こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

LAN内で通信状態が悪い状況をシミュレーション

クライアントサーバーシステムのテストで、通信状態の乱高下が激しい状況を想定した通信動作テストを行いたいと思っています。このような通信状況をLAN内で構築できるようなものがありましたらご教示頂きますよう、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2015-06-15 13:32:47

QNo.8994710

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

お金が掛かってもいいのなら
http://www.lineeye.co.jp/html/product_LE-580FX.html
のような装置を使って、大量にパケットを出して輻輳状態を作るって感じでしょうか。

お金掛けたくないのなら、UDPでパケットを投げ続けるプログラムを書いて輻輳状態を作るって方法もありますね。

投稿日時 - 2015-06-15 13:46:57

お礼

回答頂きありがとうございます。自分もTCP関連のプログラミングなどを勉強したいと思っているので、ちょっとしたテストのための治具プログラムを作成して環境構築とかとても有効に感じます。

投稿日時 - 2015-06-16 15:21:36

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

出来るだけ低速のHUBを2台調達してきて、下記の様に接続し、HUB-Aに繋がれたPCからHUB-Bに繋がれたPCへ大きなファイルをコピーしたり止めたりする事でネットワーク負荷をコントロールするのはどうでしょう?
もしリピータハブが手に入ればHUBは1台構成でも良いです。


テスト対象サーバ


[HUB-A]--PC_A, PC_B ・・・


[HUB-B]--PC_X, PC_Y ・・・


クライアント


もっと乱暴な方法でよいなら、通信経路上のLANケーブルを抜き差しするとか。

投稿日時 - 2015-06-16 01:46:54

お礼

回答頂きありがとうございます。
現在、通信速度が極端に悪い回線で端末の動作のエラー現象を再現する方法を探していたので、とても参考になりました。

投稿日時 - 2015-06-16 15:42:22

ANo.4

すげープリミティブな方法なんですが・・・。

ルータをアルミのお鍋で隠すと、結構電波状況が悪くなるはずです。
これをかぶせたり外したりすれば結構いけるのではないかと。

投稿日時 - 2015-06-15 14:07:10

お礼

回答頂きありがとうございます。今手元にアルミのお鍋とかはなかったのですが、鉄製のゴミ箱があったので、無線LANルーターにかぶせてみてBNRスピードテストサイトで計測してみたところ、通常時は約30Mbpsで、遮蔽時は21Mbpsでした。確かに違いはあることを確認しました。助かります。

投稿日時 - 2015-06-16 15:18:31

ANo.2

ポートを10Mbpsに固定してみては?

投稿日時 - 2015-06-15 13:44:10

お礼

回答頂きありがとうございます。スイッチングHUBで特定のポート通信を500kbpsまで低下させることができるインテリジェントHUBというのもありますね。手元にあるそれでそのようなことがシミュレートできるか確認してみます。

投稿日時 - 2015-06-16 15:44:22

ANo.1

電子レンジを作動させてみてはいかがでしょう。

投稿日時 - 2015-06-15 13:35:05

お礼

回答頂きありがとうございます。確か無線LANと電子レンジが2.4GHz帯だからですよね?  聞いたことがあります。実際に通信スピードが影響を受けるか自分でやってみたことがないので試してみたいと思います。

投稿日時 - 2015-06-16 14:57:36

あなたにオススメの質問