こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今の少子化は人口爆発問題対策からきたものですか?

日本は第二次ベビーブームが起きていた1975年ごろまでは人口の増えすぎが問題になり、
出生抑制発令を出し会議などをした。
それ以降は子供の数は減少したものの、思いもよらぬ平均寿命の急激な上昇で高齢化社会になってしまい、社会保障が追い付かず今度は少子高齢化対策をせざるえなくなった。

こんな流れなんですよね。

人口は多すぎる、出生数は100万以上もあるのに、高齢者比率は世界5番目と
異常な人口構成になってしまっているから。

投稿日時 - 2016-03-01 14:23:17

QNo.9136229

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

戦争が終わって、日本を復興させねば、という
ことで産めよ育てよ、とやって人口を増やしました。
これが団塊の世代で、今の65~70歳ぐらいの
お年寄り達です。

その後、日本も豊かになり、女性の高学歴化
社会進出が進むと、結婚数の減少、夫婦間の子供数
の減少が起こります。

その結果、団塊の世代がやたらに多く、子供が少ない
となり、現代の少子高齢化に到ります。

こうなることは、実は半世紀以前から指摘されて
いたことです。
事実、祖父の社会科の教科書にその問題点が
指摘されていました。

実に半世紀の間、政治家、官僚達は何もして
来なかったのです。

投稿日時 - 2016-03-01 17:53:12

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-03-07 15:14:32

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

「こまねずみ」が規制緩和だとかで
1人分の給料を1.5~2人で奪い合う社会にした結果
結婚も出来ず、しても共働きをしないと食べられない社会になった
 
そのツケが今になって出ているのです

投稿日時 - 2016-03-01 16:27:34

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-03-07 15:15:05

ANo.1

 今の少子化は人口爆発問題対策からきたものですか?

 いえ、就職難、独身貴族文化、共働きの必要性と高齢出産、学資の高騰と一家の経済情況の逼迫による子供の数制限、などが原因では無いかと思われます。

投稿日時 - 2016-03-01 15:08:50

あなたにオススメの質問