こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

次の英文が訳せません。

He said that he was acquainted with someone who could put an end to the blackmail and then the event that this person solved a little problem he asked if we are willing to make a congribution to Tom.



「彼はこの脅迫を終結できる人物と知り合いであり、もしその人物がそれを解決できたら、トムに賄賂を渡して欲しいと言ってきた」

という様なニュアンスになると思うのですが、文法的に理解できません。

まず、
(1)He said that he was acquainted with someone who could put an end to the blackmail
「彼はこの脅迫を終結することができる人物と知り合いであり」

までは、よろしいでしょうか。

次に
(2)and then the event that this person solved a little problem

ここが分からないのです。eventの直後のthatは関係代名詞だと思うのですが、
だとしますと、solveにはthe eventとa little problemという、2つの目的語があるように思われるのですが、辞書で調べてもsolveには第3文型までしかありませんでした。

もしかして、この(2)は非文で、編集者の方のミスということは考えられませんでしょうか?
音声CDもあるのですが、実際and then the eventのthenの部分がこもっててよく聞こえませんでした。つまり、thenではない可能性があると思うのです。


そして
(3)he asked if we are willing to make a congribution to Tom
トムに賄賂を渡すつもりはあるかどうか尋ねた

ここはよろしいでしょうか。

長文失礼致しました。
お力添えを、何卒宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2015-10-28 17:18:22

QNo.9071294

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「補足コメント」をありがとうございました。

>thenは発音されているように存じます。
>そこで、もしかしてin the eventのinは、直前のthenを受けて脱落、あるいは同化といった音声学的な現象が起こったのではないかと思うのですが、その可能性は考えられませんでしょうか?
⇒おっしゃるとおりだと思います。
「同化」や「アンシェヌマン」のような現象が起こった結果then (in) the eventのinが吸収されてしまって、それで知覚されなくなった・されにくくなったことは大いに考えられますね。

>(2)におけるこのa little problem ですが、本来であれば、ここはthe problemだと思うのです。このa littleは、「ある取るに足らない(解決の容易な)問題」と訳すと思うのですが、これは、一種の歪曲表現であり、(1)のthe blackmailを暗に指していると考えてよろしいのでしょうか?
⇒そうですね。歪曲表現と言えるかどうかは別として、「言い換え」がなされていることは確かでしょうね。

the apple, the orange…は、どちらもa fruitですよね。同じように、the blackmail「その脅迫・ゆすり」, the swindle「その詐欺」, the trickery「そのごまかし」…などはどれも、a problem「1つの問題」(であり、それもa little problem「1つのくだらない問題」)なんですね。つまり、抽象的な言い方になりますが、「同類を括る上位概念を表わす語なので不定冠詞をつけている」わけです。

「お礼コメント」も拝見しました。
>このsoloved は、時制の一致によって過去形となっているのでしょうか?
>それとも、これはifのない、仮定法過去によるものなのでしょうか?
⇒私は、「時制の一致」によって「主動詞saidに合わせている」だけだと考えます。

以上、再伸まで。

投稿日時 - 2015-10-29 22:34:14

補足

Nakay702様、どうもこんばんは。
今日も一日お疲れ様です。

大変貴重なご意見、謹んで頂戴いたします。

アンシェヌマン、というものもあるのですか、
こういうケースはよくあることなのですね。

a fruitの喩えは本当にわかりやすいです。
ご説明を受け、歪曲表現という言葉は不適切であったと気づきました。

時制の一致の件は、そうなんですか。
ご指摘を受け、自分もあれから文法書を漁ってみたのですが、
仮定法過去の可能性を棄て切れませんでした。

一ヶ月前の9月29日、
自分は仮定法現在の件で質問し、Nakay702様に御回答を頂いております。
そのときの英文は、次の一文でありました。

I guess it's time we be moving.
(訳)そろそろ行動にうつる時間かな

このとき自分は、なぜareではなくbeなのか、分かりませんでしたが、
そのときNakay702様に

「不確定要素により、確信が薄いため、『仮定法現在』が使われた」

とご教授いただいた経緯がございます。

このときの経験を踏まえ、
ifを用いずとも仮定法は可能であると考え、
他の回答者様であるbakansky様のご意見に正当性があるように思われたのです。

しかし、仮定法過去は、「過去の事実に反対のことを仮定する場合」の用法なので、
その場合、
「もし彼が脅迫を解決していたら」と、意味が本来のものと変わってしまうため、
やはり、仮定法過去ではない。
つまり、これは時制の一致、ということなのですよね。

投稿日時 - 2015-10-30 18:12:56

お礼

これまで、Nakay702様には大変ご迷惑をお掛けしております。

本当に頭が上がりません。

またしても助けて頂きましたが、
これに甘んずることなく、
自分の頭で考え、自分で調べることを前提にして、
主体的姿勢をもって、真剣に英語と向き合って参ります。

それでも先の見えないときには、また、質問をさせていただくことがあるかもしれません。
そのとき、もしまたご縁がありましたら、どうか何卒、よろしくお願い申し上げます。

何かとお忙しいことと存じますが、どうぞあまり無理などなされませぬよう、
ご自愛くださいませ。

この度の御回答、そしてこれまでの御回答、
心より、感謝致しております。

敬具



PS  

お蔭様で、本日を持ちまして、ひとつの教材を完遂することができました。
主に犯罪に関する教材でありましたが、何分、誤字脱字があまりに多く、
効率がよいとは言えませんでした。
次はディスカバリーチャンネルの精読をしてみようかと計画しております。
交通機関、サイエンスなどバラエティに富んだ番組であり、今から楽しみでございます。

投稿日時 - 2015-10-30 18:30:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

2015-10-28 17:18:22質問No.9071294 次の英文が訳せません。
以下のとおりお答えします。(誤植をカッコ内に訂正しておきます。)
問題は(2)だけだと思いますが、一応最初からすべてお答えします。

>He said that he was acquainted with someone who could put an end to the blackmail and then the event that this person solved a little problem he asked if we are willing to make a congribution (→contribution) to Tom.
>「彼はこの脅迫を終結できる人物と知り合いであり、もしその人物がそれを解決できたら、トムに賄賂を渡して欲しいと言ってきた」
⇒「彼は、この脅迫を終結できる人物と知り合いであり、もしその人物が小さな問題を解決しときには、我々からトムに賄賂を渡して欲しいと言ってきた」

>(1)He said that he was acquainted with someone who could put an end to the blackmail
>「彼はこの脅迫を終結することができる人物と知り合いであり」
⇒いいと思います。細かくは、「彼はその脅迫を終結することができる人物と知り合いであると言った」ですね。

>(2)and then the event that this person solved a little problem
>ここが分からないのです。eventの直後のthatは関係代名詞だと思うのですが、だとしますと、solveにはthe eventとa little problemという、2つの目的語があるように思われるのですが、辞書で調べてもsolveには第3文型までしかありませんでした。もしかして、この(2)は非文で、編集者の方のミスということは考えられませんでしょうか? 音声CDもあるのですが、実際and then the eventのthenの部分がこもっててよく聞こえませんでした。つまり、thenではない可能性があると思うのです。
⇒ここが問題ですね。
私の考えでは、and then the event thatとされているところは、
in the event that~「もしも~のときは」の聞き違いではないかと考えます。

そうすると
and in the event that this person solved a little problem
「もしその人物が小さな問題を解決しときには」となります。
つまり、
「2つの目的語」と「thenではない可能性」の両方の問題がきれいに解決できます。

>(3)he asked if we are willing to make a congribution to Tom
>トムに賄賂を渡すつもりはあるかどうか尋ねた
>ここはよろしいでしょうか。
⇒最初でも示しましたようにcongribution →contributionさえ訂正すれば、
あとは完全だと思います。

以上、ご回答まで。

投稿日時 - 2015-10-28 23:21:05

補足

Nakay702様、

先ず何よりも、返信が大幅に遅れました失礼を、お詫びさせて下さい。
この度は本当に、失礼致しました。他の英文に意識をとられ、先ほど、昨夜御回答いただいているとしり青くなりました。

今日も一日、お疲れ様です。
いつも貴重な御回答を頂き、日々興味深く勉強を続けることができております。
お蔭様で、永きに渡るこの教材も、ついに最後の1ページ(本質問における英文のあるページ)を残すのみとなりました。
もし御回答いただけなかったら、今も教材の最初の方のページで思考の迷路を堂々巡りしていたと存じます。

さて、
スロー再生して、再度確認しましたところ、
例によって、zという摩擦音(有声)があるようで、
そうしたことから、thenは発音されているように存じます。

そこで、もしかしてin the eventのinは、直前のthenを受けて脱落、あるいは同化といった音声学的な現象が起こったのではないかと思うのですが、その可能性は考えられませんでしょうか?

また、(2)におけるこのa little problem ですが、本来であれば、ここはthe problemだと思うのです。このa littleは、「ある取るに足らない(解決の容易な)問題」と訳すと思うのですが、これは、一種の歪曲表現であり、(1)のthe blackmailを暗に指していると考えてよろしいのでしょうか?

contributionの件は、大変、ご迷惑をお掛けしております。

投稿日時 - 2015-10-29 20:44:34

お礼

どうもお世話になっております。

追記であります。


このsoloved は、時制の一致によって過去形となっているのでしょうか?

それとも、これはifのない、仮定法過去によるものなのでしょうか?

投稿日時 - 2015-10-29 21:02:02

ANo.3

... and then (if) the event that this person solved a little problem, he asked, if we are willing to make a contribution to Tom. という感じにすると、「仮にその人物が小さな問題を解消してくれたら、わたしたちがトムに献金する意思があるかどうかと彼はたずねた」 というふうに解釈できるかもしれないと思いました。

solved というふうに過去形になっているのは、仮定を表しているからではないかというふうに見た場合の解釈ですが、もう少し話の流れが分かれば、英語に堪能な方々にとって答えやすいかもしれません。

投稿日時 - 2015-10-28 22:38:34

補足

御回答いただき、大変助かっております。

この度の貴重な御回答を、深く感謝致します。

さて、仮定法の件でございますが、

in the event that「~の場合おいて」のinが、何らかの理由で抜けており、
このsolved が過去形になっているのは時制の一致によるものである、と思ったのですが、

確かに、これは時制の一致ではなくて、
仮定法による過去なのでしょうか? 言われてみれば、確かに時制の一致としては違和感があるような気がして参りました。

ただ、if の部分はinの可能性が高いように思うのです。
そこがifですと、

「もし~した場合に、彼が訪ねる」と、
彼が訪ねるという事象が、仮定が成立した後に発生することになって、
意味がおかしくなってしまいませんでしょうか?

投稿日時 - 2015-10-29 20:59:46

お礼

仮定法過去の件に関しましては、
使用の条件である「過去の事実に反する場合」
とは言えないため、
時制の一致とするのが正しそうな気が致します。

しかし、bakansky様がご指摘くださったから、
改めて仮定法を調べなおすきっかけを戴き、
勉強させて頂きました。

この度のご回答、深く感謝致しております。

投稿日時 - 2015-10-30 18:34:51

He said that he was acquainted with someone who could put an end to the blackmail

ここまでは,文章として何ら問題はないし,あなたの理解も正しいものです.

しかし,この後に続く文章は何がおかしいように感じます.thatが関係代名詞であるなら,thatの内容は先行詞the eventとなる訳ですが,これがthis person以下とどうつながるのか・・・そこがまったく不明です.というよりつながりません.

もし,blackmail以下が例えば,

     and then in the event that this person・・・

であるなら,英文の構造としてはスムーズにつながります.それでも,時制という観点では,私はいろいろ違和感を覚えます.

     asked if we are willing to・・・

は,果たして問題ないのでしょうか・・・.

>音声CDもあるのですが・・・

ということなので,お示しの英文は音声CDから起こした英文のようですが,以上で申し上げましたように,文字に起こす段階で幾つかミスがあるのでは・・・という気が致します.ただ,私は英語の初心者の域を出たばかりの素人ですから,以上の発言は多分に出まかせの域を出ません.より詳しい方から的確なコメントが出るとよいですね・・・.


なお,以下に貼ります質問に寄せた私の回答には,おそらくお気づきでしょうが,heldが脱落しています.

http://bekkoame.okwave.jp/qa9071152.html

実は,その1つ前の質問の中で回答しようとして,最後の段階で「投稿」ボタンをクリックしたのですが,質問が締め切られていてできませんでした.そして再度質問一覧を見直すと,新たに同じ質問が出されていまいした.そういう中で,私もあわてて投稿した経緯があって,heldを入れ損ねてしまいました.ここでお詫びをして訂正をさせて頂きます.


何か参考になることがありましたら嬉しく思います.

投稿日時 - 2015-10-28 21:40:21

補足

ms-forest様、昨日はwas being doneの件で、大変、御世話になりました。
お蔭様で、昨日は、良い眠りを得ることができました。

ご謙遜されていますが、それもすべて、ms-forest様のご尽力によるものです。
held脱落の件、拝読させて頂きました。
成程、そうだったのですか。せっかく御回答いただいていたのに、本当に、申し訳ございません。

はい、確かに、自分は一度した質問を、削除することがあります。
ただし、それは次の場合に限られます

「回答者様が一名もいなかった場合」
「悪質な回答が集まった場合」

上記の条件を満たす場合に、質問をより具体化したり、訂正、補足する目的で、
一度回答を削除させて頂くことがございます。
といいますのも、こちらのOKWAVE質問サイト様は、ご回答そのものに補足はできても、質問本文に、後から補足することができないためです。

しかし、その際に御回答を頂いていたとは、予測できませんでした。
やはり一度した質問を簡単に削除するのと、そういうケースが発生しうるということを念頭に置かないといけないと実感いたします。
お忙しいところ、せっかく御回答いただいていたのに、
本当に、ご迷惑をお掛けいたしました。重ねてお詫びいたします。また、そのようななかでも2度目の御回答を頂いたこと、心より、有難うございます。先ほども述べた通り、お蔭様で、昨日は本当に安眠できましたので。昨日のms-forest様に戴いたご回答は、言葉にならないくらい嬉しかったのを覚えております。

>>文字に起こす段階で幾つかミスがあるのでは

はい、自分もそのように思います。

in the event that の件でございますが、
これは、音声学でよく言われる「脱落」?あるいは「同化」などというアレの可能性があると思うのですが、
いかがでしょうか?

話者はinと発音したものの、直前のthenの影響を受け脱落現象が起こったために編集者の方が聞き損じ、このような非文になってしまった可能性があると思うのです。

ところで、ms-forest様も英語を学習中とのこと、
興味や目標を同じくする方とこうしてお話できて大変嬉しく、また光栄に存じます。
お互い、英語を楽しんで続けていけたらよいですよね。
昨日は、本当に本当に、有難うございました。

取り急ぎ、まずは返信までで失礼いたします。

草々


※沢山の方から御回答をいただいたため、順次返信をさせていただいております。
そのため返信の遅れや内容把握のズレなど、何卒御容赦くださいませ。

投稿日時 - 2015-10-29 19:22:38

お礼

末筆ながら、
私どもは次はディスカバリーチャンネルの精読をしてみようと考えております。
大変バラエティのとんだ番組で、DVDが市販されております。

それでは、この度の御回答、感謝致しております。

投稿日時 - 2015-10-30 18:37:08

ANo.1

the event that ~ の部分は普通は in the event that ~といいます。誤植なのかそういう言い方もあるのかはよく解りませんが、「~が生じた場合には」という意味の接続詞相当句です。

その人物が問題をある程度解決した場合には、我々はトムに寄付するつもりがあるかどうかを尋ねた。

congributionという単語は確認できませんでした。contributionでしょうか。「寄付」ですけど「賄賂」と意訳してもよいでしょう。

投稿日時 - 2015-10-28 20:58:03

補足

この度の貴重な御回答に感謝致しております。

in the event that の件でございますが、
これは、音声学でよく言われる「脱落」?あるいは「同化」などというアレの可能性があると思うのですが、
いかがでしょうか?

話者はinと発音したものの、直前のthenの影響を受け脱落現象が起こったために編集者の方が聞き損じ、このような非文になってしまった可能性があると思うのです。

それとも、話者の声帯の調子などから、偶然に、いわゆるどもりが生じ、thenとinを混じって発音した可能性は考えられますでしょうか。

contributionの件はキーボードの入力ミスです。
大変、ご迷惑をお掛けいたしました。

沢山の方から御回答をいただいたため、順次返信をさせていただいております。
そのため返信の遅れや内容把握のズレなど、何卒御容赦くださいませ。

投稿日時 - 2015-10-29 18:52:27

お礼

in the event that をご指摘いただいて、
大変助かりました。

恥ずかしながら、自分では気づかなかったです。

この度の御回答、ありがとうございました。

勉強させて頂き、深く、感謝致しております。

投稿日時 - 2015-10-30 18:38:42

あなたにオススメの質問