こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本の少子化って何が悪いの

そもそも国民が子供の増加など望んでいるのでしょうか?
まわりの身近な人にきいても
「人が多すぎて嫌だ~」「今日も渋滞かよ」「ガキうるせーーな」
とかそういう会話ばかりでてきて、
子供が増えてほしいなんていう会話を聞いた事ありません。
まぁ都会うまれ、育ちなので、地方都市や田舎の人間はわからないけど。
そもそも、少子高齢化って、元を辿れば戦後に無計画に増やしすぎた世代が
高齢化して、高齢者比率が高くなり社会保障がどうたらこうたらで子供をもう少し増やしましょうっていう物でしょう。


でも、増えてほしいと思わないし、ましてや他人の子供に自分の税金が使われるならもってのほかなので、子供手当や大学等の無料化などは断固反対し、そんな政策かかげている人間には、自分もまわりも投票しないでしょうけどね。
だから、政治家もあまり、人口に関する政策を大々的に掲げている人って少数に思います。

投稿日時 - 2016-03-20 17:40:22

QNo.9146019

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>日本の少子化って何が悪いの

本当に少子化で国が滅ぶのであれば、それはその国の運命(天命)ですので、人間は如何ともできません。

問題は、少々の少子化では国は滅んだりはせず、細々と続いていくことです。企業で言えば倒産も廃業もできないまま赤字が続くような状態が延々と継続するようなものです。年々比率が上昇してゆく高齢者を、年々減り続ける働き盛りの人々が支え続けるにはどうすればよいでしょうか。

日本の出生率(合計特殊出生率)は1970年代以降、将来の人口が長期的に減少しない「人口置換水準=2.07」を下回っていますので、仮に来年以降の出生率が2.07をずっと維持するという、現実的ではない仮定を行っても、直後の「ベビーブーム」期を除けば今後60年以上人口の減少が続きます。

また短期的には、出産が受け入れ可能な施設や、小児科の医療機関、保育所・幼稚園、小学校など、およそ新生児から学齢期まで子どもに関するすべての施設や専門職が不足します。考えてみれば当然のことですが、少子化の今でさえ不足している保育所は出生率が2以上になれば極端に不足することは明らかです。このことは、国や自治体が本気で少子化対策を行って出生率を回復しようとするならば、生半可なことではできないということを意味します。

よく、出生率が○○だと日本人の数は○○年後にはゼロとなるなどという話がありますが、あれはあくまでも数学的なモデルの話です。現実には切羽詰まれば移民の受け入れなどありとあらゆる方策を採るでしょうから、そうはならず、日本という国は続いていくでしょう。日本列島で人類が誕生したのではない以上、今日本に住んでいる人は日本の国籍の有無にかかわらず、過去のいつかに日本列島に渡ってきた人の子孫です。先住民と渡来人の大規模な戦闘などは発生せず、大昔に移民に拒否反応を示さなかったから今日の日本があるともいえるでしょう。

奈良時代の日本の人口は1000万人以下だったと考えられますが、それでも少なくとも本州の大部分と九州・四国を領域とする統一国家を形成できていました。当時なかった通信手段や交通機関が現在以上に発達する遠い将来、日本人の人口が1000万人以下になったとしても、十分国家としてやっていけるでしょう。現在日本のおよそ7割の国土面積のニュージーランドの人口が450万人余りです。

現在のニュージランド並みの人口密度で、自然豊かな「小国寡民」の日本列島を想像してみますと、それはそれで魅力的です。ただし現在の1億2000万人以上の人口から、それに至るまでの減量の苦痛が半端ではないところが最大の問題点なのです。

投稿日時 - 2016-03-21 11:37:43

 現在自分の税金を他人の子どもに使わせたくない人は、自分が働けなくなった時に他人様からの税金で保護できないようにすれば良いかもしれませんね(笑)
もしくは自分が結婚し、子どもができた人は自分の子供の稼ぎで100%養ってもらわなければならないという法律とか(笑)

 どうします?そういうことになりますよ?このまま少子化が続けば、50年もすれば確実に。2065年には65歳以上が総人口の5割以上になります(現在は25%くらいかな)
早く結婚して子どもを一人でも多くもうけましょうね。
それが将来(老後)の自分自身の生きるための一番確実な方法です。
もちろん質問者さんだけではどうしようもありません。現在(もしくは将来的に)結婚し、子どもがもてる全ての人・・・要するに40歳以下の人達への警鐘です。

投稿日時 - 2016-03-20 20:49:22

当ったり前じゃねえかよ!
てめえな、「年金ネット」で自分の将来受給できる年金額確認してみろよ。

大体にして、独身者や子供を持たないご夫婦の方もこのまま出生率が低下すれば、
年金額が今より数万円減額されるわけですし、少子化改善に反対してどんなメリットがあるんでしょうか。おたくも損するだけじゃねえか。

確認してみたらよ、「え?独身だったら平均年収のサラリーマンだと月13万?
少子化で出生率が1.12人になったら、12万?
生活保護以下じゃねえか!!!これで暮らしていけるか!!!」となるだけとちゃうか?

※現在、モデル世帯(現在65歳の平均的世帯~平均的な賃金で40年間厚生年金加入と専業主婦のの夫婦)の一カ月の年金支給額は、21.8万円です。現役時代の平均収入34.8万円の63%分が年金として貰えます。この割合を「所得代替率」呼ぶそうです。
「現在30歳の夫婦が2060年、77歳の時に貰える年金月額は、『17.6万円(所得代替率50%)』だが、出生率が現在の1.39人から1.12人に下がった場合は『16.4万円(所得代替率47.3%)』と、一万円以上減額」です。

○得代替率の見通し~実際、「どのくらい」受け取れるのか
http://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/verification/

結論:少子高齢化が悪い理由~老後貧困に陥るから

投稿日時 - 2016-03-20 19:12:26

ANo.1

今の出生率だと1000年後に今の日本人が日本列島から消えます。

投稿日時 - 2016-03-20 17:53:40

あなたにオススメの質問