こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Windows 10 アップグレードの抑制

Windows Server 2012 をドメインコントローラ、ActiveDirectoryで使用しています。
クライアントは Windows 7 Professional、Windows 8.1 Professionalがあります。

最近クライアントのタスクトレイにWindows 10 アップグレードの案内が出ており、勝手にバックでタウンロードなどが行われています。

案内を止める方法はいくつかあるようなので、間違ってアップグレードされないように、この機能を停止しようとしました。

コマンドプロンプトを管理者権限で実行し、下記コマンドを入力しました。

reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /v "DisableOSUpgrade" /t REG_DWORD /d 1 /f
reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Gwx /v "DisableGwx" /t REG_DWORD /d 1 /f

これで、私のPCでは Windows 10 の案内は出なくなりました。

PCはそれぞれの担当が持っているため、一同に集めることは困難です。
そのため全てのクライアントに対してこのコマンドを使用して歩くのは大変な労力がかかります。
何らかの方法で一斉に停止したいと考えています。

クライアントはすべてドメインにログオンするので、ログオンスクリプトでこのコマンドを実行させようとしたのですが、各クライアントは管理者の権限を持っていないため、実行されませんでした。

ユーザーの権限を変更せずにログオンスクリプトを管理者で実行するとか、または他の方法で一括でWindows 10アップグレードを抑制できる方法はありませんか。

投稿日時 - 2015-10-27 16:26:31

QNo.9070709

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ユーザーのログオンスクリプトではなくて、コンピュータのスタートアップスクリプトとして登録すれば、権限の問題は解決するはずです。

投稿日時 - 2015-10-28 12:00:23

補足

Windows10のアップデートを促すメッセージや、背後でダウンロードする挙動は、結構お困りの方がいると思うのですが、みなさんどのように対処してらっしゃるのでしょうか?

投稿日時 - 2015-10-29 11:29:22

お礼

クライアントが起動する時(ログインする時)に指定した何かをさせるのは、ログオンスクリプトで指定するという頭がありました。
確かに、今回権限の問題で通らないregコマンドも、スタートアップスクリプトなら通るような気がします。早速試してみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-10-29 11:27:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

> ・・・各クライアントは管理者の権限を持っていないため、実行されませんでした。

それだけの理由なのであれば、一時的に所有権(takeown)とアクセス許可(icacls)を変更して実行すればいいでしょう。
一例として次のようになります。
takeown /f <ファイル or フォルダ名> /d y
icacls<ファイル or フォルダ名> /grant administrators:F
---
詳細はコマンドヘルプを参照してください。
添付画像参照。

投稿日時 - 2015-10-27 19:48:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、こういう方法もあるのですね。
勉強不足で、この方法は思い当たりませんでした。
今回以外でも、色々使えそうです。
試してみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-10-29 11:25:14

ANo.1

そのコマンドをバッチファイルにして配布し、ログオンスクリプトで実行させれば良いのではないでしょうか?

投稿日時 - 2015-10-27 16:36:47

お礼

ご回答ありがとうございます。
その方法も考えたのですが、期待通りの動きをしてくれなかったのです。
やっぱり権限の問題のようです。

投稿日時 - 2015-10-29 11:23:34

あなたにオススメの質問