こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

南シナ海問題で「強烈な不満と断固たる反対」

利害と主張が激しくぶつかりあい、たとえ隣国どうしといえども
決して気を抜くことなどできない国際政治において、
中国といえば「強烈な不満と断固たる反対」、
韓国といえば「謝罪と賠償」ですが、
日本といえばなんでしょうか?

それにしても、ひと昔前は、
中国といえば「四千年の歴史」とか「熱烈歓迎」。
韓国といえば「キムチ」とか「アニョハセヨ」。
平和でしたね~。

投稿日時 - 2016-07-13 19:10:27

QNo.9201150

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

第二次大戦においてアメリカとあれほどの死闘をくり広げながら、戦後になるとあっという間に世界有数の親米国になった日本を見て、かのチャーチル卿は持ち前の皮肉をたっぷりこめてこのように評しました。
「あいつらは、ひれ伏すか喉ぶえに噛みつくか、どちらかだ」

かなりムッとしますが、言い得て妙だと思いましたね。我々も「さすが戦争に勝って首相をクビになる人はいうことが違う」と皮肉で返したいと思います。

投稿日時 - 2016-07-13 19:40:41

お礼

米国の5大同盟国の中で、日本は「地獄からやってきた友」というのも
ありましたよね。

投稿日時 - 2016-07-13 20:50:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問