こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パネルヒーターのこの実験動画って信憑性ある?

 石油ファンヒーターのように灯油が必要でなく、オイルヒーターのように加熱まで時間がかからず、カーボンヒーターのように火災の危険性がなく、ファンヒーターより暖まるということで、エアコンが付けられない人の冬の暖房器具として注目されることの多いパネルヒーターですが、YOUTUBEに宣伝動画がありました。
 https://www.youtube.com/watch?v=05JljbzKnWk
 これによると、室温5度から加熱して30分後には室温25度になるまで暖まってます。
 真冬の環境下でこんなに暖まるんだったらエアコン・石油ファンヒーターいらずのように思えますが、
 真冬の環境下と表記されていないので、参考にならないのですかね。

 実際にパネルヒーター使ってる人こんなに暖まる実感を得ましたか?
 部屋にもよると思うのですが、わたしが使いたいのは四畳半か六畳の空間で、天井も一般的な賃貸物件の高さです。
 
 
 

投稿日時 - 2015-08-12 04:35:05

QNo.9028667

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

暖房器具で室温が暖まるかは、その部屋の構造よって大きくかわります。ご質問者様が住まれている家の部屋が「木造アパートやセキスイハウスなどの断熱材を利用」「コンクリート造のマンション/一軒家」「風通しを重視した日本家屋」、この3種類によって大きく大別されます。

また居住地区によっても異なります。北海道ではオイルヒーターを利用する家庭が少ないと言われていますが、それはコンクリート造の家が少なく、断熱材を利用した一軒家が多いため、壁が温まりづらいからということも起因しています。

部屋を暖めるといっても、室内の温度のみならず壁によるところも暖房機に求められる性能が非常に多く影響します。

パネルヒーターは、プレハブ住宅で断熱材を利用した工法の住宅であれば壁を暖める必要がなく、またできないため効果は高く暖めることは可能です。設置場所は、カーテンが当たらないよう気を付けて窓の下に置きます。窓のガラスを通じて入る冷気をヒーターの熱が遮断し、そのまま天井へと対流していくことで部屋全体が速く暖まります。オイルヒーターもこの場所に置きます。

石油ファンヒーターは、カーテンなどがあるところの近くに置くと火災の危険性があるため、可燃物がないところにおき、燃焼による熱とともにでる赤外線で暖めることができますので、結果として部屋の角に置かれることが多くなります。

暖房機は、その特性をもって置く場所が異なりますのでエネルギーを無駄なく使うためには注意が必要です。

マンションであれば、石油ファンヒーターは機密性が高いため換気を必要とする石油ファンヒーターはとても危険です。換気を定期的にすればよいのですが、しない方が多いためです。

日本家屋であれば、囲炉裏および石油ファンヒーター、ガスヒーター以外の選択肢はないと断言していいでしょう。

投稿日時 - 2015-08-12 12:16:52

お礼

ウチは鉄骨鉄筋マンションですね
パネルヒーターで鉄骨鉄筋四畳半を暖めるのはイケそうな気がするんですけどね

投稿日時 - 2015-08-12 12:50:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問