こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

マルセル・プルースト「失われた時を求めて」について

集英社
光文社
岩波書店

現在3つが新品で入手できますが、どの翻訳がいいでしょうか?
光文社がたぶん読みやすいだろうと思うのですが、読みやすければいいというものでもないので
迷っています。集英社の一巻のみ読了しています。中古価格も安いのでそれで全巻集めようと思っていたのですが、知らない間に岩波から新しく出ていて迷っています。

※なお、原文は読めません。。

投稿日時 - 2015-06-23 16:04:12

QNo.8999506

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こと翻訳に関しては、正解はなく、あるのは好みだけ。
特にプルーストクラスになると、研究も進んでおり、単純な誤訳はそんなにはない。
解釈が割れるところはあったとしても。

翻訳者はみなプルーストにつきあってウン十年の専門家、ここで回答している人の一万倍はこの本に詳しい。
さらに、フランス語力についても、ここで回答している人の一万倍はあります。

翻訳者それぞれにこの本には一家言ありますから、それぞれに味があります。
後は読む人がどう感じるかだけです。

ま、あえて言うなら、個人的には岩波ですが。

投稿日時 - 2015-07-08 17:07:06

お礼

説得力のある回答で、学ばさせていただきました。
原文が読めないので、それぞれの訳者さんの意を汲んで読んでいこうと思います。
どれを読んでも正解だと確信致しました。

投稿日時 - 2015-07-09 01:14:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問