こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

イラストレーターの使い方)文字の画像処理の方法

お世話になります。
食品のデザインラフをイラストレーターで作成しております。
半紙に書いた筆文字をスキャンしてイラストレーター(クリッピングマスク)で切り抜きましたが、
その場合、アピアランスで筆文字の周りに白ふちをつけたり、筆文字の太さを調整することが
できません。
普通にフォント文字でしたらこちらの調整は可能なのですが。
切り抜いた文字が図形化したためで融通がきかなくなっていると思いますが
コントロールする方法を教えて頂けますか。
フォトショップのソフトも入っていますので使用は可能です。
イラストレーターはCS2、フォトショップCS6です。

投稿日時 - 2016-04-25 18:09:37

QNo.9163690

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

以下、参考になりそうなページをご紹介します。先にご紹介した、Photoshopで範囲を指定してパスを作り、Illustratorに書き出す方法が1。Photoshopで範囲を指定したままコピー、その後Illustratorにペーストをする方法が2です。

両者に共通する「範囲を指定」とは、半紙に墨で書いた筆文字のスキャンが元データなら、黒い部分を選択して範囲を指定するという意味です。一箇所を選択するだけで同じ色の範囲が全て自動的に指定されます。注意する点としては、例えば二文字「日本」の「日」の黒い部分を選択しただけは、「本」は選択できないということです。但し「日本」の文字間が一筆書きの様に繋がっていれば「本」まで自動的に選択されます。同一のつながったオブジェクトであると認識をするからです。

また、黒に濃淡がある場合、薄い部分(ハネた部分など)が選択から漏れる場合もあります。その際は、黒を選択した後に、そのまま「近似色の選択」を選ぶことで、書き文字の全ての範囲(色がついている箇所全て)を指定することができ、「日本」であれば文字間が離れていても2文字が自動で選択されます。同一画像内であれば全てが有効範囲となる為です。

1.Photoshopで範囲を指定、Illustratorにパスを書き出す方法

■ Photoshop CS5からIllustrator CS5へパスを書き出す
http://jojo.weblike.jp/?p=911

2.Photoshopで範囲を指定、そのままコピーして、Illustratorにペーストする方法

■ 選択範囲をパスにしてIllustratorデータを作る方法
http://homepage3.nifty.com/purinto/makepas.html

投稿日時 - 2016-04-26 17:39:31

お礼

再びありがとうございます。
ラフ案は文字以外はできており、最初お教え頂いた方法で時間はかかりましたが、
成功しました。
あなたのおかげでほんの少しですが一歩前進できました。
せっかく追記頂いたので色々試してみたいと思います。

投稿日時 - 2016-04-26 22:16:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

スキャンしたものは文字であっても図形ですからアピアランスなどの操作はできません。

> 筆文字の周りに白ふちをつけたり、筆文字の太さを調整することが

スキャンした筆文字はスミ色だと思います。擬似的な方法として、文字の周囲にケイ線(白)を入れれば白フチになり、ケイ線(黒)を入れれば筆文字の太さが太くなったように見せることができますが、クリッピングマスクにした段階で、既に、文字のスミ色以外は見えなくなっている為、そこに操作を加えても正しく反映されない可能性があります。以下の、Photoshop上でパスを設定する方法が最も早いと思います。

まず、スキャンデータをPhotoshopで開き、スミ色が付いた文字部分を全選択、選択範囲をパスに変換して、illustratorに持ってくる方法(やり方は割愛しますが、Netで検索をしてご確認ください)があります。Illustratorに持ってきたパスは、図形になっていますので、ケイ線で太らせたり、白フチを入れるなど自在にできます。

もしくは、Photoshopでスキャンした文字を開き、選択範囲を拡大する指定で文字のスミ色よりも範囲を広げ、スミ色で塗りつぶす方法で太らせることもできます。

ご参考まで。

投稿日時 - 2016-04-25 18:53:50

お礼

早速ご回答頂きありがとうございます。
困っておりましたので、大変助かります。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2016-04-26 15:03:16

あなたにオススメの質問