こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日焼け止めを塗っても焼けてしまう

2ヶ月ほど前から一日1時間のウォーキングを始めました。毎回SPF50の日焼け止めを塗っているのですが、どうしても焼けてしまいます。ウォーキングするまではほとんど日光に当たらない生活をしていて、もしかして普段日焼けをしない人が急に日焼けをする環境になると、日焼けされやすいのかな?と思っているのですが、どうなんでしょうか?私の場合日焼け止めを塗っていてもある程度日焼けするのはしょうがないのでしょうか?よろしくお願いします。

投稿日時 - 2016-05-06 12:23:07

QNo.9168559

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

外出する20~30分前に「余裕を持って」塗る。
肌に日焼け止めが馴染む(効果を発揮するまで)まで多少時間かかる。
(直前に塗ってもあまり意味はない)

薄くのばして塗らない。擦り込まない。
伸ばして「乗せる」感覚で。一通り塗ったらもう一度塗る。
ケチらないこと。

先の方の回答の中にあった「目の保護」。
直接肌を焼くよりもメラニン生成度は遅いでしょうけど、
UVカットのサングラスは必須です。

普段直射日光に当たらない人だと少しの肌焼けでも
焼けたように感じるのは当たり前です。

日焼け止めの正しい使い方をやって、それでも焼けるなら
「焼けやすい体質」と言えるかもですね。
腕や足などは長袖長ズボンである程度対処出来るはずで、
問題は顔や首すじです。つばの広い帽子、サングラス、
そして日焼け止めですね。

投稿日時 - 2016-05-06 13:13:41

お礼

参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-08-20 12:42:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

黒いサングラスをつけると肌が黒くなります
瞳孔が開いてより紫外線をキャッチするからだそうです

透明のサングラス99・9パーセントのものでなおかつ顔の横から光が入らないように密閉されているものがおすすめです

毎日とくに抗酸化作用の高い食べ物を外に出る数時間前に接種する

ほてりもいけないようで、
ほてりをさますために、冷タオルで冷やす

肌を守る
化粧水の水分(あまり蒸発しにくい高価なものがおすすめ)
乳液の油分と細胞を整列させる


美白目的のものであっても
ピーリングNG
薄い保護膜をはがすことになるので。
新陳代謝を上げることも大切だけど
そのために紫外線保護膜を傷つけるのはよくない
化粧水をしてもすぐ蒸発するのでしわたるみの原因になる

スクラブ入り洗顔やメイク落としで肌に触れるくらい摩擦することも保護膜をめくることになり肌の負担になる

ヒートショック療法で
42度43度くらいのお風呂で顔を20分くらいつけると顔が真っ赤になる
それで内部に自らの再生細胞が活性化する

背中のコリをなおして顔にも栄養をいきわたらせること

オイルと一緒に栄養を食べないと吸収率悪い

顔に直に太陽が当たれば、
地面や大気の反射の何倍も紫外線を吸収する

SPF50がたとえ耐水性に優れていたとしても+アルファで
顔に服を着せるように帽子だけでなくサイドからの光線も防ぐこと

紫外線に当たる職業の人のデータでは
他の80歳の人よりも肌が100歳に見えるくらい
ただれてしまいます
ここは日本でアメリカ等より紫外線は弱いですが、
冬も焼けるので気を付けてください
とくに防ぎにくい地面からの照り返し、気づきにくい横顔に注意です

頑張ってください

投稿日時 - 2016-05-06 23:52:18

お礼

参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-08-20 12:38:51

ANo.7

ご質問の内容からでは、
塗り方が足りないのか、
何らかの理由で過敏になっているのか、
良くわかりません。
たとえば、「光線過敏症」という病気があり、
この病気ならば、日焼け止めを塗った程度では、
十分な効果は得られません。
また、何らかの薬剤を飲んでいることの副作用で、
光線過敏症になる場合もあります。

なので、まずは、日焼け止めの塗り方を工夫する
(量を増やす、別の日焼け止めにするなど)
ことから、始められてはいかがでしょう。

光線過敏症の場合は、厚地の長袖を着る、
目出し帽のようなものを被らないと、防げません。

いずれにしても、ひどいようならば、皮膚科で診察を
受けてください。

投稿日時 - 2016-05-06 17:19:49

お礼

参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-08-20 12:39:42

日焼け止めだけで日よけをしてるのでは。
日焼け止めプラス帽子や日傘、UVカット素材の服なども着ないと普通に日焼けします。

投稿日時 - 2016-05-06 15:48:13

お礼

参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-08-20 12:40:09

ANo.5

こんにちは

朝の10分の駅までの通勤でも焼けます。

今まで、室内にいたからというのではなく
日焼け止めだけでは紫外線は防げません。

uvカットの帽子、手袋、マフラー
アスファルトの照り返しも日焼けの原因になります。

後は、目からの日焼けです。
これも、白内障などに繋がるので注意してください。
濃いお色だからいいのではなく(濃すぎるのは良くない)
UVカットをしているモノ。

日が昇っている時間にウォーキングするよりも、日の出前や
夜などの方がいいと思います。

私は目も肌も弱いので、完全防備で外に出ますが
それでも、焼けたような感じがします。

手袋も二枚した方がいいと思います。

日焼け止めも、安いモノはそれなりの効き目だと思われたほうがいいと思います。

定められた量をきっちりむらなく塗ることも大切です。

ご参考になれば幸いです。

http://antiaging.akicomp.com/?p=6438

投稿日時 - 2016-05-06 15:33:19

お礼

参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-08-20 12:40:58

沖縄の人の話では、
>もしかして普段日焼けをしない人が急に日焼けをする環境になると、日焼けされやすいのかな
は、まったくはずれてない答えです。
その沖縄出身の人が、仮に名古屋に10年暮らして、そしてまた沖縄に戻ってくると(からだが本土仕様にかわったのか)、戻ってから2、3年くらいはひりひりと(痛みがある)焼けるんだそうです。
それが、3年5年と住んでるうちに、肌も茶色っぽくなって、半袖ですごしてても、「日焼けした」と感じるほどもなくなるそうです。

いきなり1時間じゃなくて、最初は20分くらいから、すこしずつ体をならしていったらどうでしょうか?

そして、特にSPF50でなくても、1時間程度の今の時期(普段はそんなに汗をかかない時期)なら、SPF35とかでも、帰宅してぬりなおしたらいいから、十分だと思います。
PAも++以上がよいです。
頬骨の上と、鼻筋、顎の高いところは、2度塗りしたほうがいいです。
日傘さすか、縁の広い帽子をかぶるか、農家のおばさんがかぶってるような頬もかくせる帽子をかぶるか、「やけーぬ」という大きなマスクのようなものをつけるとか、工夫してみてください。

投稿日時 - 2016-05-06 14:19:14

お礼

参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-08-20 12:41:55

ANo.2

日焼け止めは、書かれている効果を発揮するには、「1cm2 に 2グラム」というかなり厚塗りしていないとダメなのです。

縦横1cmの正方形の中に2g塗らないと、あのUVカット機能は完全には発揮できずに、薄くなるほど、UVは肌まで届きやすくなってしまうのです。

投稿日時 - 2016-05-06 12:46:21

お礼

参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-08-20 12:43:29

ANo.1

皮膚に紫外線を受ける以外にも、目から入った紫外線によっても、メラニン色素が作られます。サングラスやシェード付の帽子で目に入る紫外線もガードすると良いですよ。

投稿日時 - 2016-05-06 12:29:38

お礼

参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-08-20 12:45:35

あなたにオススメの質問