こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

リムテープの寿命判断ってどうやるの?

 リムテープの寿命判断ってどうやるんですか?
 おおよそ1年で交換、
 引っ張っても2・3年で交換した方がいいという意見が多いものの、さほどパンクもしないので、放置状態。このまま10年使えそうに見えるんですが
 簡単に判断できる方法があればお願いします

投稿日時 - 2015-07-30 17:11:21

QNo.9021462

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

見れば分かります。
寿命が近づくと、スポークホールの内側に大きく膨らんで、ホールのエッジの部分が切れそうになるので、その時点で交換です。
ま、繊維で強化されたリムテープなら、走行頻度が低ければ、かなり長く持つでしょう。
で、パナレーサーのような繊維が入って無いテープの場合は、1年も持たない事が珍しくありません。
あと、カーボンクリンチャーのようなブレーキングで高温になって熱がこもり易いホイールの場合は特にですか、リムテープが損傷しやすく、これが原因でのパンクが出先で発生すると修理が困難になるので、早めに交換した方が無難です。

投稿日時 - 2015-07-30 20:08:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

リムテープの種類によると思いますが
クロスバイクですがパンクは自分で修理 年に一度はホイールの振れ確認してます
空気圧補充の時に空気を抜いて隙間からタイヤレバーを入れて持ち上げてみたり

その時にリムテープ(ゴム?ビニール?伸縮タイプ)を持ち上げてニップルの形がシッカリ残っていたら 素材が硬化している 交換時期と決めています
ニップル型の残り具合はテキトーです 軽い膨らみ程度だったらまだ 面倒だったら判断を次回に先延ばし

タイヤ交換の時に一緒に交換が一番良いのでは?と思います
走らなくてもゴムは劣化する タイヤのゴムが劣化していれば 中のリムテープも劣化

投稿日時 - 2015-07-30 21:01:26

あなたにオススメの質問