こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

, making

お世話になります。
以下についてお教えいただけないでしょうか。

Incomes have not increased as much as prices, making it very difficult for the average family.

(1)makingは分詞構文であっていますでしょうか。

(2)略を戻すと
, as incomes are making it very difficult for the average family.
であっていますでしょうか。

(3) making it very difficult はV+O+Cであっていますでしょうか。

いつも類似の質問で恐縮でございますが、ご指導頂ければありがたいです。

投稿日時 - 2015-06-08 22:58:07

QNo.8990678

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

(1) 分詞構文です。
(2) まず、分詞構文は略じゃないです。
そして、いつも申しあげているように、分詞構文の ing は進行形とは限りません。
だから、S make/makes/made ~と考えてください。
接続詞を補うとしたら and でしょう。
(3) SVOC ですが、この流れとしては後に to 原形が続くように思います。
すなわち、it は形式目的語で (for ~) to 原形が真の目的語。
very difficult はもちろん、C です。

分詞構文の詳しい内容はこちらを。
https://okwave.jp/qa/q8689999.html

投稿日時 - 2015-06-08 23:17:28

お礼

ありがとうございました。
これまでの文法学習上、どうしても 接続詞+S+be が省略されているように思ってしまいます。改めます。
何分超高齢者で頭が悪いもので申し訳ございません。
また、以前と同じ質問をしてしまいお恥ずかしい限りです。

投稿日時 - 2015-06-08 23:48:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

あと、通常の分詞構文であれば make の主語は主たる主語 incomes ということにはなりますが、
ここでは実際には前の文全体、
Incomes have not increased as much as prices
「物価ほど、収入が上がっていない」という内容の方がふさわしいです。

だから、実際には、厳密には分詞構文を使うのはよくなく、

, which makes it ~

のように、前の内容を表わす関係代名詞 , which にするのがふさわしいです。

これまでもこのパターンはしばしば質問されていますが、
こういう , which とすべきところを、(結果と多くの人が錯覚するような)分詞構文で書くことが多くなっています。

それはネイティブの、しかも論文レベルでも見られることです。

私個人としてはこういう分詞構文は好みませんが、実際にはよく使われていますので、
そういうものだと割り切るしかないのかもしれません。

投稿日時 - 2015-06-08 23:21:58

お礼

よい学習ができました。
, ~ingは、分詞構文か前の文章すべてを物語るwhichになるということを理解しました。
今後ともよろしくお願いいたします。
お礼まで

投稿日時 - 2015-06-08 23:51:22