こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

広汎性発達障害 希望が持てない

長文失礼致します。

精神科に通院している20代の女です。

先日、自立支援医療の診断書を医師に依頼したところ、広汎性発達障害との診断名でした。以前は情緒不安定性人格障害の診断名もついていて、当てはまることも多いと思っていたのですが(見捨てられ不安や被害妄想など)
今回は広汎性発達障害に統一されていました。また、コミュニケーション能力が低い等の記述もありました。

ショックで何日も障害について考えてしまいます。現在学生ですが、学校では友人はいませんが困ってはいないため、主に今しているアルバイトの事や将来について、考え、悩んでしまいます。


過去のお話をさせて頂きます。
幼少期は一人遊びばかりしていて、自閉傾向があったかもしれません。
小学生~中学にかけては、空気が読めず、アスペルガー的だったかもしれません。そのためいじめを受けました
高校時代からは、自分なりに空気の読み方やコミュニケーションの方法などを学び、いじめられることはなくなりました。しかし、何を話せばいいのかわからなくて、黙っている事があるので、友人はできても離れていきました。やはりコミュニケーションに障害があるのかもしれません。

医師の診断には、コミュニケーションに障害がありアルバイトを転々とするなどの問題があると書かれていましたが、コミュニケーションが大きな原因でクビになったことはなく、時間を守れないなど、ADHD的な面でクビになりました。

・現在のアルバイト先ではとてもよくして頂いていて、2年近く続けていますし、職場の方にもよく飲み会に誘って頂いています。ですが、広汎性発達障害の診断を受けたことで、私は好かれているはずがない。嫌われている。頭がおかしいと思われていると考え、不安になってしまいます。
実は嫌われていることはあるのでしょうか?

・将来結婚が出来るのかも、とても不安です。前の恋人には人格障害的な見捨てられ不安が強く振られてしまいました。この点については服薬を含め改善していきますが、それでも、発達障害だと結婚は難しいでしょうか?

・将来については、現在障がいのある子どもと関わる仕事をしています。将来もこの仕事を続けたいと考えているのですが、発達障害のある私が支援者になれるのでしょうか?やはり、諦めて他の仕事をした方が良いのでしょうか?

障がいのある方と接する仕事をしていて、障がいのある方には偏見はないつもりなのですが、自分に障害があることが受け入れられないです。おかしな話です。

不安が多く、希望が持てません。

アドバイスをお願い致します。誹謗中傷はご遠慮ください。

投稿日時 - 2015-09-20 03:05:21

QNo.9050609

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

仕事は無理に辞めることないと思います。

『自閉症だった私』という本の著者は、いい伴侶と巡り会っていましたよ。あなたと波長が合う人は男性ではそれなりにいるはずです。結婚にしろ恋愛しろ波長の合う人、自然体でいれる人が現れるまで待ちましょう。

この障害は気質というか、こだわりであったり、健常者との共感性の少なさ欠如といわれますが、同傾向者同士では共感するというか互いの理解が容易なようです。同じような行動パターンなど相互の理解がしやすいのでしょう。気質・性格は親子で似ますから、親御さんにもこだわりの強さなど見られることありますし、質問者さんのお子さんにもそういう傾向が出るかも知れませんが個性の一つと思ってあげるとともに、一番の理解者はあなたでしょう。
大丈夫ですよ。
自閉症の方の書かれた本ありますから、本屋さんで見てください。きっと心動くはず。
アスペルガーをカミングアウトしている精神科医の先生の本もいいかもしれまれんが、先ずはキキリンコさんだったかなぁ『自閉っ子こういう風にできてます』あたりがいいかと思います。

投稿日時 - 2015-09-21 20:41:40

病名が不服なのであれば、病院を変えて
別の精神科医の診察を受けてみるまでのこと
ではないでしょうか。

5人家族で、母親と3人のお子さんが
発達障害である家族や4人家族で、母親と
2人のお子さんが発達障害であるご家族を
知ってますが……質問者さまのお宅では、
お母さまかお父さまが発達障害であるという
ことはないでしょうか。
人間は誰しもが精神的な病だったり人格障害っぽい
面がありますので……ドクターの診断がどうであろうと
気にせずに、自身の才能を最大限に活かしながら
暮らしつづけるようにしませんか。

【人生における悩みは、
できることを、やっていない。
できないことを、やろうとしている。
ここから生まれてきます。   阿妻靖史】
【「悩み」の根源は、物事を自分中心にすべて思い量るところにある。  多田哲朗】
といった言葉を参考に、お悩みの根源を見つけ出して、
それをクリアしてみませんか。

相手が病気であれ障害であれ、すべては、
【敵を知り、己を知れば百戦危からず。 孫子の兵法】
で、対応が可能です。
また【来る者は拒まず、去る者は追わず】のスタンスを
採用すれば、Abandonment-depression に影響されることはないでしょう。
ただ、時間管理に難がありますと……信頼性を失ったり、
信用されないといったことがありますので、巧みに対処して
改善してください。

ご自身で、病気や障害をコントロールできるようになれば、
不安は消滅し、希望が持てるようになります。
私は、
【金がないから何もできないという人間は、
     金があっても何もできない。  小林一三】
という言葉が好きなのですが……お金を別の言葉に換えても
成立しそうです。条件が整わないからということを
やれない理由にしないことも大切ではないでしょうか。
【苦しみは人間を強くするか、それともうち砕くかである。
   その人が自分のうちに持っている素質に応じで、どちらかになる。  Carl Hilty】
この言葉も「苦しみ」を別の言葉に置き換えても成立しそうですね。

思考停止を急がないようにして、
極限思考しつづけていれば、
質問者さまは、あらゆる面で
進化するでしょう。
All the Best.

投稿日時 - 2015-09-20 18:48:21

ANo.3

質問を読んでいて
あなたが精神的な病を患っているようには
思えないのが素直な感想です。

ただ、それでもあなたはその病気のことで将来を不安視している。
とはいうものの、自分に障害があることが受け入れられないとある。

難しいですね。

ただ、生活(生きていくこと)に支障がない程度であれば、
自分は病気だということは無理に受け入れる必要はないと思います。

そもそも精神的な病って、神体的なものと違って
はっきりした根拠なんてなかったりしますから。
もしかしたら、医者にかかったかどうかの違いだけの場合が
多いのかもしれませんね。
たとえば、コミュニケーション能力の低い人なんて
この世の中いくらでもいますから。

ですから、いま生活するうえで困ったことがないのであれば、
病気のことはあまり気にしない方がいいかと思います。
とくに、将来のあなたの目標に関してもあまり心配なさらずに、
その気持ちで目指していけばいいかと思います。

たとえあなたより傷害がある方だって、
夢へと頑張って向かっている人だっているわけですから。
万が一、資格が必要で、取得条件にそういったことがあるのであれば
諦めなければなりませんがね。

結婚にしたって、なんの心配もいらないと思いますよ。
だって、傷害のある方だって結婚されている方もたくさんいるじゃないですか。

いまあなたにどんな症状があらわれるのかわかりませんが、
心配や迷惑をかけたくない相手(大切にしている職場や、将来のパートナーなど)には
事前にしっかり説明して理解してもらえばいいと思います。

以前彼女にふられたとありますが、
それはたまたま相性がよくなかっただけであって
病気が原因ではありません。
もっといえば、彼女にとってはそういった男性が好みではなかっただけです。
千差万別と言われるように、
そういった男性を好む人もいるし、そんなことにこだわらない人もいます。

精神的な病は、生きていくのが困難な場合は治す必要もあるかと思いますが、
そうでないならば、心のバランスをとれるぐらいに理解していればいいと思います。

投稿日時 - 2015-09-20 15:19:19

ANo.2

精神の病気については知識がないので、無責任なことは言えませんが、コミュニケーション能力については多少自信があるので、どうやったら上手になるか、私の考えを書きますね。

コミュニケーションって、話すこと自体が目的じゃないですよね。まず目的があって、コミュニケーションはその目的のための手段なんです。だから、何を話せばいいかわからないなら、話す必要なんかそもそもないんです。

つまり、話す必要もない相手と、伝えたいことも聞きたいこともないのに会話をしようとすることが間違っているのであり、それができないからコミュニケーション能力が低いなんて考えることも間違いだと私は思います。

では、誰とコミュニケーションすればいいかというと、あなたが好きだと思う人と、利益を得るために必要な人です。

誰かのことを好きだなと思ったら、その人のことをいろいろ知りたいと思うし、親しくなりたいと思いますよね。利益をもたらしてくれる人ともいい関係を築きたいわけですから、そういう目的に向かって、コミュニケーションすればいいんです。

人は(特に女性は)、相手の話を聞いている時よりも、自分が喋っている時の方が楽しいし、自分の話を身を乗り出して、興味深く聞いてくれる人に好意を持つし、信頼するんです。だから、タイミングよく相槌を打ったり、説明が足りないところを質問してあげたり、話が逸れたら戻してあげたりして、相手に話したいことを気持ちよく全部喋らせてあげることが大事なんです。

ちなみに私は、親しくしている人のことなら、伝記小説が書けるくらい何でも知っていますが、好きでもない、興味もない、私に利益をもたらしてくれるわけでもない相手とはいちいち喋りません。会話が途切れて気まずいなんて思いもしません。

コミュニケーションが上手くいかないなら、上手くできている人の真似をするといいですよね。

それと、あなたは今、いろいろ悩んでいるんだけど、いろんな問題をごちゃごちゃにしてしまっていて、だからただ悩むだけで何も解決しないし、前に進めないんだと思うんです。

病気のことと、コミュニケーション力のことは別の問題ですから、別々に考えて、それぞれやるべきことをやればいいんじゃないですか。ひとつひとつ分けて考えれば、それぞれに答えがあるんじゃないですか。

投稿日時 - 2015-09-20 12:09:26

ANo.1

医者が付けた病名に囚われないこと。あなたは患者になればカルテに住所・氏名を書かれ、診断の結果による病名が必ず付けられます。この病名は正しいのかどうか分かりません。現にあなたは以前と違う病名になっている。と、おっしゃっています。

病名も病気もあなたの人生を規定する物では決してありません。あなたの目指すものがあるならそれに向かって誰に何を言われようと突き進めばいいのです。私は何々をしたい。私は何々の実現に人生をかけています。等という目標を持って暮らしましょう。

病気は人生の過程でのひとつの出来事です。いつまでもつきまとう物ではありません。もちろん結婚も仕事も可能です。あきらめなければスペシャリストにもなれます。自分の今の状態を認めながら将来に目を向けた生活をするといいでしょう。

投稿日時 - 2015-09-20 10:55:01

あなたにオススメの質問