こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Yラグのサイズが合わない場合の対処法

お世話になっております。
現在利用しているスピーカーケーブル(スピーカーから生え出し)は5mm径のYラグにて末端処理されています。
アンプによってはスピーカーターミナルが大型で6mmや8mm以上の最小径となりますが、最小径が邪魔をして機器交換に踏み出せません。
Yラグをちょん切ってバラなり別のYラグ、バナナプラグに付け替えることも検討しましたが、今後もし下取りに出す場合などを考えるとできれば避けたいです。
上記前提の上、現在ケーブルについているYラグよりも径が大きなターミナルに接続する場合には、どのような手段がございますでしょうか。
例えば、最小径8mmのスピーカーターミナルに接続する場合、

[8mmターミナル]→[8mmYラグ→5mmターミナルを両端とする変換用ケーブルを自作]→[5mmYラグ]

といった策しか思い浮かばないのですが、他に良い方法はございませんでしょうか。
#変換の際に音質が劣化することには目を瞑ります…
Yラグのサイズが合わない際の定番のやり方など、こうすれば?というものがあれば(勿論定番でなくても)アイディアを教えていただけますと幸いです。
以上、宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2016-04-18 22:04:14

QNo.9160576

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

自作が可能な人であれば、中継タイプの端子台を使ってスピーカーケーブルを延長する方法は如何でしょう。Yラグ用に作られた端子が一番安定して接続できる筈ですので。

5mmネジ端子台 https://www.monotaro.com/p/1856/9057/
端子台のアンプ側にも端子台と接続する為にYラグが必要です。
5mm用Yラグ端子 http://www.cosmowave.jp/scb/shop/shop.cgi?No=944&

実測5mmのYラグは5mmネジ端子には微妙に合わないと思われますので、ネジ径がワンランク小さいものを使います。
4mmネジ端子台 https://www.monotaro.com/p/1856/9005/
5mmYラグ端子 http://www.cosmowave.jp/scb/shop/shop.cgi?No=942&

中継用はネジが一極あたり2つあるのですが、
ネジが一極あたり一つで裏に半田付け用の端子が付き出た基板用の端子台
イメージ http://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/222000459307/
で、アンプ側ケーブルは半田付けして被子チューブで絶縁処理しておくという方法も一案だと思います。
二極端子ばかり紹介して来ましたが、四極以上の端子台一つで左右の結線をすることもできます。結線後の取り回しなど状況に合った方法で作られると良いでしょう。

投稿日時 - 2016-04-20 10:04:35

お礼

端子台タイプの変換器を挟むのが妥当なところでしょうか。
端子台も紹介していただき有り難うございます。
途中に端子台を挟む構造で接続させていただきたいと思います。
大変助かりました。
誠に有り難うございました。

投稿日時 - 2016-04-23 02:55:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ある程度以上の位置付けのモデルで、ケーブルが直出しのものには出会ったことはないのですが、タンノイなどの古い名機と言われるものなのでしょうか?私は40年以上前のモデルにはあまり馴染みがないので…。

やはり変換ケーブルを作るのが一番無難だと思いますね。
ケーブルを交換しようなどという発想がない時代のものだと思われますので、原音再生とは違ったスピーカー自身の特有の音や雰囲気を持っているのではないかと。短いケーブルや接触面の影響などには目をつぶりましょう。

投稿日時 - 2016-04-19 05:50:36

お礼

変換ケーブルが無難なようですね。
スピーカーはそんなに古いものではなく、タイムドメイン社のYoshii9というものになります。
参考にさせていただきたいと思います。
ご助言下さって、誠に有り難うございました。

投稿日時 - 2016-04-23 02:53:09

あなたにオススメの質問