こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アウトソーシングでの内定?の意味

現在事務職にて転職活動中です。
IT系企業に事務職の正社員募集に応募し、
先日面接に行き、その場で開発での出向の可能性も示唆されました。
ずっとIT系企業ではありましたが、開発は実務経験もありません。
当日中に折り返しスキルシートの提出をしたところ、事務での出向先を探す形になるとの連絡がありました。
正直、詳しい雇用契約もないですし事務での出向がどの程度需要があるのかもわかりません。
出向先が決まってから契約となるそうです。
アウトソーシングの会社ですとこれは普通なのでしょうか?

また、出向先企業が決まってしまった場合、業務内容や出向先を聞いて断ることは可能なのでしょうか?

なにぶんにもアウトソーシング会社での勤務というのは念頭になく、
また、入社して研修等を受けてから出向だと思っておりましたので、戸惑っております。
面接では、本社勤務の場合、レベルに合わせた研修制度があり、
事務職の女性もプログラムが組めるようになったとの、お話でしたので、
勉強はしたものの開発の実務経験がほとんどない自分にはありがたい!と思ってしまったのも事実です。
ですが、事務職で出向だとスキルアップも望めませんし、雇用決定でもないですし、
戸惑っておりますので教えていただけるとありがたいです。

投稿日時 - 2016-05-27 00:42:54

QNo.9178521

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>>出向先が決まってから契約となるそうです。
アウトソーシングの会社ですとこれは普通なのでしょうか?

その会社は、IT系企業で「アウトソーシング」とカタカナで表現していますけど、早い話が「人材派遣会社」です。
そして、派遣会社は、派遣先から受け取るお金を5~6割くらいピンハネして、残りの貴方に給与として渡すのでしょう。

派遣先が決まらないで人を雇うと、その人への給与だけが発生して、会社は赤字になります。
ですので、派遣会社は、派遣先が決まってから、その人を雇うことが普通だと思います。

また顧客企業へ派遣する時の月額が決まらないと、たとえ「ピンハネ50%」と決まっていても、払う給与額は決まりませんよね?
派遣先企業が「この人じゃあね。もっと綺麗な娘はいないの?」なんて受け入れを渋る場合、「じゃあ、2万ほど安くしますからどうです?」なんて話もありえます。
さらに、派遣先企業の場所、勤務時間、休日も分らないわけですから、雇用契約も提示できません。

ですので、最近の派遣会社としては、「普通」だと思えます。

>>また、出向先企業が決まってしまった場合、業務内容や出向先を聞いて断ることは可能なのでしょうか?

出向先企業が決まってから雇用契約を結ぶ、つまりは契約を結ぶ前ですので、「こんな場所で・金額で働くのは嫌です!」と断ることは当然できます。
でも、転職活動をしている人って、「少しでも早く就職先を決めたい!」という気持ちになり易いので、「No!」と言えないことも多い気がします。

>>事務職で出向だとスキルアップも望めませんし、雇用決定でもないですし、
戸惑っておりますので教えていただけるとありがたいです。

事務職でも、なんらかのスキルアップは望めると思います。ただ、それが給与に反映はしないでしょうけど。
また、雇用決定しても、有期契約で、契約期間は1ヶ月かもしれませんよ。
毎月、契約更新ですと、常に失業の不安を抱えながら働くようになりそうです。

投稿日時 - 2016-05-27 05:05:36

お礼

ありがとうございます。やはり派遣と同じような扱いになるのですね。
自分でも並行して転職活動しつつ、こちらの要望もその会社に伝えたうえで出向先を探してもらう形を取ろうかと思います。
私が知っている方たちのケースですと、社命で出向だと断れないという正社員さんばかりでしたので、どうしたものかと思っていましたが、派遣社員と同じようなものであれば、納得できなければその会社との契約を結ばなければいいと、踏ん切りがつきました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-05-27 15:01:12

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>>私が知っている方たちのケースですと、社命で出向だと断れないという正社員さんばかりでしたので、どうしたものかと思っていましたが、

身分が「正社員さん」であれば、「社命で断りにくい」というのはありますね。
私は派遣働いているとき、出向になった時期がありましたけど、その当時は、派遣であっても、「雇用期間の定めが無い特定派遣」という雇用契約でした。つまりは、派遣で働いているけど正社員でした。

もちろん、出向を断ることも可能でしたが、派遣先が決まらないと、社内での勉強(稼がない)状態になるので、それが3ヶ月以上続くと、社内での立場が悪くなりましたから、出向を受け入れました。

「出向」の場合、「派遣」とは違い、相手先企業の社員という身分になります。
写真撮影して、社員番号を割り当て、社員証を作成し、名刺ももらいます。
忘年会なども社員として参加したものです。

「出向」の場合、相手先の社員になっても、給与体系などは元の会社と同様にします。だから、出向先が大企業で、給与が凄く良いとしても、給与は変わらないことが多いと思います。
一般的には、元より小さな会社に出向というケースが多いので、「相手先企業に合わせて給料を減らす」とはならないから、これは良いことかもしれません。

ですので、そのIT系企業が「出向」を本来の意味で使っているなら、出向先企業が決まらない時点でも、雇用契約の条件提示&契約も可能なはずなんですけどね。

ちなみに、私の場合、出向先のプロジェクト終了と同時に、出向も終了。
いただいていた社員証・名刺は返却となりました。
このときは、セキュリティの厳しいプロジェクト(情報漏洩すると国家レベルでやばい)だったので、こんな面倒なことをやったのだと思っています。
普通の仕事での派遣なら、こんな手間かかることしないでしょうね。

投稿日時 - 2016-05-28 06:37:33

お礼

色々と詳しくありがとうございました。

投稿日時 - 2016-05-30 13:56:27

あなたにオススメの質問