こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ソーラーパネルで室内温度が下がる?

ソーラーの販売業者の話では、パネルを屋根に設置すると日差しがカットされ室内温度が2~3℃下がる。夜はパネルと屋根瓦の隙間の通風で更に温度が下がり、「真夏の夜も快適ですよ」と言われ心が動きました。夏の夜間の室内温度が下がるというのは事実でしょうか?それなら冬は熱放射がなくなるので寒くなるのでは?と質したところ「いえ、2~3℃暖かくなります」との返事です。どなたか知見のある方お教えください。

投稿日時 - 2016-03-15 10:18:59

QNo.9143339

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ソーラーパネルだから温度が低下したり上昇する訳ではありません。
ご質問にもあります通り、屋根に対して日陰を作っているだけです。
お宅の屋根の総面積の何%に相当するパネルを設置されますか、それ次第です。
更に屋根の瓦やスレートなどの材質次第です。

セールスマンが2~3℃下がると言っている根拠が良く分かりません。
パネルの下でだけの話ではありませんでしょうか。
どこの温度が下がると言っていましたでしょうか。

パネルと屋根の間の通風は日中でも起きています。
周囲の屋根が加熱されていますので、むしろ日中の方が空気は動きます。
パネルの下は確かに周囲よりも温度は低いでしょうからその分夜間も放熱が少ないでしょう。

冬季は室内で暖房された熱が屋根から放出されています。
この屋根の上にパネルが置いてありますのでその分放出が遅れるということはできます。
これも屋根全体の面積に対するパネルの比率いかんです。

そもそも、この屋根の加熱や熱の放出を最小限におさえるために天井という構造があり、よほど古いお宅で無い限りは断熱材が入っています。
古いお宅でも断熱材は簡単に敷き詰めることができます。
器用であれば、ネットで購入して素人でも敷き詰められます
(但し余りお勧めはしません)
工賃を含めてもソーラーよりも廉価です。
これの方が余程効果は高いでしょう。

投稿日時 - 2016-03-15 19:50:16

お礼

大変くわしく、分かりやすいご説明ありがとうございます。パネルはかなり光を反射しているように見えます。あまり涼しくならないということは熱の反射より吸収の方が多いということでしょうか。冬は遠赤外線の放射をブロックするのはよいですね。遮熱ができないとなるとソーラーの魅力半減という感じです。屋根は寄棟で瓦です。

投稿日時 - 2016-03-15 22:08:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

初めまして、自分の家も取り付けた時に言われましたが
大差有りませんよ。(笑)
太陽光が目的だった為気になりません。
エアコン、暖房は使います。

投稿日時 - 2016-03-15 19:56:39

あなたにオススメの質問