こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

戦場で使用されていた土のうについて

最近、タミヤの土のうセットというものを買ったのですが、
箱の裏面に土のうについて色々書かれていて、
戦場で使用されていた土のうに興味がわいてきました。

箱の写真を見てふと思ったのですが、
土のう袋はどのような作り・構造になっているのでしょうか?

下の写真を見ていただきたいのですが、
土のうの前面に縫い目がある物とない物がありますよね。
ということは、1枚の布を半分に折って、
折り目以外の3辺を縫っているということでしょうか?

写真を見る限り、巾着袋のように紐で縛るような
構造にはなっていないと思うのですが・・・。

あともう一つ疑問があります。
戦場では土のう袋の中に、現地の土や砂等を入れると思います。
もし、土のう袋が上記の3辺を縫う構造だとしたならば、
手縫いでかなりの時間と手間がかかると思います。
実際、土や砂等を土のう袋に入れてから、
縫う作業を行っていたのでしょうか?

長くなってしまいましたが、以上2点につきまして
ご回答をよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2016-01-29 19:16:27

QNo.9119031

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

工場から出てきた土嚢袋は、縫い目が表面に出ています。
使うときは裏返して、縫い目を中に入れます。そのほうが強度があるからです。
実際に土を入れる量は六分目くらいまでで、巾着になっている口を縛って、本体を巻き込むように織り込んで積みます。だからタミヤのパーツは積んだ状態なので、巾着部分が再現されていないのだと思います。
現場で縫うわけじゃないですよ。
今でもそうですが、袋を裏返すのを忘れて土を入れてしまうことがあります。タミヤのパーツで縫い目のあるもの、ないものは、そのあたりの「間違い」も再現されているのではないでしょうか。

投稿日時 - 2016-01-29 20:01:18

お礼

ご回答ありがとうございます。

具体的なご回答で勉強になります。
実際は巾着になっていても、
隙間なく積み上げてあるので、見ていていない
ということですね。

土のう袋を買ったことがないのですが、
購入時は縫い目が外に出ているのですか。
それは知りませんでした。
何かのときに役に立ちそうな知識ですね。

間違いの再現とか、色々考えると面白いですね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-01-29 23:20:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

3辺を縫います。
袋は内地でミシンで縫い、現地で縫うことは少ないと思います。
縫ってない1辺は、土を入れてから袋を折り曲げて下に敷けば、土の重さで押さえ込まれ、こぼれることはありません。
現在の土のう袋は絞るひもが付いており、巾着式になっている物がほとんどです。

投稿日時 - 2016-01-29 19:45:35

お礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど、それなら素早く土のうが積めますね。
片付けるときも簡単そうですね。

色々と勉強になりました。
知りたい欲が満たされて満足です。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2016-01-29 23:14:11

あなたにオススメの質問