こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自家消費を含めた売電システムについて

現在、小規模なDIY型のソーラー発電を行っています。
近い将来、売電型の発電に切り替えようかと思案中です。
この件で、今回お聞きします。
売電システムの構築に必要な情報は、ある程度収集して
いるつもりです。
電気工事士の資格を有する電気工事店の方に、電気工事
、そのものを依頼したり、電力を売る電力会社に申請書を
提出を依頼したりしなければならない事等。

10kW未満の発電だと自家消費を含めた売電システム
10kW以上の発電だと売電のみのシステム

以上の事を踏まえて、今回自家消費を含めた10kW未満の
発電システムについてお聞きします。二点程あります。

最初の質問を致します。
パネル等の機材を販売している販売店のセット商品を見て
見ますと、自家消費型の売電システムが可能なのは、
4kWからのようです。本当に、4kWが最低の限度なのでしょ
うか?

二番目の質問をさせて下さい。
自家消費を含めた10kW未満の発電システムですと、
自家消費をして余った分を売電に回すシステムと聞きます。
パワーコンディショナーを介して、交流に変換された電流が、
分電盤につながって行き、自家消費分は、家庭の回線に回
って消費され、余剰分が、売電メーター、送電線へと行き、
売電されるシステムと聞きます。
このシステムですと、自家消費消費分は、昼間しか使えない
と思います。陽が落ちて、発電出来なくなった時間帯から、
日の出までの時間帯の夜間は、自家消費出来ないと思います。
よく住宅メーカーや家電メーカーが、CMで宣伝している。昼間
売電しながら蓄電して、夜蓄電しておいた電力を使用するシス
テムとはどう言ったメカニズムなのか、お聞きしたく思います。
蓄電するならば、DIY型のように、バッテリーバンクが必要とな
ると思います。

パネル-接続箱(パワーコンディショナーに機能がついていれば
必要なし)-パワーコンディショナー-分電盤-売電メーター
-送電線

自家消費型の売電システムでも、夜間蓄電しておいた電力を
使用する場合は、上記の接続回路のどこかに、バッテリーバンク
が入ると思うのですが、具体的に、どこら辺に入るのでしょうか?

投稿日時 - 2015-07-09 09:17:39

QNo.9008917

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>4kWからのようです。本当に、4kWが最低の限度なのでしょ
うか?

パワコンの出力が4.0kw程度からですからそれに合わせてセット品にしているだけで 屋根形状の都合で3kw程度にしたりいろいろですよ
単純に積算した価格なのか 4kw分だと割引率いいのか それぞれの販売店の裁量でしょう。
(パワコンのサイズに制約がある分 kw単価でみたときの損得ですよね)


バッテリーバンクという表記は知りませんが

蓄電池のユニットでしたらパワーコンディショナーに接続します

接続箱-パワーコンディショナー-分電盤
          |
       蓄電池のユニット

投稿日時 - 2015-07-09 14:04:10

補足

jhayashiさん、回答を頂き、有難うございます。
売電用に、最低必要なパネル総数が、特別4kWにこだわる必要が無い
事を御指摘頂き、納得しました。

二番目の質問でも、まだ売電の経験もないので、蓄電池のユニット
と言う表現ではなく、バッテリーバンクと言う表現をしてしまった
ようで、すみませんでした。

今回、補足と言う形で、蓄電池のユニットの件でお聞きしたく思い
ます。
まだ正直なところ、疑問に思う点がありましてお聞きします。
よろしくお願い致します。

jhayashiさんには、蓄電池のユニットは、パワーコンディショナーに
つなぐと言う事を書いて頂きました。
質問は二点程あります。確認と言う意味合いの質問です。

蓄電池のユニットに流れる電流は、直流と解釈してよろしいでしょうか?
夜間使用する場合は、昼間、蓄電池のユニットに直流として充電してお
いた電源をインバーターで、交流に変換して使用すると事で、理解して
よろしいのでしょうか?

二問目の質問です。
パワーコンディショナー内には、接続箱側から入って来る入力端子の他
に、、分電盤に出力される出力端子が存在すると思います。
その他に、蓄電池のユニットに出力される端子も設けられていると言う
事でよろしいでしょうか?

投稿日時 - 2015-07-09 19:57:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

採算ラインが4kWくらいからという意味ではないでしょうか。
私の場合、5年前に設置した4.1kWですが今までの実績から計算すると、あと3年で元が取れる見込みです。(売電単価は48円/kWhです。)

投稿日時 - 2015-07-09 21:55:02

補足

TXV12003さん、回答有難うございます。
>採算ラインが4kWくらいからという意味ではないでしょうか。
そう言う意味合いでもお聞きしました。
jhayashiさんが言っておられるように、4kWと決まった数値
ではないとの事でした。販売店の裁量で、3kWになる事もある
ようですね。


TXV12003さんに、お聞きしたいのですが、
5年前に設置した4.1kWで始められたとの事ですが、
10kW未満ですから、自己消費型で売電も行っておられると
察します。
私は、まだ売電まで、進んでいないので、使用される機器の機能、
性能についても、詳しい情報を得ていないのが現状です。
TXV12003さんの売電システムの以下の様な接続になっていると
思います。

パネル-接続箱-パワーコンディショナー-分電盤-売電メーター-
送電線の順で機器等が接続されていると思います。
自己消費分は、パワーコンディショナー内に設置されている
「蓄電池ユニット」から「蓄電池」に行き、そこから、交流に
変換するインバーターの機器につながっていて、家電製品の電源
として使用するようなシステムになっているのでしょうか?
私が行っているDIY型の発電システムと同じととらえて良いので
しょうか?
言い換えてお聞きします。
コンディショナーの「蓄電池ユニット」では、直流のまま、
バッテリー(蓄電池)に行っているとの理解で良いでしょうか?

投稿日時 - 2015-07-10 06:32:22

あなたにオススメの質問