こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

心が病む言うのは、余裕があるから?

私は病んでしまうと、生きていけなくなるので、
気が付いたら、強くならざるを得ませんでした。
また、悩んでいる時間もありませんでした。
心が病むというのは、なにかしら余裕があるから病めるのではと私は思いました。
どう思いますか?

投稿日時 - 2015-10-17 18:59:36

QNo.9065484

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

強くなるのも限界ありますからね。

置かれた状況を不幸だと認識していて、それを繰り返し考えるようになると
病んでしまうのかなと思っています。
置かれた状況の苛酷さではなく、本人がどう認識し続けたかが重要だと思っています。

ただし、8割の人が病んでしまうような環境なのに2割の人を例に出して
ああすれば病まないと言い張るのは危険な考えだと思います。

余裕がないので考えなかったから病まなかったというのは、
その通りではないかと思います。
ある時余裕ができて、気がついたら健康や人間関係を失っていたりすると
今までの自分を不幸だと認識して、どんどん嫌な人間になっていく可能性はありますね。
自分が頑張っているという自負が強い人間ほど、病んだ時は治らないですからね。
気をつけましょう。

投稿日時 - 2015-10-18 11:31:03

お礼

みなさんありがとうございました。
まとめてのお礼ですみません。
皆さまの意見はなるほどなと思うことばかりでした。

投稿日時 - 2015-11-07 11:10:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

あなたの気づき、全くその通りです。ネットの検索などではゆとりとか、安静とかゆっくりするとかを善しとした間違った情報が沢山流れています。心の病は、どうしようもないときは別にしてゆっくりするのが一番よくないのです。行動停止状態を善しとする考えだからです。

本当に心がやんだとき安静とかゆっくりしていたのでは治らないのです。これは、人間の心と身体の問題を脳の働きの問題について根本的にみていくと、あなたのおっしゃるとおりなのです。

余裕があるから精神的にやむようになる。その通りです。日本の医者もカウンセラーも分からない事をあなたは気づかれたのです。これに気づくということはすごいことなのです。

投稿日時 - 2015-10-18 21:52:28

ANo.4

逆です

1
余裕がなく今まで強く生きていたが限界点を超えた人のほうが重傷になります

2
余裕がなくこまめに壊れていたほうが軽傷です


3
また
余裕があり一気に限界点を超えた場合も重症になります


重症度から言えば
1>3>>>>>>>2

になります

投稿日時 - 2015-10-17 19:33:40

ANo.3

余裕かどうかもわかりません。
事実かどうかも分かりませんが、それを口実に、現実逃避してる方は多いと思います。
逃げ口にしています。

投稿日時 - 2015-10-17 19:31:35

一概には言えないのではないでしょうか。
即ち、そうした人もいるし、
そうでない人もいるということで、
日本全国~全世界を行脚しながら丁寧に
フィールドワークをして、自身の目と耳を使って
実態を知ってみることを
おススメしたいです。

〈ふろく〉
自壊・自死を避けるために
自身を発狂させたのではないかと思わせる人も
みられます……この事例には、
余裕ではなしに、逆の心的状況のような
印象がありますが、
どうでしょうか~~~~~

All the Best.

投稿日時 - 2015-10-17 19:25:21

じゃあ余裕が無けりゃ 心の病に掛からないのか・・?

そうでは無いでしょ・・

だったら 余裕がある無しの問題ではない・・

投稿日時 - 2015-10-17 19:19:33

あなたにオススメの質問