こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

1年3ヶ月と1年4ヶ月(国内優先)

国内優先権主張を行って出願した場合、先の出願はその出願日から1年Xヶ月後に取り下げられたものとみなす。

この「Xヵ月後」が、3ヶ月と4ヶ月の書籍がそれぞれ存在して混乱しています。
どちらが正しいのでしょうか。

投稿日時 - 2016-08-05 11:37:58

QNo.9211281

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

平成26年の特許法改正で、
「前条第一項の規定による優先権の主張の基礎とされた先の出願は、その出願の日から経済産業省令で定める期間を経過した時に取り下げたものとみなす。」(特許法第42条第1項)
との規定になり、特許法施行規則第28条の4第2項で
「特許法第四十二条第一項 から第三項 までの経済産業省令で定める期間は、一年四月とする。」
と規定されました。
一方、上記改正前の特許法第42条第1項では、
「前条第一項の規定による優先権の主張の基礎とされた先の出願は、その出願の日から一年三月を経過した時に取り下げたものとみなす。」
と規定されていました。
なお、上記改正法の施行日(平成27年4月1日)より前に出願された出願を基礎とした場合には旧法が適用され、施行日後に出願された出願を基礎とした場合には新法が適用されます。
現在問題になっているとすると施行日以降の出願を基礎とした場合だと思いますので、1年4月です。

投稿日時 - 2016-08-05 14:22:14

お礼

たしかに、1年3ヶ月と記載されているのはH22年の中山信弘氏の「特許法」初版でした。やはりさすが専門家の先生です!もやもやが吹き飛びました。ありがとうございました!

投稿日時 - 2016-08-08 13:48:18

あなたにオススメの質問