こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

輪廻転生

こんにちは。

人は死んだら終わりですか?

生まれ変わりは、ありますか?

どなたかご意見ください、
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2015-07-05 19:14:55

QNo.9006703

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>人は死んだら終わりですか?
>生まれ変わりは、ありますか?

今生きている人で、これを証明できる人は、他の回答者の方含めて誰もいないでしょう。
もちろん、私も“証明できる”わけではありません。(※この質問、証明できてしまったら、大変なことになるのですよ。)

では、どうしたらよいのでしょうか??

これはもはや、「何かを信じ込み」そして「自分自身で納得する(思い込む)」しかないでしょう。

世の中には、様々な宗教・思想があって(思想のベースとして宗教がある場合もあるのですが、、、)人間の『生死』に触れているものも少なくはないと思います。一番良いのは、そうした経典や文献をあさり、自分で考えたり悩んだりして納得するものを見つけ出したり、思い込んだりするのが良いと思います。

私は、創価学会の信徒として日蓮大聖人の仏教思想を奉じていますが、日蓮大聖人の御書や釈尊の説かれた『法華経』等では、輪廻や生死感等も記述されています。

しかしながら、一口に仏教と言っても生死感は様々で、宗派によっては大きく違います。また、人は死を迎えて人間に生まれてくることが出来るかと言えば、果てしなく可能性の少ない事であると言われています。併せて人間は皆、『業』というものを宿して生まれてきます。良いものを“善業”、悪いものを“悪業”等と言います。そして、この衆生生命の中にある宿業により、現在の環境が展開されているのだと言われています。これを“色心不二”とも“依正不二”とも言います。
この宿業は、衆生生命にハードディスクのように記憶され、生死生死を繰り返すと言われています。

さて、「人は死ねば終わり」などとよく言われますが、この宿業がある限り死んで終わりなどは来ないのです。例えば、よく自殺などで自らの命を絶つ人がおりますが、この宿業論から言えば、たとえ明日人間として生まれ変わっても、昨日までの苦悩はそのまま残って、同じ環境として生まれてくるのです。

浄土宗の説くように、死んでから西方極楽浄土なんて絶対に行けることはないのです。要するに、『南無阿弥陀仏』と唱えて往生するという事は、全衆生に対する詐欺であり、浄土宗・浄土真宗、その他念仏をもうす僧侶は古今東西詐欺師なのです。

それでは、人間は生きている間にどうすれば良いのでしょうか??

逆に、何をしてはいけないのでしょうか??

最大の業罪は『法華誹謗』だと言われています。法華経や法華経を信奉する人を謗ることだとされています。

最大の功績は『法華弘法』だと言われています。これは、現在の末法で言えば、『南無妙法蓮華経』を人々に広めていくことなのです。

要するに、今生きている現在の行いが、来世の姿をも決めてしまうのです。ですから、重要なのは『今(現世)』なのです。

どうぞ、あなた自身が色々と研鑽されて、納得いく答えを見つけてください。

投稿日時 - 2015-07-06 18:42:00

お礼

やはり、思い込むしかないのですね。。

生まれかわりがあれば よいな、と思っていました。

参考になりました


ありがとうございます

投稿日時 - 2015-07-07 00:03:48

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

沙門遍照金剛こと弘法大師空海の曰くには

生まれ生まれて 生の始めに暗く
死に死に死んで 死の終わりに冥(闇)し

とありますから 輪廻転生 に関しては ある事 前提みたいですよ。

脳なしタチコマちゃん達は赤ん坊が前世の記憶なく生まれて来るのは、まるでパソコンが初期化して次のユーザーに受け継がれる事みたいと短絡的に考えちゃいますが。何だか分からないこの世に疎い(暗い無知)から 知識や経験を受け継ぎ そこから何度も繰り返しよーく考えるのだが、タイムリミット死という肉体の劣化に伴い 消えてしまう こりゃぁー初期化なのか?
分からん?解らん?判らん?を言葉で例えるならば闇とか冥を クラし と読ませておるのか沙門遍照金剛よ
お前さま
も実はわからない風流なんじゃろかいのぉー
と、僕は決め顔でそう言った。いや、そう言いたいのだ。
シャモンヘンジョウコンゴウさんよ。

以上、本日休日にて西尾維新 忍野忍 風な妄想にて考えてみました。午後はアニメ 偽物語 でも観て過ごそう。

投稿日時 - 2015-07-08 13:26:56

ANo.9

お礼をいただいた中に、気になる点がありましたので、重ねて回答いたします。

>やはり、思い込むしかないのですね。。

■表現が難しいのですが、、、、
思い込む⇒信じる⇒確信する
このような状態でも、人それぞれで強弱はあるでしょう。
ただ単に、思い込んだり信じたりするのと、生涯を通じて様々な物、書物や人物に触れ研鑽し、自分自身が納得できるものであれば、確信に至ることができるかもしれないということです。

■先の回答にも述べましたが、今生きている人々の中で、人の生死の問題を証明できる人は存在しないと思います。存在していたとしても、極々僅かでしょう。また、生死の問題は、人間が生まれてから死ぬまでの間、追及に値する問題だと思います。ですから仏は、まず最初にこの問題を解決しようとして仏教を説いています。釈尊自体が、身をもって成道から涅槃に至るまで経を説いています。


>生まれかわりがあれば よいな、と思っていました。

■生まれ変わりは“ある”、“ない”この結論は学術的証明は未だに無いと思います。
『何を信じるか』によるのではないかと思います。
先にも述べましたが、仏教の中では生まれかわる可能性を記述した文言は多くあります。しかし、人間に生まれたとしても(人間として生きている現在もそうですが、、、)それは非常に確率の低い、また、貴重な事なのです。まして、同じ人間として同じように地球に生まれられることもです。宇宙は広大過ぎて人の知る範囲は極僅かです。その中に、地球と同じような、もしくは類似した、あるいは全く形態が違っていても、生物が存在しうる星があるかもしれません。そうしたところに生まれてくる可能性もあります。しかし、大事なのはどんな環境であれ今持っている宿業がそのまま引き継がれていくという事なのです。死んだから悩みや苦しみが解決するわけではないのです。また別の世界で、同じことが継続されるのです。

■色々と学ぶべきことは多いと思いますが、質問者様自らが研鑽され、納得のいく答えを得れればと思います。また、明日はこうしたいと願うように『来世このように生まれ変わりたい』と祈り、行動する(研鑽を含めて)(現世を生き抜く)事が大事だと思います。

南無妙法蓮華経、
南無妙法蓮華経、
南無妙法蓮華経。

投稿日時 - 2015-07-07 09:43:08

お礼

大変ためになるお話ありがとうございます。


自ら研鑽し納得のいく答えを得られるよう

生きていこうと思います!!

投稿日時 - 2015-07-09 22:46:41

ANo.8

物理法則は時間独立であると言われる。
過去の自分を「現在の連続」として捉えるのは、
他人の状況を自分の痛みとして捉える精神病と
同じだ。
原理的に、宇宙の膨張はプランク定数hの縮小
と等価であり、それぞれの時点は異なるhによっ
て成立している、本質的に別ワールドだ。

「無=不確定性無限」の潜在としての認識可能性
の時系列化(hの変化の軸化)が自我仮説(記憶
=過去=時間軸)の本質であり、相補分化する空間
仮説(予測=未来=空間軸)における「認識可能性」
の射影=他人の存在(空間的広がりにおける認識
可能性)は、過去の自己と等価であり、自己存在
のための必要としての環境性への道標である。

投稿日時 - 2015-07-06 19:31:17

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2015-07-07 00:05:42

ANo.6

ひょっとして質問者さんは同意するぼたんとありがとうボタンを押してはいませんか。

投稿日時 - 2015-07-06 14:20:26

お礼

こんばんは。

うーん、全く覚えがございません。。

どうしたことでしょう?!!

ありがとう ございます。

投稿日時 - 2015-07-06 23:55:06

ANo.5

過去に生きていた人も今生きている人もまた将来生きることになる人もすべて自分の生き返った姿ではないでしょうか。人だけでなく動物や植物のすべて自分の生き返りの姿だし、自分だってそういうものの一つでは。

投稿日時 - 2015-07-06 04:08:04

お礼

そのような考え方もあるのですね。
参考になります
ありがとうございます

投稿日時 - 2015-07-06 23:50:41

ANo.4

死んだら終わりならこれほど楽な事はないと思います。
多くの人が(気付いているかはともかく)不安や苦しみを抱えている状態で
もし、死んだら終わり、という世界の原則があったとしたら、
非常にありがたい事だと思います。

残念ながら、生まれ変わりはあると私は思います。

投稿日時 - 2015-07-06 01:16:07

お礼

なるほどです
ありがとうございます

投稿日時 - 2015-07-06 23:48:36

>人は死んだら終わりですか?

はい。貴女が居なかった世界に戻ります。

>生まれ変わりは、ありますか?

生まれ変わりの代わりに子供を産み育てることが出来ます。

投稿日時 - 2015-07-05 23:19:51

お礼

ありがとう ごさいます

投稿日時 - 2015-07-07 00:04:32

ANo.2

死とは、偽りの世界をげだつして、真実へと至る事だ。
死が始まりなのだ。
それが涅槃に永遠に生きると言う事で、生きながらに死を理解することが悟りだ。
君達はそんなブッダの教えとは別の執着を抜けきれないから輪廻にすがる。
釈迦という仏陀はそんな愚かな君達を憐れむ慈悲により、君達に輪廻を約束した。
それは君達が真理に至る事は無いと言う残酷な宣告なのだ。
輪廻は釈迦の神通力だ。
神の自然状態では起きない異常な現象だ。
したがって輪廻を望むのなら、釈迦を王とする王国を目指せ。
釈迦が、君の成仏を阻んでくれる。

投稿日時 - 2015-07-05 22:49:54

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-07-06 01:02:04

信じている宗教によります。

現代科学では、生まれ変わりは証明されたものではないので否定的です。
キリスト教、イスラム教には基本的に生まれ変わりはありません。
仏教などでは生まれ変わりを考えます。
日本神道は生まれ変わりをせずに祖霊として子孫を見守るとします。

何を信じるかは質問者さんの趣味で決めれば良いかと。

投稿日時 - 2015-07-05 19:34:20

お礼

信じる宗教による
ということですね。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-07-06 00:59:29

あなたにオススメの質問