84e6

投稿日時 - 2016-09-28 19:58:18

補足

なんと、ANo.5の補足を書いた翌日、懸念していた「更新確認クリックせずとも自動で更新が開始されるようになると、万事休すです。」という状況になりました。
20~30分おきに自動で更新チェックしてきます。いやはや驚きました。
「1607の機能更新プログラム」がMS側で頻繁に更新されているのかどうなのか、改めて大量ダウンロードをし始めるので、それを止めるためにPC再起動してみたり、それができない場合にはタスクマネージャーでそれと思しきタスクを強制終了させてみたりして対応を試みましたが(素人さんには薦めません)、そうなると20~30分後には確実に再度の大量ダウンロードが繰り返され、それが完了すれば長時間のインストール作業に移行し、再起動すればインストールに失敗という結果となり、その後またじきに大量ダウンロードを始める、と。
こういう末期的な状況になりました。見ていて思わず「ヒッヒッヒッ」と失笑しましたねw

このPCは1607へのアップデートは不可能で、インストールを試みても必ず失敗するのが判明しているのに、それを際限なく「自動で」繰り返すという、なんとも酷いMS仕様です。

なので、まだする予定ではなかったクリーンインストールにて対処することにしました。
その前にもう一度、OS周りを手直しして(元に戻して)みて上書きインストールを試みたのですが、驚いたことにそのインストール中にも「Windows 10、バージョン1607の機能更新プログラム」をダウンロードしているのですよ。
というわけであきれ果ててクリーンインストールに入り、そして正常に綺麗に1607にバージョンアップされました。予想通りです。
しかし、個人設定やらその他が大量に消失していますので、現在その復旧に勤しんでいるという状態です。
たった今、ブラウザ周りを復旧しましたのでこれを投稿してみました。

投稿日時 - 2016-09-30 06:31:58

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-10-15 19:59:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

>【sfc /scannow】…「Windowsリソース保護は、整合性違反を検出しませんでした」…
>【dism /online /cleanup-image /restorehealth】…「復元操作は正常に完了しました。操作は正常に完了しました」

OSのシステムファイルは問題が無さそうです。
あと、一点だけ確認させてください。

●コントロール パネルで .NET Framework 3.5 を有効なっているかどうか?の確認

1.Wndowsロゴキー+[x]キー同時押下→エクスプローラ
2.「プログラムのアンインストールと変更」クリック
3.「プログラムのアンインストールまたは変更」画面で
左上、Windowsの機能の有効化または無効化をクリックし「Windowsの機能」ポップが表示されビューが表示されるのを待つ
4.NET Framework 3.5が有効か否かを確認する
「+□.NET Framework 3.5(.NET2.0およびNET3.0含む)
ここの□の中が更に黒■であることを確認する。
ツリー傘下の二項目の□はチェックなしでOK

説明、.NET Framework 3.5の一部の機能を使っているようでそれが□の中に黒■で一部利用状態の様です。そしてほとんど問題は無いのですが、この機能が有効でないとダウンロードできないパッケージがある場合がある様です。

上手くいけばいいのですが…

メディアツールはdismで特定のエラー、および以下の作業が上手くいかなかった場合に使います。上手くNET Framework 3.5が有効にできなかったら連絡ください。

以上 ご参考まで

以下のURL「コントロール パネルで .NET Framework 3.5 を有効にする」あたりからの作業になると思います。

コントロール パネルで .NET Framework 3.5 を有効にする
↓↓

参考URL:https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh506443

投稿日時 - 2016-09-28 15:08:29

補足

NET Framework 3.5の項目は黒■でした。ツリー下の二項目は□。

他の回答への補足にも書きましたが、1607のDVDからの上書きインストールを試してましたが、成功しませんでした。現状況下では1607へのアップグレードはこのPCでは基本的に不可ということと考えます。
また、別PCにおいては、ダウンロードした更新項目「Windows 10、バージョン1607の機能更新プログラム」により、今回は正常に1607へアップグレードされました。どういうことか分かりませんが、以前に試した時からMS側で変更が有ったのかもしれません。
この更新項目がまさに1607へのバージョンアップであったわけですね。

しかしこのPCはオンラインでの1607へのアップグレード作業を際限なく繰り返し、失敗し続けてます。
救いは「更新の確認ボタン」をクリックした時のみ、問題の更新項目のダウンロードが開始されるという点で、なので自発的にそれをクリックしなければ問題解決かと。不便ですが。
なんともお粗末なMSの仕様です。
SSDのここ2か月間のウェアレベリング回数の増加が早かったですが、この無駄な更新作業のおかげだったようです。

しかし後日、更新確認クリックせずとも自動で更新が開始されるようになると、万事休すです。

投稿日時 - 2016-09-28 18:17:38

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-10-15 19:59:04

ANo.4

Windows 7 Pro 32bit → Windows 10 Pro 32bit にした者です。

Ver.1607 は、まだ不具合の解消報告が公式より有りませんので、
私的には、何もせずに放置しています。

自作機、Windows 10 へのアップ前に自前 PC の詳細情報を
日本マイクロソフト様に送り、昨年暮れに Windows 10 に
しましたが?未だに無印のままです。

投稿日時 - 2016-09-28 04:09:23

補足

このPCはWin8.1からWin10へ無償アップグレードしましたが、その際に非常にてこずりました。
OSに若干手を入れており且つWin8専用機であったもようで、アップグレード中に数か所でエラーが起こってしまい、その全てを解消しつつ、なんとかアップグレード成功に至りました。
当時は旧OSから必ず一度はアップグレードしなければならず、初回のクリーンインストールが禁止されてましたので苦労しました。

今回、状況を見るに本格的におかしくなってるようなので、保存してある1607のDVDから上書きインストールを試してみました。
結果はインストールに失敗したのですが、最初の再起動に至る以前にエラーが発生しましたので、無償アップグレード時と同様の原因と思い、Cドライブ外に移動させていたユーザープロファイルとシステムTEPMフォルダについて解決させたところ、ここは解消。
次に最初の再起動時にエラーが起こったのですが、面倒になって放置してます。恐らくはPC起動時に動作する類の複数ツール類が邪魔しているのかも。
感じとして、クリーンインストールすれば無事に1607にアップグレードできるような気がします。ですが今それはマズイので、更に本格的にOS周りが破損してからの手段として考えてます。

ということで、どうも本PCは1607へのアップグレードにソフト的に不適格のようでして、オンライン上で実施される1607への移行作業が繰り返し失敗しているという状況なのかと考えられます。しかも原因は一つ二つではなさそうです。
今、別PCでも検証作業中ですが、また長時間ダウンロードしてますねw

投稿日時 - 2016-09-28 10:07:04

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-10-15 19:58:52

ANo.3

>そこで1511のままほうってるわけですが、通常では1607へのアップデートが全くされません。

Windows Updateに何か問題があるのかも知れません。
Sfc…、dism…で異常がないか確認してください。
改善できたメッセージであれば、その時点で必ずPCを再起動して改善されたことをご確認ください。

==【操作】==
1.スタートメニュー(タスクバーの左端の田マーク)で右クリック
2.コマンドプロンプト(管理者)を選択
sfc /scannow
(↑コピー、貼り付け出来ます。)
と入力して[Enter]し、20分~1時間放置し終了(入力待ち“_”点滅になる)するのを待つ。
問題が無ければ、終了です。
改善できたメッセージであれば【PCを再起動】し現象が改善したか確認する。
エラーが発生したらメッセージのログファイル(CBS.log)は気にせず
3.コマンドプロンプト(管理者)で続けて
dism /online /cleanup-image /restorehealth
(↑コピー、貼り付け出来ます。)
と入力して[Enter]し、20分~1時間放置し終了(入力待ち“_”点滅になる)するのを待つ。
これで改善できたメッセージがでれば【PCを再起動】し現象が改善したか確認する。
===

なお、コマンドプロンプトのsfc、dismは途中止まったように見えても実行中です。
コマンドプロンプト入力待ちになるのを待ってください。

3項のdismで
エラーコード:0x800F0906、0x800F081F、0x800F0907などで
「エラー: 0x800f081f、ソース ファイルが見つかりませんでした。」
となる場合、Windows Update(NET Framework 3.5)に問題を抱えています。
違う対処が必要になります、該当すれば返信、補足してください。

>ちなみにマイクロソフトサイトから供給されている1607バージョンは既にDVDは焼いておりますが、使用してません。

インストールメディアツールですかね!Anniversary Update後、8月以降に作成されているという解釈でいいでしょうか?
念のためお尋ねしますが、それ以前のインストールメディアツール、現状と同じバージョンはお持ちでしょうか?
sfc,dismで改善ができなかった場合、知っておきたいのでその時は情報を下さい。

以上 ご参考まで

【Windows10/8.1/8】sfc /scannowで修復できない場合の対処法
↓↓

参考URL:http://long-distance.jp/sb/log/eid6.html

投稿日時 - 2016-09-27 22:14:58

補足

早速やってみました。
【sfc /scannow】については「Windowsリソース保護は、整合性違反を検出しませんでした」と結果が出ました。
引き続いて【dism /online /cleanup-image /restorehealth】もやりましたが、「復元操作は正常に完了しました。操作は正常に完了しました」と2行にわたって結果が出ました。
その後、再起動してみました。
質問本文の中段に書いた操作(更新の確認ボタンのクリック)をすると再度「Windows 10、バージョン1607の機能更新プログラム」のダウンロードが始まりました。
今回はダウンロードが非常に短時間で終わり、再起動が促されましたので再起動しました。相変わらずバージョンは1511のままです。しかし今回は更新の履歴に「インストールに失敗しました」の表記が出ませんでした。
再びまた更新の確認ボタンのクリックすると全く同様なことが起こり、結果も全く同じになるかと思いきや、今度は途中でアクションセンターに「このインストールは実施できません」とかとのお知らせが出ましたが、「ここをクリックしてください」とあったのでクリックしたが消滅してしまいそれきりですね。
その後、放置していたら「更新プログラムをインストールする準備をしています」と表示されつつ作業が進み、指示に従い再起動してみたら、結果は同じく。
何度繰り返してもこのループです。ただし、ダウンロード時間が異様に短くなりました。
この作業でCドライブが4~5GB程度占有されているようです。

DVDにはWin10の初期バージョン、1511、1607のいずれも書き込んで保存してます。

投稿日時 - 2016-09-28 00:58:13

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-10-15 19:58:44

ANo.2

>しかし再起動後もやはり1511のままです。
>これを何度か繰り返し1607にアップされるということ?

それはおかしいです。

パソコンはどんなパソコンでしょうか。
またインターネットに接続している回線は。

私は自作パソコンでWin7からWin10 32bitに無償アップグレードし一か月以上前に1607に更新しました。

更新の履歴を見ると次のようになってます。

Windows 8 8.1 と 10 用の、Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2016 年 9 月 (KB890830)

Update for Adobe Flash Player for Windows 10 Version 1607 (KB3189031)

Windows 10 Version 1607 用の累積的な更新プログラム (KB3176938)

Windows 10 Version 1607 用更新プログラム (KB3176936)

Windows 10 Version 1607 用の累積的な更新プログラム (KB3176934)

Windows 8 8.1 と 10 用の、Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2016 年 8 月 (KB890830)

Windows 10 Version 1607 用の累積的な更新プログラム (KB3176495)

日付は下から古い順で上が新しいです。
一番下の最初にインストールしたのが8月10日です。

更新プログラムのチェックで調べて、もしあればダウンロードしてインストールするだけですけど。

私の場合、Core2Quad Q6600 メモリー4GBの自作パソコンで回線はNTTの光ファイバーですが、ダウンロードしてインストールするのに長くても15分くらいです。そんなに時間はかからないはずです。

投稿日時 - 2016-09-27 18:04:12

補足

う~ん。
「更新の履歴」を見ると、「Windows 10、バージョン1607の機能更新プログラム」のダウンロードが3回されていて、いずれも「インストールに失敗しました」と表示されてます。
その表示文字列のリンクをクリックすると「AnniversaryバージョンのWindowsをインストールしてください」とのポップアップウィンドウが出ますね。
AnniversaryバージョンとはVer.1607のことだと思われますが、とすると、現OSが1607ではないのに1607用の機能更新プログラムを2度ダウンロードし、しかしそもそもOSが1607でないためにその機能更新プログラムのインストールに失敗した、ということですかね?

以前、事前になんの警告も予兆もなく、PC再起動したらいきなり「更新しています。電源を切らないでください」と出て、そのまま待ちつ続けること20分。一向に進捗せず緊急使用中でしたのでハードリセットスイッチにて強制リセットしましたが、そこで問題が起こった可能性があります。

しかし、同じ症状の別PCでは「更新の履歴」を見てもインストールに失敗とかの表示はないのですよね。
そのPCでも確かに「Windows 10、バージョン1607の機能更新プログラム」を何回か長時間ダウンロードして、しかし再起動後も1511のままです。

ちなみに1回当たりのダウンロード量はそれぞれ3GB以上と見積もられます。

投稿日時 - 2016-09-27 18:57:37

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-10-15 19:58:35

ANo.1

設定→新とセキュリティ→詳細オプションで「アップグレードを延期する」にチェックを入れておけば、バージョンアップ(1607への)はされません。1607になるのがお嫌ならそうなすっては。

投稿日時 - 2016-09-27 17:19:45

補足

Win10Homeのせいか、そのオプションがないのですよ。

投稿日時 - 2016-09-27 19:09:40

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-10-15 19:58:26

あなたにオススメの質問