こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Microsoft Visual C++

Microsoft Visual C++をインストールについて!
PCにOffice365をインストールしましたら、再起動後に「エントリーポイントが見つかりません」というエラーが出て、それを解決する為に、Microsoft Visual C++をインストールをインストールしようとしたのですが、
インストールの小さい別の画面が出てきまして、その画面のまま1時間たっても進展しません。この場合どのようにすればいいのでしょうか?PCはVAIO VPCEB49FJ windows7 64bitです。回答宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2016-08-02 08:31:42

QNo.9209837

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>>実はこの現象はPCをリカバリーしてからoffcieをインストールして起きたエラーなんです。offcieをインストールする前はこのエラーは出ませんでした。

とすると、VAIOのリカバリーインストーラーに、
問題があると考えられます。
リカバリー直後には問題は出ず、
officeインストール後に発現したって推測です。

リカバリー後、Windows updateされたのか、
リカバリー直後にofficeインストールなのかで、
若干状況かわりますが、
まずはofficeをアンインストールして
再インストールを試したいところです。

あとはofficeのupdateです。
officeインストール後、updateします。
Windows updateと同じでofficeにもupdateがあります。
今でしたら、
https://www.microsoft.com/ja-jp/safety/pc-security/j_musteps.aspx
こちらのページの左の目的別メニューから
「Microsoft Update でセキュリティ更新プログラムをダウンロードする」
そちらにアクセスします。

投稿日時 - 2016-08-04 16:40:13

補足

回答有難う御座います。リカバリー後Windows updateしました。それから
officeをインストールして、その後officeのupdateをしました。やっぱりリカバリーに問題があるのでしょうか?

投稿日時 - 2016-08-04 18:58:16

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

visual c++(VC)のインストールができないくらいに
問題発生しているのかもしれないです。
コントロールパネルの回復を利用するか、
購入時の状態にクリーンインストールしなおす、
という検討が必要かもしれないです。

※大切なデータのバックアップをおすすめします。

VCのインストールにより、
問題を起こしているランタイムファイルが、
正しいものに置き換わる可能性はあります。

いまのところ、プロシージャ名やDLL名がないので、
今回の選択が有効かどうかわかりませんが、
このようなトラブルが出ているということは、
VCのインストールすらできないくらいに、
不具合を起こしている可能性が高いと思います。


おそらくはフリーのアプリだったり、
古いデバイスなどをインストールした際に、
バージョンの古いランタイムファイルに、
上書きされた可能性が高いと思います。
この問題発生源にあたりをつけるのは重要です。

Windows7の回復の機能を使って、
問題のない状態に戻す際にも、
あやしいインストールがされた日付より前を選ぶことに使えます。
また、残念ながらWindows7をクリーンインストール
することになったとしても、
発生源のインストールをさければ、
問題の再現は回避できます。

投稿日時 - 2016-08-02 17:26:40

お礼

画像が添付できなかったにもかかわらず、詳しい説明を有難う御座います。
詳しく書かなくてすみません。実はこの現象はPCをリカバリーしてからoffcieをインストールして起きたエラーなんです。offcieをインストールする前はこのエラーは出ませんでした。

投稿日時 - 2016-08-04 15:49:46