こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

桃鉄が3DSで出る。また続くか

桃鉄が3DSで出るようですが、これが最後になると思いますか?
それとも、また来年からどんどん続きが出ると思いますか?

「桃太郎電鉄」ニンテンドー3DSで今冬復活! さくまあきらさん「私も天岩戸から出て行かないとならなくなりました」- ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1609/02/news054.html

投稿日時 - 2016-09-02 15:37:48

QNo.9223512

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>桃鉄が3DSで出るようですが、これが最後になると思いますか?
>それとも、また来年からどんどん続きが出ると思いますか?

コナミが「5年を費やして、やっと元のソースプログラムの解析を終了し、異なるプラットフォームへの移植が可能になった」ので、今後も出し続けると思います。

確かに「ゲームの開発者はさくまあきら氏」ですが、これは「ゲームの仕組みや、システマチックな部分を開発した」ってだけで、プログラミングには一切関わっていません(というか、さくま氏はプログラミングは出来ません)

で、コナミは「プログラムのソースコード」と「キャラクターデザイン」と「版権や権利」はハドソンから受け継いでますが「プログラムが何をどう処理しているのか、まったく受け継いでいなかった」のです。

ハドソンがコナミに吸収合併される前に、「実際に桃鉄のプログラムを書いたハドソンのスタッフのほぼ全員」が某社に移籍しているので「ハドソンが書いたプログラムについて、コナミは、誰にも聞く事が出来ない状態」だったのです。

コナミがハドソンを吸収した時、プログラムのソースコードと権利関係は残っていましたが、人材は殆ど残ってなかったのです。

そのためコナミは「受け継いだプログラム資産」を「何年も掛けて、独自に解析して、自分達の物にする必要があった」のです。

コナミが解析を完了して、プログラムの中身を理解するまでの5年間、さくまあきら氏から何を言われても「続編の作成は不可能な状況」だったのです。

そういう事情を知らないさくまあきら氏は「何もしないコナミ」に腹を立て「桃鉄は終了した」とか「コナミの石川に潰された」とか発言した訳です。

実際はコナミは「何をやってるのか判らない、超難解なプログラムを、5年かけて、解析していた」訳ですが、対外的には「そんな事は絶対に公表できない」です。さくま氏にも言えません。「さくま氏に対して、コナミが音沙汰無しになるのも、仕方が無いこと」なのです。

このような「複雑な経緯」があって「やっと続編が出せるようになった」ので、これを捨て去るようなマネは、コナミもさくまあきら氏も、やらないと思います。

それに「コナミの桃鉄解析班」は「5年間も何の利益も生んでない給料泥棒状態」だったので、それを考えると「資産も時間も無駄には出来ない」です。

投稿日時 - 2016-09-02 16:51:26

補足

面白いお話をありがとうございます。
解析に5年かかったということはありそうです。
できれば、情報元を教えていただけるとうれしいのですが、雑誌等でしょうか?

投稿日時 - 2016-09-05 16:32:26

お礼

お礼が遅くなりましたが、1つ目のご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-09-21 09:27:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>できれば、情報元を教えていただけるとうれしいのですが、雑誌等でしょうか?

「身バレ」するので情報源は口が裂けても言えません。

「とある会社に居た時に内情を知った」としか書けません。

なお、一部「たぶん、そうなんだろうなあ」という、推測で書いた部分もあります。

投稿日時 - 2016-09-05 17:14:42

お礼

了解しました。
貴重な情報をありがとうございました。

投稿日時 - 2016-09-06 09:16:17

あなたにオススメの質問