こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

投資信託について

毎月、投資信託を1万円積立したとします。
例えば、50年後、日経平均が今と同じだとします。

途中、日経平均が40000円のときもあれば、10000円の時もあるかもしれません。
解約する時に今と同じであれば、手数料は考慮なしとした場合、600万の積立に対して、600万帰ってくるという感じですか?
もちろん投資信託の成果は商品によって違いますが、あくまで平均として考えた場合でお願いします。
日経平均が同じというよりも、その投資信託の基準価額が同じであればと考えたほうがいいかもしれませんが。

投稿日時 - 2016-03-21 20:39:05

QNo.9146680

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

毎月同じ金額で買いつづけますから
下落した場合は多く本数が買え
上昇した場合は少なく本数が変われることになります。
50年間の間にはじめたときの金額を下回ることが多いなら多く買え
上回ることが多ければ少なくしか替われませんから一概にいえません。
手数料を無視した場合でも600万にはならないでしょう。

一般的に物価は長期的にみると緩やかに上昇カーブを描くので
日経平均連動も物価に連動して上昇するはずです、
それが50年前と同じ日経平均の金額ということは上昇したあとに大暴落してると
思われるので600万よりは少なくなるはずです。

http://baseviews.com/chart/nk225-j.html
だって50年前の1966年の日経平均は約3000円弱今の1/5程度です
大卒初任給/24.890円 はがき/7円 封書/15円/かけそば/60円 理髪料/420円 おおよそ物価は9倍になっています。

50年前はからは高度成長を経ていますから
これからの伸びが同じ用に伸びるとは思えませんが50年先は物価は少なく見積もっても
3~3倍になっているはずです。

なので50年前と後が同じってことは一番高い時期から日経平均が1/3~4になってるってことなので
600万からは確実に額面割れしますね

投稿日時 - 2016-03-21 21:30:01

お礼

詳しく解説していただいてありがとうございます。

投稿日時 - 2016-03-23 07:06:16

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

手数料その他無しで基準価格が同じであれば、計算上はそういう事になりますね。
もちろん、現実には有り得ませんが。

投稿日時 - 2016-03-21 21:55:06

ANo.1

 
日経平均に連動する投信とすれば、返ってくるのは600万円より少ない
投信によりますが少なくても年間0.3%程度の手数料を取られますから50年間では15%にもなります
大雑把ですが、90万円は手数料に取られる事になります
 

投稿日時 - 2016-03-21 20:48:44

あなたにオススメの質問