こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

イギリス、フランスの帰納法演繹法的と保守進歩

日本の保守的なというもののイメージは古い慣習を守って、新しいことをしないですね。
進歩的は非倫理的にも、新しいことをする。

政治では保守系、革新系とわかれますね。


西洋ではイギリス、フランスの対比がよくいわれますけど。
イギリスは伝統を大切にして、イギリス経験論の哲学を持ち、帰納法、ハイエクは進化論的合理主義で考える。
フランスは理想を大切にして、大陸合理論(現代ではポストモダン)の哲学があり、演繹法、ハイエクは設計的だと思います。

あくまで、傾向かと思いますけど。イギリスのほうが不安が少なく、最近ではプレミアリーグの収益力やロンドンの金融などがありますね。
フランスは、自動車やブランド、農業などで、新しい政策を考えたりしますね。

どちらかいえば、イギリスのほうが新しいことをして、経験していく感じで。日本の保守的とは違う感じですね。

哲学はイギリス経験論と大陸合理論はドイツ観念論になっていきますが、ドイツはおいておいて。

最近は、進歩的のほうが発展するように思えますけど、フランスのほうがイギリスより発展しているとはいえませんね。

この対比って、保守対進歩なんでしょうか?演繹法と帰納法的なんでしょうか?
どちらが優れているとは言えないのでしょうか?

もともと、。日本ってどちらが近いのでしょう?

投稿日時 - 2015-10-13 19:29:06

QNo.9063431

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 まず自分は完全な技術畑の人間である事を、お断りしておきます。なので以下は、技術思想としての話です。またハイエクの意味は知りません。

 技術思想類型の一つの試みとしてですが、イギリスは比例型と言われる事があります。ここで比例とは、過去の履歴の平均を、そのまま現時点から未来へ延長するという事です。その意味で、経験論的,帰納的,進化論的合理主義だと言えると思います。

 フランスにも経験論的,帰納的,進化論的合理主義は根付いています。しかしフランスの発想には、どこか幾何学があります。幾何学により過去の履歴を普遍化し、過去の履歴の平均に超歴史的意味を付与して、過去のシガラミを断ち切ろうという衝動を感じます。しかしその普遍化とは結局、過去の履歴の重畳なので、抽象化された比例型です。従って傾向は、理想,大陸合理論,演繹法だろうと思います。ドイツ観念論の影響も感じます。

 余談としてアメリカと(今はなき)ソ連。アメリカはイギリス方式が優勢なのだが、歴史が浅いために、比例の先にはイギリスより斬新なものが出てくる。ソ連は積分型です。

 で、日本は?。微分型のようです。過去の履歴などいっさい顧みず、今現在の瞬間の傾向だけを、未来永劫に延長して行動しようとする。今現在の瞬間だけだから、行動方針はころころ変わる(^^;)。ヨーロッパで一番近い国は、情熱の国イタリアという意見もあります(^^)。

 まぁ~類型ですから極端だし、信じるも信じないも「あなた次第」という事で・・・(^^;)。

投稿日時 - 2015-10-13 20:38:23

お礼

技術の類型は知りませんでした。

でもなるほどって思いました。


貴重なお話ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-10-19 19:32:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

この対比って、保守対進歩なんでしょうか?
  ↑
進歩というか革新ですね。
一般に、保守と革新の根底には、ロマン主義と
啓蒙主義がある、と言われています。


演繹法と帰納法的なんでしょうか?
    ↑
保守と革新の結果が、演繹法、帰納法に
似ている、というだけでしょう。


どちらが優れているとは言えないのでしょうか?
     ↑
どちらが優れているかの判断は、極端に押し進める
ことによって明確になると思われます。
革新の極端が社会主義です。
社会主義の失敗を考えると、保守の方が優れている
のでは、と思います。


日本ってどちらが近いのでしょう?
    ↑
日本は集団主義的です。
卓越した指導者が皆を引っ張っていく、というトップダウン型では
ありません。
皆でワイワイやって、なんとなく決めていく、という
ボトムアップの国です。

だから、どうしても保守的になります。

投稿日時 - 2015-10-14 08:34:00

お礼

>保守と革新の結果が、演繹法、帰納法に
似ている、というだけでしょう。

確かにそうかもしれません。

>日本は集団主義的です。
卓越した指導者が皆を引っ張っていく、というトップダウン型では
ありません。
皆でワイワイやって、なんとなく決めていく、という
ボトムアップの国です。

なるほど、突出したら崩れて思いっきりどこかへいくとするとなんとなく保守的ということですね。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-10-19 19:34:51

あなたにオススメの質問