こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Windows

MicrosoftはWindows7から8.1までを無料アップデート可能にしてしまって今後Windows10以降は出さないらしいですがこれからどうやって儲けていくのでしょうか? 全く新しいOSを出すか他社が出すんでしょうか?

投稿日時 - 2015-11-05 02:28:28

QNo.9075231

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

WindowsXPがどれほどMicrosoftを苦しめたか?そういうことだと思いますよ。
未だにXPを使い続ける人がいます。どう考えてもXP一つでMicrosoftが得る利益は
数千円にしかなりません。

なのに、それを2001年から14年も使い続けられているだなんて
商売でコストを計算したことがある人なら、絶望的に悪質なユーザーですよ。

つまり100均で買ったTシャツ一着を十数年使い続けるような人ばかりなら
服飾産業は滅びます。


コンピューター業界は、市販OSという市場がほとんどありません。
実質的にそこで売られているのはWindowsばかりで
競合と考えられるのは、iOSやAndroid、それにOS Xで、これらとは販売戦略で争うことがありません。
Windows PCに後から導入することもできるLinux系OSやFreeBSDも
無料配布が主体のOSですから、販売戦略で争おうとしても
そこには、無料配布vs値下げ勝負ですから、一方的にMicrosoftが損する構図です。
相手は、(*1)OSを売らなくても成立する仕組みを持っているんですから

すでに、OS販売に大きな収益を期待できる時代なんか終わっているんです。

であるがゆえに、Vistaは売れなかったし
7が好評価を受けてもXPから買い換えない人が大勢いて
8の特価販売にも見向きもしなかった人が、いくらでもいて
10の無料配布が来てから、二世代移行の大きなギャップで
いろんなトラブルを露呈させているのですから
無料配布して、評判を落とすようなことがあるのでは、Microsoftがお気の毒になります。

とてもじゃありませんが、この先、OSを売って商売する気もなくなりますよ。

ですから(*1)を、Microsoftも獲得する必要があります。

2012年末のことでした、Microsoftの株主総会で
今後はデバイスとサービスの企業となることが示されました。

それはiOSやOS Xを売るよりも、MacやiPhoneを売るApple社
AndroidもAndroid端末も売らず
ChromeOSもChromebookも売らず
サービスから利益を得るGoogle社の後追いとも言われていますが…

Microsoftが何から利益を得ているのか?一番詳しいのがMicrosoftと株主です。
彼らが納得するこれからの方針、そこに第三者が異論を挟む余地は無いのでしょう。
それが順風満帆とは限りませんが…
消費者としては、Microsoftを見捨てて手にする、何かいい物が表れるのであれば
Microsoftが滅んだとしても、それほど困ることは無いはずですよ。

コンピューター業界は、これまでにも、いくつもの伝統あるビッグプレーヤーを
引退させ、この星から消し去ってきたんですから。

投稿日時 - 2015-11-05 11:06:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

Windowsは「デスクトップ向けのOS」としては盤石ですが、スマホやタブレットといったモバイルの世界では、Android(Google)やiOS(Apple)に比べてMicrosoftはやられっぱなしです。若者の普段使いではスマホで充分という人も増えてコンピュータ全体におけるWindowsの存在感は低下しています。Microsoftが打開策として「無料でWindows10の提供」の大キャンペーンをやっているわけです。とにかく最新のWindows10に移行してもらってMicrosoftのビジネスモデルに乗っかってもらう必要があります。WindowsというOSの販売だけで儲けるのをやめて、アプリストア、コンテンツや各種サブスプリクションサービス(Office365やOneDriveの追加容量)で総合的にMicrosoftが提供するサービス全体で収益を上げていくという大きな方針転換です。モバイル向けサービスもデスクトップむけサービスとできるだけ一体化して、ユーザーを囲い込んで反撃するのでしょう。

Googleが自社サービスを使いやすいように最適化されたAndroidを無償提供して、自社サービスをたくさんの人に使ってもらい、ユーザーを囲い込むことでGoogleの広告売上を増加させたことにも似たビジネスモデルです。Appleは昔からこういうビジネスモデルでしたが、時代の流れでしょう。

投稿日時 - 2015-11-07 00:32:35

ANo.5

50代♂
> 今後Windows10以降は…
Microsoft 様が事実上、提携先に株式買収されて現在、経営陣が
一掃されています…社名はそのままだけど?主力 OS 名を変更して、
Windows 10 以降は、Windows 名が使われないとかって聞きました。


Windows Vista は、今も北欧圏の国で政府採用されて下り、国の
予算の都合で、新 OS への以降が遅れています。
民間会社や一般家庭は、殆どが Windows 7 → Windows 10 へ、
順次?移行中との事です。

投稿日時 - 2015-11-05 12:38:00

ANo.3

新規は有料だし、無料アップデートの期間は、1年だけですから、それ以降は有料です。
最大の目的は、中国の海賊版ユーザーを正規ユーザーに取り込むことみたいですが。
あとは、アップル、アンドロイドとの勝負ですね。

投稿日時 - 2015-11-05 08:40:40

ANo.2

それについてはWindows8か10が発表された頃だったと思いますが、ビジネス系メディアやIT系メディアで記事になってましたよ。
Office365辺の頃だったかな?

Microsoftはクラウドビジネスにも力を入れていくって…

月額料金制にして収益を確保するというもの。
最近話題になったものだとOneDriveですね。
一人のユーザーが(無料で)75TBも使用していたため無料で利用できる容量を5GBに制限。サービス開始当初よりも無料容量が減ってしまった。
容量を増やす場合は有料で、これもサービス開始当初よりも高くなった。
というニュース。

今では、Microsoftの収入源はWindowsだけではありません。

投稿日時 - 2015-11-05 06:49:11

ANo.1

今のところはiPhoneやiPad、Androidのように更新で対応させる予定なんじゃないか?と思います
http://officemiyajima.com/index.php?Redstone

LTE環境の端末での利用を目指しているので今までのようなクリーンインストールはできない

iOSやAndoroidが成り立っているのであれば ユーザーが増えればWindowsも同様なんじゃ?と思います

いずれはアップルのようにiOSとOS Xに分けるかも? 今後のデバイス・パソコンしだいでしょうね

投稿日時 - 2015-11-05 03:54:36

あなたにオススメの質問