こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

一般口座株の確定申告

昨年、上場株式(大口とかではありません)特定口座源泉徴収有りと間違って一般口座で株を売却したのがあります。

(1) 一般口座は確定申告必要ですが、一緒に特定口座で売却した分もしなければならないのでしょうか?

(2) また、会社で年末調整も済んでおり源泉徴収票も手元にありますが、こちらの給与分についても一緒に確定申告しなければいけないのでしょうか?

(3) また、株の配当金も確定申告しなければならないのでしょうか?

投稿日時 - 2016-01-06 11:57:28

QNo.9106950

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

dymkaです。

>申告用紙はBの第一、第二、第三(分離課税用)と3種作成という事で合ってますでしょうか?

はい、「確定申告書」は「三表」まで作成・提出が必要です。

ちなみに、「申告書B」は「誰でも使える申告用紙」で、「申告書A」は申告できる(記載できる)所得を限定した、言わば「申告書Bの簡易版」といった位置付けの申告用紙です。

---
なお、「申告する所得の種類」によって「添付(もしくは提示)」が義務付けられた書類がありますのでご留意ください。

たとえば、「給与所得」がある場合は、「給与の支払者」から交付された『給与所得の源泉徴収票』の【原本】の添付が必要です。

また、「株式等に係る譲渡所得等」がある場合は、『株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書』を【作成】して添付します。

その他、【納税者個々の事情によって】【別途】「添付書類」の作成・添付が必要になる場合があります。

※国税庁の「所得税(確定申告書等作成コーナー)」を利用すると、(原則として)必要な添付書類も自動的に作成されます。

(参考)

『確定申告期に多いお問合せQ&A>……>Q22 確定申告書を提出する際に必要な書類はどのようなものですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/06.htm#q22
>申告する内容によって添付が必要な書類は異なりますが、一般的には次のような書類を添付する必要があります。
>なお、(17)~(22)については、申告の際に提示していただいても結構です。
>(3) 給与所得がある場合:給与所得の源泉徴収票(原本)
>(9) 申告分離課税の株式等に係る譲渡所得等がある場合:株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書
---
『所得税(確定申告書等作成コーナー)|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

投稿日時 - 2016-01-06 16:56:11

お礼

大変ご丁寧に教えて頂き感謝いたします。
初めての事でしたのでゼロからのスタートで困っておりましたので非常に助かりました!
国税庁のHPも見ながら作成頑張ります。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2016-01-06 20:04:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

>(1) 一般口座……一緒に特定口座で売却した分もしなければならないのでしょうか?

いえ、「源泉徴収が行われる特定口座(源泉徴収口座)」の「株式等の譲渡益(譲渡所得)」を申告するかどうかは【納税者の任意】です。

(参考)

『平成27年分株式等の譲渡所得等の申告のしかた(記載例)>【参考1】平成27年分 株式等の譲渡所得等のあらまし【PDF】|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2015/kisairei/kabushiki/pdf/15.pdf
>52ページ
>【注 意】
>1  源泉徴収口座の譲渡所得等の金額又はその源泉徴収口座の配当所得の金額を申告するかどうかは【口座ごとに】選択できます(1回の売却ごと、1回に支払を受ける配当等ごとの適用はでき
ません。)。


>(2) ……給与……についても一緒に確定申告しなければいけないのでしょうか?

はい、「所得税の確定申告」は、【その人の】【その年の】【すべての】所得を元に所得税額を確定させて、その過不足を精算する手続きです。

なお、「源泉徴収口座内の所得」の申告が任意なのは、あくまでも【証券税制の特例】によるものです。

(参考)

『所得税>……>確定申告|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>【所得税の】確定申告は、……1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その【過不足を精算する手続き】です。


>(3) ……配当金も確定申告しなければならないのでしょうか?

いえ、「配当金(配当所得)」については、「確定申告不要制度」を利用することも可能です。つまり、申告は「任意」です。

なお、「源泉徴収口座に受け入れている配当金」については、ルールが異なりますのでご留意ください。

(参考)

『所得税>……>配当金を受け取ったとき(配当所得)|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm
>4 税額の計算方法
>(2) 確定申告不要制度



*****
(その他、参照したWebページ・参考リンクなど)

『確定申告期に多いお問合せ事項Q&A>……>Q1 所得税の確定申告をする必要がある人は、どのような人ですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q01
『所得税>……>確定申告を要しない場合の意義|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm
『確定申告期に多いお問合せQ&A>……>Q22 確定申告書を提出する際に必要な書類はどのようなものですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/06.htm#q22
>(3) 給与所得がある場合:給与所得の源泉徴収票(原本)
---
『「源泉徴収ありの特定口座」への配当等の受け入れ|SMBC日興証券』
http://www.smbcnikko.co.jp/service/account/tokutei/haitou/
---
『確定申告期に多いお問合せ事項Q&A>……>Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

***
『国税に関するご相談について|国税庁』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm
『国税庁の機構>納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/
---
『腹が立つ国税局の税務相談室(2009/07/15)|税理士もりりのひとりごと』
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切(2007/03/11)|こっそりと。』
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ(2012/03/23)|税理士もりりのひとりごと』
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html

***
『会社情報>利用規約|OKWAVE』
http://www.okwave.co.jp/about/user-agreement.html
>第6条(免責事項)

投稿日時 - 2016-01-06 14:25:23

補足

早速のご回答ありがとうございます。
ちなみに申告用紙はBの第一、第二、第三(分離課税用)と3種作成という事で合ってますでしょうか?

投稿日時 - 2016-01-06 15:52:49

あなたにオススメの質問