こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

定額法で償却している固定資産の評価損を行った後の償

定額法で償却している固定資産の評価損を行った後の償却限度額

建物(取得価額2000万、耐用年数50年、帳簿価額1600万)が災害による著しい損傷を受け、時価が1000万円になりました。
そこで、600万円の評価損を計上したのですが、今後の減価償却の限度額(12か月分)については、
(1)2000万×0.020=40万
でしょうか
(2)(2000万-600万)×0.020=28万
でしょうか
(3)(2000万ー480万※)×0.020=30万4千
※600万×1600万/2000万=480万
でしょうか
(4)1000万×0.020=20万
でしょうか
それとも別の計算になるのでしょうか。
お詳しい方お教えいただければ幸いです。

投稿日時 - 2016-06-30 11:02:38

QNo.9194999

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

こんにちわ。減損後の減価償却方法をお教えしましょう。

貴方が挙げた4番が正解です。減損により下がった簿価を、耐用年数で少しずつ削っていくだけです。取得価格の2000も減損の600も忘れて、残った1000を残りの年数で削るだけです。

根拠は、「固定資産の減損に係る会計基準」の三の1です。

投稿日時 - 2016-06-30 21:59:45

お礼

ありがとうございます^^

投稿日時 - 2016-07-01 09:51:40

あなたにオススメの質問