こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

DNAトポロジーに関する問題

DNAトポロジーに関する記述のうち誤っているものを二つ選んでください。

1、最も安定なDNA鎖のらせん構造は、10塩基対で1回転する。
2、らせん構造のひずみから、DNA鎖の高次構造に変化を生じる。
3、通常、生物のDNA鎖は、正の超らせん構造を呈する。
4、DNAの超らせん構造は、主に遺伝子の発現や複製過程で生じる。
5、DNAの超らせん構造は、DNAトポイソメラーゼ群により生成・解消される。
6、原核生物のDNA複製時に生じるカテナン構造は、トポイソメラーゼIIにより解消される。

間違っている記述はどこが間違っているか解説もお願いします。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2015-08-30 00:38:17

QNo.9038831

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

4
なんのための超らせん構造ですか?
普段超らせんでねじりの力を作ることによりいざ遺伝子を発現させるとき速やかに開裂し一本鎖化するための超らせんでしょう。

投稿日時 - 2015-09-03 14:17:05

あなたにオススメの質問