こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

先物取引

大学の講義で先物取引について学びました。

例えば3ヶ月後に100万円を受け取るとして、1ドル120円で売る権利を1ドルにつき3円で購入したとき、
3ヶ月後に1ドル130円ならば、そのときの利益は
(130円×100万ドル)-300万円で求めれば良いでしょうか?

また、直物相場が1ドル120円であり、日本の利子率を4%、アメリカの利子率を8%としたときの3ヶ月先物の相場を求める場合には、どのようなロジックで計算すればよいのでしょうか?

3ヶ月後なので利子率が、それぞれ日本では1%、アメリカでは2%になることは分かるのですが....。


どなたか解説していただけると助かります。

投稿日時 - 2016-07-27 14:38:28

QNo.9207272

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

先物オプションと為替予約は別です。1USD=120JPYのオプションを購入して当日130JPYになっていたらオプションを放棄して当日レートで精算する事を選択可能です。
為替予約契約を締結した場合、通常はオプション料の支払いは要しません(その分も含めて先物為替を契約すれば良いから)。こちらですと当日の為替に関係無く予約の為替レートで精算されます。つまり1USD=120JPYで精算確定します。どちらも損得は無いと思いますが。

投稿日時 - 2016-08-03 03:11:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

質問の内容がいまひとつよくわからないのですが、、、

◆前半の質問
> 1ドル120円で売る権利を1ドルにつき3円で購入

この記述からすると、先物のオプション取引のようですが、言い換えると下記のようになりますか?

< 権利行使価格として1ドル120円で売る権利(プット)を1ドルにつきプレミアム(手数料)3円で購入

だとすると、満期日(3か月後)に1ドル130円の円安になると損が出ます。買い手は権利放棄ができますから、損失はプレミアム分の3円に抑えられます。(利益は出ません!)

「3か月後に100万円を受け取る」という仮定はよくわかりませんでした。
また、「(130円×100万ドル)-300万円」の利益なんてありえないでしょう。

◆後半の質問
直物相場:1ドル=120円。3か月後の利子率=円:1%、ドル:2%ですから、
3か月後のドルの価値は、1×1.02=1.02ドル
3か月後の円の価値は、120×1.01=121.2円
したがって、3か月後の円とドルの価値が等価であるとすると、
1.02ドル=121.2円 ですから、 1ドル≒118.82円

投稿日時 - 2016-07-29 08:23:36

ANo.1

あなたにオススメの質問